人気ブログランキング |

なかひがし、12月。

週末のおいしい時間を
「草喰なかひがし」さんにて。
b0118001_2474735.jpg
さざんかの花に見立てて、銀杏・栗きんとん・慈姑煎餅。
さやごと乾煎りにした黒豆、
昆布に巻かれているのは荒巻鮭と辛味大根。
鹿のスモークには林檎を挟んで。
柚子釜のなかには金時人参、赤蕪。
味女泥鰌(アジメドジョウ)に、
氷餅で和えたブロッコリーとカリフラワー。
この時季ならではのストーリーを、大将から聞きつつ
じっくりと味わいます。



*鶉、むかご、野三つ葉
b0118001_248260.jpg
お凌ぎ。甘い香りを放つ餅米に
漬け焼きにしてから叩いた鶉が合わさり、
野三ッ葉が放つ力強い香り、むかごの素朴な食感が、余韻に広がる。


b0118001_2485883.jpg
にえばなをすぐに頂きます。
すーっと透き通った甘み。



*白味噌 栃餅 日野菜 天然なめたけ
b0118001_2491746.jpg
まったりと広がる白味噌の深いコクに、
揚げた栃餅の芳しさとほろ苦さが重なり合う。
栃餅を食べると、故郷を思い出すなぁ。
そして日野菜のシャキシャキとした食感と瑞々しさが
異なる表情を与える。



*鰆のみかん漬け 朴葉焼き
b0118001_2493317.jpg



b0118001_2494787.jpg
鰆はほんのりとみかんの爽やかさを纏う。これは旨い。
みかんのジャムを付けて味わうと、その和の香りと苦みにより、
日本海側の山里の風景が脳裏をよぎるなぁ。



*鯉
b0118001_250341.jpg
京都市北部が初冠雪の時期だったので、雪に見立てた辛味大根おろしが。
雪をかき分けると、野蒜、自然薯、山葵菜、水菜やビーツが。
それらを躊躇うことなくかき混ぜて味わいます。
キレイな風味の鯉に、大根の辛味、自然薯の強い粘りほか
様々な味わいや食感が絡み、飽きさせない。



*煮物椀
b0118001_2512226.jpg
澄んだうま味を感じさせる吸い地。
目にも鮮やかな坂本菊と水菜をかき分けると
刻んだ蕪、若狭グジ、焼き原木椎茸が。
グジはムチッと肉厚。その脂がじわりと溶け出てなお旨し。



*鯖なれずし、ナイアガラ
b0118001_2513728.jpg
クリスマスにちなみ大根をリースに見立てて、と大将。素敵な発想!
これまた懐かしの鯖なれずし。グッとくる酸味と塩味のバランスよく、
ナイアガラとの相性、やっぱりいいわぁ。



*炊き合わせ
b0118001_251528.jpg
大将曰く「ベジタブルBOXです」と。確かに!(笑)
聖護院大根、金時人参、堀川牛蒡、菊菜、
蒸し焼きにして揚げた小芋、柚子味噌に紅葉麩。
冬の大地の味わいを、じっくりと愉しむ。



*もろこ
b0118001_2521077.jpg
琵琶湖の冬の風物詩。といっても稀少なもろこ。
子持ちで大きい。野蒜酢をつけて味わいます。
カラスミや赤大根のおかげで、飲むピッチが早まる。



*鶏すき
b0118001_252268.jpg
「なかひがし」さんが大原の自社養鶏場で
手塩にかけて育てておられる鶏を頂きます。
ムネ肉ほか様々な部位と、生コンニャク、どっさりのネギ。
歯ごたえあるムネ肉は淡泊な中にしっかりとした味を感じ、
ネギはぬめりが強く、香り高い。
そして卵も自社養鶏場より。濃い味わいで、上等な調味料のよう。

b0118001_2514065.jpg
おくどさんで炊いたご飯を入れてもらい、
余すところなく味わう。


b0118001_2515621.jpg
おひたしで、清々しいダシのうま味を感じ


b0118001_252138.jpg
メインディッシュは、めざしとご飯。


そこに
b0118001_2523024.jpg
赤蕪と白蕪のあちゃら漬け、
お漬物

b0118001_2524579.jpg
紫人参の色がいい具合に付いた「パープルおから」も。
大豆や牛蒡、こんにゃくも入り、
素朴ながら、じんわりと響くおいしさ。



*デザート
b0118001_2533188.jpg
テーマは、トナカイと、サンタの雪車!
洋梨、干し柿、ニンジンの葉のシャーベット、野苺。
なんと、カカオの香り広がる、トナカイの角まで。
そりに乗ったサンタ。味わいもさることながらその発想、さすがっす!


b0118001_2535122.jpg


b0118001_2545334.jpg
いつも見事なパフォーマンスをみせてくださる、
「ちょっとコーヒー」で、〆となりました。
b0118001_2545740.jpg



大将が大原を駆け巡り集める
この時季ならではの山野草や、味の濃い野菜、
さらには手塩にかけて育てた鶏・・と、
おいしさはもちろんのこと、馳走の心を
有りがたく感じさせて頂いた夜でした。



「草喰 なかひがし」
京都市左京区浄土寺石橋町32-3
075-752-3500
月曜休


Peter Bjorn and John - young folks (live)

by writer-kaorin | 2014-12-31 03:03 | なかひがし | Comments(2)  

Commented by at 2015-01-02 19:24 x
行った時期がかぶっていたので
またまた虎の巻にしてしもた。w
今度、一緒にいきましょう。はぁと
Commented by writer-kaorin at 2015-01-04 10:04
姫〜☆
虎の巻、アナタなら大歓迎やでー!
今年こそは一緒に行きたい!!!

<< Rocking New Yea... 韓菜酒家 ほうば、12月。 >>