人気ブログランキング |

一碗水

冬の名残と春の走りとがシンクロする
3月初め、「一碗水」さんの夜。
Sちゃん、おおきに☆


*新筍 四万十川の海苔 揚げ
b0118001_0174288.jpg
筍の澄んだ風味に、
海苔の清々しい香りが纏わりつく。


*空豆 布豆腐 ナズナ
b0118001_0175569.jpg
空豆が薫り、ツルリと舌触りのよい布豆腐。
ナズナが密やかに主張し、
上湯のような深い旨みがじんわりと。


*黒酢 酢豚
b0118001_018957.jpg
南さんの、この潔い酢豚の、大ファンである私。
漆黒のなかに潜む、ミルキーな肉質に嗚呼、陶酔。


*春キャベツ 山椒 唐辛子
b0118001_0182262.jpg
ギュッと身詰まりのよい春キャベツに、
山椒のヒリリとした香りと軽快な辛味。
この組合せ、ありそで今まで出会わなかった、発見。



*鶏ササミで作ったおぼろ豆腐のスープ
b0118001_0183614.jpg
見た目は豆腐だが、
そこはかとなく押し寄せる旨みと、
ややザラッとした質感が、鶏ササミだわ。
聞けば、ササミと卵白をすり潰して、裏ごししているそうで、
豆腐らしいものは一切入っていないらしい。
なぜに固まる?それは、卵白が貢献している、らしいです。



*春餅(チュンピン)
b0118001_0184976.jpg
中国の立春に食する春餅。
なんと「春巻き」の、原型?オリジナルらしい。


b0118001_018569.jpg
クレープのような生地に包む具は、
蕗の薹の味噌、山独活、黄ニラ、葉ニンニク、紅芯大根など。
春の苦みや、クセの強い食材をカラダに取り入れ、厄払いをする。
そんな風習ありきの素晴らしい食文化。



*活ミル貝とレタスの海老味噌ソース
b0118001_0191048.jpg
ミル貝の、じわり押し寄せる甘みはもちろん、
レタスや香菜が、すばらしい存在感を放つ。
ソースの深みは言うまでもない。



*赤牛もも肉 四川式炒め
b0118001_0192333.jpg
これはどうにもこうにもご飯が欲しくなる辛味。
もも肉は、噛むほどに、旨みをいい具合にまき散らす。



*豚バラ肉とクサヤの土鍋ご飯
b0118001_0193858.jpg


b0118001_0195397.jpg


b0118001_020470.jpg
この組合せ、かなりのご飯泥棒です。
あの、あのクサヤは、いい具合に匂いのカドが取れ、
むしろ、そそられる発酵臭。
香ばしくてキレのある醤油ベースのタレをかけて味わえば、
豚バラの身は味わい深く、脂がジュワッと押し寄せ、
おかわり必至な旨さ。


*大人のフルーチェ
b0118001_0202215.jpg
「大人のフルーチェです」と、茶目っ気たっぷりの南さん(笑)
ハイ・・ホントにフルーチェだ。しかも、すこぶる上等な・・・。


何度おじゃましても、初めて出会うお料理がほとんどだし、
またそこに、新たなる発見多々。
そんな、相変わらずの南さん節に酔いしれた夜となりました。
ご馳走様でした!


「一碗水」
大阪府大阪市中央区安土町1-4-5
06-6263-5190



The Troggs - Wild Thing

by writer-kaorin | 2013-03-20 00:23 | 一碗水 | Comments(0)  

<< le 14e (ル キャトーズ... トラットリア パッパ >>