TOWER KNIVES OSAKA @新世界

週末、フラリと新世界へ。
串揚げとか飲みが目当て、ではなく(笑)
我が家で使っている庖丁のメンテナンスのために
庖丁専門店「TOWER KNIVES OSAKA」さんへ。


b0118001_2153849.jpg
ウチで愛用している庖丁、
ペティから牛刀まで、9本あるのですが
すべて、こちらで購入。メンテナンスまでお世話になってるんです。
自分ん家で、研ぎもやっときたいとこなのだが
餅屋は餅屋ということで(笑)。


店主はデンマーク人の、Bjom Heiberg(ビヨン・ハイバーグ)さん。
b0118001_215533.jpg
ビヨンのプロフィールはちょっとユニーク。
今年、来日21年目だそうですが、
そのきっかけが、「子連れ狼」らしい。
剣の達人を主人公にしていたその漫画を読んで、
日本を見たいと思ったらしく、大学3年のときに来日。
その後、大阪の伝統工芸品でもある堺の庖丁に惚れ込み、
堺の庖丁メーカーに就職。
その切れ味を伝えるべく、2011年に自店を開いたという方なのです。


b0118001_216588.jpg
日本語を完璧に話せるビヨンは、
庖丁の専門用語も分かりやすく教えてくれ、
「庖丁ができるまで」の解説なんて、めっちゃくちゃ分かりやすい。
以前、堺の庖丁をテーマにしたイベントのお仕事があった時は、
レクチャーを受けに、何度かおじゃましたな。


b0118001_2162734.jpg



b0118001_2164868.jpg
現在、堺産と関産の6ブランドをはじめ、
土佐の黒打ちや、武生産・越前刃物も。
その数、150本はあるんじゃないかな。

b0118001_2183189.jpg
なかには、堺の伝統工芸士・山本英明さんの「英」の庖丁も多数。
この日は勝手に、軽く取材っぽかった(笑)。


b0118001_2171913.jpg
ビヨンのオススメは「三昧」。切れ味の素晴らしさは言うまでもなく、
え(ハンドル)は独特のねじれた形状になっていて
すべりにくく、凄く握りやすかった。

もちろん、プロ向けの庖丁や和包丁も多数あるので、
お客さんには料理人の方も多いという。


b0118001_2184659.jpg
ビヨンは実演もしてくれ、実際に庖丁を使わせてくれる。
切れる庖丁と、切れない庖丁とでは
ニンジンの断面の質感が全く違う!時間が経つとその差異は顕著にあらわれ、
切れ味ってホントに重要なんだと痛感。


b0118001_2184798.jpg
この日は研ぎ師のゲンさんもお見えでした。


b0118001_218475.jpg
お客さんから預かった庖丁を研いでおられた。
もちろん我が家の庖丁も研いで頂く。

庖丁職人が一本一本に込めた魂を、いかに伝えるか?
そのアツい想いを感じさせてくれるビヨン。
ホント、頼りになる。
b0118001_2192167.jpg
いつもありがとうございます!
写真は、ビヨン&息子さんのファビアン君 ☆



b0118001_21102335.jpg
行かれる際は、一本お電話を入れたほうがいいかもです☆

「TOWER KNIVES OSAKA」
大阪市浪速区恵美須東1-4-1
☎06-4395-5218
open : 10:00〜18:00
close: 日曜、祝日(予約の場合、開店可能)
http://www.towerknives.com/


Alice Cooper - No More Mr Nice Guy

by writer-kaorin | 2013-05-26 21:10 | TOWER KNIVES OSAKA | Comments(0)  

<< 土佐堀オリーブ 島之内 フジマル醸造所 >>