人気ブログランキング |

小料理こもり @餡子×料理!?

数ヶ月、温めていた企画をこの夜、決行することとなった。
題して、「姫を想う 餡子会」。

そもそもの主旨は、ボルドー在住の「姫」に、
新地の飲み仲間達が集っている画像を送りつけようという企みだ。
《姫のサイトhttp://blog.livedoor.jp/hime_flower/
遠く離れたボルドーで、随分、北新地のことを恋しがってんやろなぁ〜。
こっちも、姫が新地にいなくて寂しいわっ!
そんなキモチを送りつけるワケ。

メンバーは、ロックな小川センセ、本物ロックなYちゃん、
アスリート栗ちゃんセンセ、そして私。

じつは、この会にはもうひとつ、目的があった。
「餡子と料理の組み合せの妙を料理人さんに創造頂きたい」。
そう話すメンバーのひとり、餡子ダイスキYちゃんの発案を、
では、「小料理こもり」さんで開催!となったワケ。

なので、これから紹介するお料理は、通常メニュ−ではありませんので
くれぐれもご了承のほどを(--)
店主・小森明さんのクリエイション魂が凄すぎ!かつ、
どのお料理もワインに寄り添う、驚きのおいしさ、だったのです。


「おまかせコースのなかの1品だけ、餡子を使ったお料理を」と
相談させて頂いていたのですが・・・
なんと、餡子料理フルコース(!)を
小森さんは考えてくださった。小森さん、さすガッス!!



*源助大根とこし餡のタルト
b0118001_2339620.jpg
加賀野菜のひとつ「源助大根」は、
まるでリンゴのタルトのような風貌!
ざくっと歯を入れると、
砂糖とともに煮詰めた大根からは、香ばしさや旨みが溢れ出し、
底に薄く敷いた、こし餡のやさしい甘みが見事に調和。
アンリ・ジローが寄り添います。


b0118001_23392154.jpg
フロム「ル・シュクレ・クール」。
シュクレのパンを新地で頂ける、このシアワセよ。


次の一品は

*加賀蓮根とこし餡のフライ
b0118001_23393594.jpg
テイクアウトのコロッケのように(笑)
紙袋に入れた熱々のフライをざくっ、ハフッと頬張る。
すると、蓮根のもっちり、シャキシャキ感とともに、
こし餡の甘みが、まったりと口のなかに広がる。
ふた口目は、ブルーチーズをのせて。これは禁断の味わいでした。



*煮穴子(伝助穴子)の赤ワイン煮 こし餡サンド
b0118001_2340712.jpg
煮穴子と餡子のマリーアジュは、
まるで寿司屋の、穴子と煮詰めを彷彿とさせる
おいしさとクオリティ!
両脇に鎮座する牛蒡や蕪、じゅわりと広がる素材感がいい。


そして・・・

*フォアグラのポワレ 粒餡のせ
b0118001_23404069.jpg
こちらも驚愕の旨さ。
フォアグラの妖艶な油脂分に、粒餡の素朴な甘み。
そこにジャガイモのピュレのまったりと響くコク。
油脂分と甘み、旨みが重なり合うと、こうもヤミツキの味になるのか。


b0118001_23402341.jpg



炒め物は

*豚ロース餡子巻き餃子
b0118001_2341122.jpg
バルサミココースを使った甘酸っぱいソースが、
豚肉の旨みや餡子の甘みと共鳴し合うのです。


最後に

*真鴨ロティのおしるこ
b0118001_23412659.jpg
なんと、鴨に餡子とは!
鴨の血の風味と、おしるこのあっさり感。これは意外なおいしさ。
隠し味という、エスプレッソの香りや、オレンジの柑橘感が
すばらしいアクセントとなってた。


「えぇ〜っ、料理に餡子!?」というような固定観念を
ことごとく覆された、想像を遥かに超えるお料理の数々。
おいしさはもちろん、ブルゴーニュワインとの妙味も素晴らしいものでした。
小森さんの創造力とセンスに脱帽です。


その後、「姫」にFBでいやがらせ画像を送りつけ、
あれよあれよという間に姫のウォールは大盛り上がり&炎上となり(笑)。

新地はしご酒へと。
北新地・長屋通りにあったFujiさんが「ふじたりあん」と名を変え
移転オープンしたお店へおじゃまし。
3軒目は「竹中酒飯店」さんで、いつものロック談義〜♬


濃くて楽しい、北新地ナイトとなりました。
「姫を想う 餡子会」の皆さんお疲れさまでした!姫、次回もお楽しみに!
そして小森さん、本当にありがとうございました(^^)


「ブルゴーニュワイン専門 小料理 こもり」
大阪市北区曽根崎新地1-3-36 竹新ビル3F
☎06-6341-7775
open : 12:00〜13:30(売り切れ次第終了)、18:00〜翌2:00入店
close: 土・日曜、祝日の昼、不定休


Donovan - Mellow Yellow

by writer-kaorin | 2013-11-26 23:52 | こもり【閉店】 | Comments(0)  

<< 美味旬菜 みずどり @心斎橋 鋤田正義写真展 SOUND&V... >>