人気ブログランキング |

「藤乃」で河内鴨の鍋。

ここ最近、ずーっと「藤乃」さんモード。
お酒にピタリと寄り添うアテも食べたいし、
お鍋もハズせないし、蕎麦は言うまでもない〜ってな感じで。

b0118001_22164787.jpg
ハートランドで喉を潤しつつ


b0118001_22171048.jpg
蕎麦チップスを、ちびちび、カリカリと。



*河内鴨の自家製生ハム with 干し柿・クリームチーズ
b0118001_22172489.jpg
河内鴨のロースをつかった生ハムは、
口中ですーっと上品な脂が溶けゆき、深い旨味が立ち上がる。

そして干し柿・クリームチーズの存在感も偉大!
質朴な甘味に、クリチの爽やかさがすこぶる合う。



*ぱりぱりのじゃことごぼうのサラダ
b0118001_22183916.jpg
ゴマ油&ポン酢からなるドレッシングを絡ませて。
ジャコとゴボウの、カリカリッと軽やかな食感が楽しく、
しかも飲ませる。そんな魅惑のサラダ。



*蕎麦の刺身
b0118001_22181171.jpg
本日のおすすめのなかの1品。
ムチモチッとした弾力と、程よいコシとが見事に融合。
そして余韻にふうわり、蕎麦の香りが広がる。



*粟田巻き
b0118001_22183480.jpg
蕎麦、玉子、しいたけ、キュウリを香ばしい海苔で巻いてる。
蕎麦つゆを付けていただきます。
ふわっと口のなかでほどける感じがすごく好き。
酢を打ってないので、蕎麦本来の香りもしっかり。
粟田巻きとは、「藤乃」さんのスタッフ・粟田さん作という意味(笑)


そして、待ってましたのお鍋です♬


*河内鴨の鍋
b0118001_22185238.jpg


b0118001_2219616.jpg
まず、おだしの、奥行きのあるうま味が堪りません。
そして河内鴨、相変わらずホントに旨い。
脂の甘味と、赤身の味わい深さにつき、無言で喰らう(笑)
ネギ・セリ・ゴボウも、わしわし食べてしまうおいしさ。


b0118001_22452488.jpg



b0118001_22192533.jpg
私は7〜8秒、軽めにしゃぶしゃぶするのが好み。


b0118001_22195956.jpg
持ち上げてもらったり(笑)
河内鴨の脂のうま味や野菜の甘味が滲み出た、
おだしだけでお酒が飲めるほど。そしてまた、河内鴨を頬張り…♡


b0118001_2220942.jpg
〆は鴨せいろ。蕎麦は清々しい香り、そしてほのかな甘さが。
細く、かつ喉越しの良い感覚に、思わずおかわりしたくなった。
鴨の脂が滲み出た&醤油を加えただしの深みと、相性抜群でした。


あ〜。次回は(たぶん近々)、河内鴨のみぞれ鍋、頂きたいです☆
ご馳走様でした!


「蕎麦 料理 お酒 藤乃」
大阪市福島区福島3-9-10
06-6456-2400
open : 11:30〜14:30、17:30〜21:30LO
close: 日曜、祝日
http://www.fuji-no.jp/


Mr. Tambourine Man (Live at the Newport Folk Festival. 1964)

by writer-kaorin | 2014-01-23 22:23 | 藤乃/Foujita/FUJINO | Comments(0)  

<< マツケン食堂 Bottega DAI 〜ボッ... >>