チチェルキア @冬味

「オステリア ラ・チチェルキア」さんで、
検査合格祝いの夜(笑)
たぶん一年はネタになるであろうエピソードとともに
まずは泡で乾杯☆
b0118001_2333638.jpg



*三度豆のミント風
b0118001_23331978.jpg
ミントの程よい香り、ぴたっと決まった塩、
柔らかな豆の食感がタイプです。



*バッカラのアンコーナ風
b0118001_23333233.jpg
びしっと塩気を感じさせるバッカラ(タラ)。
アンチョビのコクがありつつ、
程よく煮込んだジャガイモやトマトの甘味、旨味がじんわりと。


b0118001_23334636.jpg
ノヴェッロ解禁後。
モンテプルチャーノ&サンジョベーゼ。バランスいい。



*チチェルキアと野菜のミネストローネ
b0118001_2334238.jpg
チチェルキア(マルケ特産の豆)と、各野菜の甘みが凝縮。
優しさがありつつ、シンプルの極みというか、忘れられないインパクト。
毎日でも食べたくなる滋味豊かなミネストローネです。


b0118001_23335046.jpg
ヴェルディッキオ カステッリ ディ イエージ
ボンチ サン ミケーレ
ヴェルディッキオ100%。



*パッサテッリ キノコとサルシッチャのクリームソース
b0118001_23344100.jpg
パッサテッリとは、細挽きにしたパン粉と
パルミジャーノ・レッジャーノなどを捏ねた、
世にも珍しいマルケのショートパスタ。

そのパッサテッリが、冬の装いと味わいに。
サルシッチャの旨味、キノコの風味を、クリームソースが繋ぎ、
夏とは表情が異なる、ぐんと深みのある味わいに。



*マッケロンチーニ・カンポフィローネ 鴨モモ肉のラグー
b0118001_23351189.jpg
全卵とセモリナ粉からなる、極細パスタ。
タヤリンとは、質感が微妙に異なる。
そこに鴨のラグー。う〜ん、飲ませるパスタだ。


ってことで、
Artu Fattoria San Lorenzo
b0118001_23352645.jpg
エチケットのワンちゃん、今なお健在(笑)
店主のむらじーこと連さんが繋がりの深い
生産者のワイン fromマルケ。
骨太なボディ、重厚な渋みと酸。グラスを持つ手、止まらん。


b0118001_23351952.jpg
ってことで、ワインのお供は、
カルチョーネ、イチジクのサラミ。
むらじー手作りのこの2品に、惚れてるワタシ(笑)



マルケの冬を脳裏に浮かび上がらせながら(って行ったことないけど)
質朴なお料理たちを、この日もじっくり楽しませていただきました。
むらじー、いつもおおきに!


「オステリア ラ・チチェルキア」
大阪市西区京町堀2-3-4 Sun-Yamamoto Bld.303
06-6441-0731
open : 18:00〜翌0:00LO(日曜14:00〜23:00LO)
close: 火曜、月曜不定休あり


BOSTON More Than A Feeling 2008 LiVE

by writer-kaorin | 2013-12-11 23:35 | ラ・チチェルキア | Comments(0)  

<< 洋食Katsui チャイニーズビストロ 明翔 >>