人気ブログランキング |

BUN da BUN!!

脳内が・・・
路地に横丁、
そしてディープイタリアン化してマス。
今週はオモロすぎる怒濤。詳しくは来月と再来月!


さて、この夜は
出水シェフのタヤリンが無性に食べたくなり
土佐堀「BUN da BUN!!」さんへ。
ラストオーダーが、0:30ということもあり
遅い時間に気兼ねなく、おいしいお料理にありつけるのが嬉しい。
b0118001_22112837.jpg
泡をかけつけ2杯。



*イタリア産チェリートマトのオイル漬け
b0118001_22113935.jpg
小粒で旨み凝縮。



*スモークした鴨とビーツのサラダ
b0118001_22115319.jpg
鴨の程よい燻香と、土の味がするビーツ。
めっちゃ好きなもの同士の組合せに顔が綻びる。



*タヤリン あんず茸とパンチェッタのソース
b0118001_2212766.jpg
ファッファとでも言うのか、舌の上で軽やかに踊るような質感。
パンチェッタの旨みとキノコの香りが口中を占拠し
タヤリンにはソースの旨みがいい具合に馴染みつつ、食後感は軽やか。


「骨付き仔牛ロース、何でもできますよ」
「う〜ん、ほなカツレツで」
ってことで


*骨付き仔牛ロースのカツレツ
b0118001_22122018.jpg
デ・デ・デカイ!


b0118001_22123419.jpg
隣にiPhoneでも置いて撮影すればよかった(笑)
ゆうに小顔サイズ。
香ばしく焼き上げられ、仕上げに焦がしバターをジュッとかけたカツレツは
美しき黄金色。
ナイフをすっと入れると、ピンクの肌が顔を覗かせ、
肌理が細かい身の、初々しい肉の甘みが。
ひつこさ皆無だから、おそらく私は2/3と骨まわりをガッツリ頂いた。



カウンターの隣には、偶然にもパセミヤの店主・よっちゃんや、
これまた不意打ち遭遇、ル・シュクレ・クールの岩永シェフのお姿も(笑)
満月の夜だからなのか、めっちゃ濃い〜カウンター(笑)

嗚呼、空腹のままこの日記を書いていたら
今すぐにでもあのカツレツを味わいにおじゃましたくなる。
b0118001_22125893.jpg
出水シェフ、村上くん、ガーコ。
ご馳走様でした!


「BUN da BUN!!」〜ブンダブン〜
大阪市西区土佐堀1-1-32
☎06-6447-9750
open : 17:00〜翌0:30LO
close: 不定休
https://www.facebook.com/pages/BUN-da-BUN/501735073280701


Huey Lewis And The News - Do You Believe In Love

by writer-kaorin | 2014-09-18 22:14 | BUN da BUN!! | Comments(0)  

<< スタンドシャン食 @ギョウザと... 番屋 燁 >>