人気ブログランキング |

もめん

4月初旬におじゃました、東心斎橋「もめん」さん。


*えんどう豆の豆腐  生雲丹  花山葵
b0118001_1947868.jpg
豆、そして花山葵の香りがふうわりと漂う。
まったりとした雲丹の甘みが主張。



*アスパラガスのおかき揚げ
b0118001_19482232.jpg
サクッ、カリッ、ホクッ。
咀嚼するごとに、アスパラガスの甘いジュが迸る。
おかきの程よい塩気がいいわぁ。



*鯵握り
b0118001_19483534.jpg
お酒を飲まれない方には、シャリとネタのサイズを変えるなど、
さりげない木綿さんの心遣い。もちろん私は「飲」もしっかりですが(笑)


椀物は

*筍しんじょう  よもぎ餅  ふき
b0118001_19484896.jpg
だしの馥郁たる香りに、春の香りの三重奏。
沁み入りました・・・。



*鯛  ミル貝
b0118001_1949123.jpg


b0118001_19491318.jpg
ビジュアルはdancyuの広告っぽくなったけど(笑)
春鹿 木桶仕込み 純米吟醸生原酒(奈良・今西清兵衛商店)とともに。
好みのシャープさ。柔らかな酸がここちよく、じんわりと奥深い旨みが広がる。
鯛の噛みしめるほどに広がる甘み、ミル貝のピュアな甘みと、素晴らしくマッチ。
嗚呼、グラスを持つ手が止まらない・・・。



*ホタルイカとトリ貝のぬた
b0118001_19484175.jpg
あまりにもツボすぎて、瞬時に喰らう。



*牛の木の芽鍋
b0118001_19485453.jpg
さっとだしにくぐらせた肉をハフハフと頬張る
澄んだだしには、牛肉の旨みが浸透。
木の芽の香りが鼻腔をくすぐり、蕨のねばりが舌を喜ばせる。

旨すぎて翌日、我が家のディナーでトライしてみたが、
こうはいかなんだ(笑)


b0118001_194975.jpg


b0118001_19491724.jpg
鰆の味噌漬けとともに、ツヤ甘ご飯を。



b0118001_19494319.jpg
水菓子はマンゴー。夏とはまた違う、香りと甘みが新鮮。


b0118001_19495652.jpg
桜色した、目にも麗しいお酒は
春鹿 奈良の八重桜 クリスタルチェリー。
奈良の八重桜から、清酒酵母を分離して醸造しているんだそう。
心地よい甘みと酸味が広がる〜。


潔い引き算がなされた、心に響くお料理の数々を
今回も愉しませて頂きました。
食後は、おやっさんと、皆さんと、ツッコミし合いの笑えるトーク。
D大学の先輩後輩が3名いたり、洋楽話に流れたり、と
まぁ盛り上がったことは言うまでもない。
ご馳走様でした☆


「もめん」
大阪市中央区心斎橋筋2-1-3


昨夜の余韻、引きずりまくり(笑)
Cause We've Ended as Lovers - Jeff Beck

by writer-kaorin | 2014-04-17 19:50 | もめん | Comments(0)  

<< baR pappA @Deep... チャイナカウンターTAKE >>