人気ブログランキング |

溢彩流香、12月。

久しぶりにリンさんのお店「溢彩流香(イーサイリューシャン)」さんへ。
この日は「炒麺処 可門」の清水泰三さんによる貸切りの会。
銀閣寺の草喰の大将からボスまで。毎度な皆さんによる楽しい夜。


*聖護院かぶらとパクチー
b0118001_23103656.jpg
すし酢と塩で漬けたというかぶらは、瑞々しくって清々しい甘み。
パクチーの香り、仄かなごま油の風味により、お酒が進む!



*百合根と鶏
b0118001_23105286.jpg
百合根ホクホク、鶏は噛むほどに感じる旨み。
インドネシアのバンウコンが放つ、ショウガに近い香りがいぃわ〜。



*水餃子
b0118001_2311569.jpg
Pu-sanに、壁紙の役割してもらった(笑) 
そう、これこれ!でも進化してる。
セロリのジュースで練った生地、
そのなかには、手切りの牛ミンチとセロリ。
ジュワリ肉汁、セロリのシャキシャキ食感楽しい。
何十個と食べられそう。



*鱈と衣笠茸、桃の樹液のジュレのスープ
b0118001_2312136.jpg
牛からとったダシは、静かに訴えかけるDNAに響く深い味。
オレンジっぽい素材が桃の樹液のジュレ。プルンと食感楽しい。



*水晶餃子
b0118001_23121530.jpg
透き通った皮を齧れば、プリッとしたエビの食感、
ジューシーな豚の旨み、中国慈姑のシャキシャキ感、
白菜の甘み…と、様々な食感や味わいが押し寄せる。



*真珠丸子(餅米シューマイ)
b0118001_23122911.jpg
湯気がぶわっと。
中国慈姑の食感に続き、
もっちり、深い甘みの餅米のいい香り。



b0118001_231341.jpg
2皿目の「水晶餃子」が!
無言でかぶりつく。リンさんの餃子ラヴァーは誰もが
満腹中枢おかしくなる(笑)それくらい、おいしい。



*ねじりん餃子
b0118001_23133118.jpg
中には炒めたトマトと卵。

b0118001_23134289.jpg
「餃子の生地の縁をねじっているから、ねじりん餃子」と
以前、取材させて頂いた際にリンさん。
卵がふわっと、そしてトマトの旨いジュが溢れ出た。



*スルメイカと白菜、ほうれん草、春雨の炒め物
b0118001_23143039.jpg



b0118001_23144292.jpg
スルメイカがめちゃくちゃいい仕事してるんです。
その旨みを纏った春雨が、旨いのなんのって。



*海老芋の親芋と、牛肉の黒酢酢豚風
b0118001_23145088.jpg
先のスープは、この牛肉を炊いた際に出たダシが要でした。
(バンウコンと八角を用い、1時間30分炊いたとか)
肉は程よく柔らかい。そこに黒酢の濃厚な旨み、まぁるい酸味も。
親芋はねっとり、どこまでもホクホク。


「皆さん、まだ食べられるー?」
「もちろん!」と
この日は通常メニュ−の1.6倍?だったそうな(笑)



*サワラの たくあんと柳松茸のソース
b0118001_2316525.jpg
リンさん手製の、干したたくあんのシャキッとした食感、ナチュラルな甘みが
いい仕事してますー。サワラは肉厚でむっちり。
柳松茸も名脇役だ。



*炒飯
b0118001_23154327.jpg
こちらには、リンさん手製の干し豚が。
干し豚が放つ、五香粉の香りと醤油の程よい風味のおかげで
これまた、箸を持つ手が止まらない・・・。




*ピーナッツと胡麻、柚子ピールとココナッツの団子
b0118001_23155854.jpg
中を見せたいところだが、気付いたときには胃の中に。
黒糖のまったりとした甘みと各素材の食感や香りを感じ、
柚香の余韻がふわ〜と優しく広がった。


以上、めくるめくリンさんワールドを、心ゆくまで堪能させて頂きました☆
b0118001_23171027.jpg
リンさんと、本日の助っ人・清水泰三さんの奥様・美華さん。
お疲れさまでした&ありがとうございました!リンさん、美華さん(^^)
何が凄いって、今までおじゃましたなかで
一度として同じ組み合わせのお料理を頂いたことがない。
そして私の心に響く、リンさんの餃子。
家が近所だったら、週1、2ペースで通ってる(笑)
でも、これから予約となると、2015年の月中旬以降、だそうです。
リンさん凄い。マイペースで、ぼちぼち頑張ってくださいね。
これからも応援しています☆



「溢彩流香」〜イーサイリューシャン〜
高槻市富田丘町6-14ーC
080-4017-6682 
※予約受付時間10:00~12:00 or 21:00~23:00※
open : 18:00~21:00(予約制)
close: 日、月曜
http://blogs.yahoo.co.jp/gzlohas


Nick Lowe - Cruel to be Kind (Acoustic)

by writer-kaorin | 2014-12-18 23:19 | 溢彩流香 | Comments(0)  

<< ラ ピニャータ @Rough ... À volonté 〜アヴォロンテ〜 >>