人気ブログランキング |

深夜の裏駒会

大阪・天五。
行列が絶えない寿司屋「春駒」で
深夜に開かれる「裏駒の会」。

常連さんのために、なんと2年に1度、
店主・服部さんがその技を披露する。

だから、懐にやさしい、いつもの春駒スタイルではない。
一夜限りの、深夜の春駒ゆえに、その名も「裏駒」。(笑)
誘って頂き、私も参戦。



*大間のマグロ 赤身
b0118001_350659.jpg
ツマミはなし。のっけから握りという潔さ。
大間のマグロ。赤身は鉄っぽさを感じず、なめらかな質感。後味清々しい。



*鯵
b0118001_3502082.jpg
おおぶり。締まりもよく、ブリッと弾力あり。


*煮蛤
b0118001_3503729.jpg
深い旨みを蓄えている。温めのシャリもえぇ具合。


*アコウ
b0118001_3505215.jpg
塩と酢橘で。舌の上で跳ねるような身質。
噛むほどに身の甘みを感じる。


*平目
b0118001_3501793.jpg
ねっとりと身の甘みを感じ、
やらこい甘みと酸味を感じるシャリと合う。


*剣先烏賊
b0118001_3503074.jpg
こちらは甘みが舌にまとわりつく。


*鮟鱇の肝
b0118001_3504737.jpg
分厚く切られた肝、大胆にも生で。
塩と酢橘がかけられている。
肝臭さは全くなく、澄んだ風味だけが余韻に。


b0118001_3512125.jpg
店主の服部さん。砲丸投げの元・国体選手だ。
その逞しい手で、心を込めて寿司を握る。
そうそう裏駒のシャリの量は、従来とは違って少なめだから
酒飲みの私には嬉しい(笑)



さて。
この日のために服部さんが仕入れた大間のマグロの


*大トロ
b0118001_3512915.jpg
肌理が細かく、透き通った脂の甘みがじわ〜りと。


b0118001_351478.jpg
こちらは程よく噛みごたえがある部分。
だから咀嚼するほどに脂の旨みを感じる。
嗚呼、トロに埋もれたい・・・。


*車海老
b0118001_352242.jpg
濃厚な甘みを感じる。
パリリと香ばく焼きあげた頭は、海老味噌付きで頂いた。


*煮鮑
b0118001_3521770.jpg
プリンッと弾け、どこまでも広がりゆく海味。
この後、ズワイガニの握り(撮影し忘れ)が続き、


*子持ち昆布
b0118001_3523399.jpg
子、持ちすぎ(笑)。分厚い。


*北海道 苫小牧の雲丹
b0118001_3524814.jpg
雲丹、モリモリ!
盛りすぎて・・・、その重みで海苔が(笑)
すーっと甘みが続き、口中で跳ねつつ消えた。
これは夢か幻か。


*煮穴子
b0118001_3535716.jpg
煮詰めが絡む穴子は、シャリとともにホロリ崩れゆく。


*河豚
b0118001_3541295.jpg
こちらはブリブリッと弾力ある食感。
その後、すこぶる脂のりがいいおおぶりのイワシの握りを頂き。
私は満腹につきストップ!

メンバーの皆さんは、うなぎ、赤貝、トリ貝、大間のマグロおかわり、
雲丹の手巻き・・・と、美味しいもん好きの健啖家ばかり。


b0118001_354837.jpg
ダシのうま味と甘みのバランスがいい玉子。
春駒さんのこの玉子、じつは好物。
その後、エラい上等なメロンを頂き、〆となりました。


2年に1度の「裏駒の会」。大いに堪能。
服部さん、皆さん
ありがとうございました☆
※通常メニューではないのでご了承ください※


「春駒」
大阪市北区天神橋5-6-8
06-6351-9103
open : 11:00~22:00
close: 火曜


Joy To The World (1975) - Three Dog Nightprd

by writer-kaorin | 2015-01-02 03:57 | 春駒 | Comments(2)  

Commented by eiko at 2015-01-05 00:27 x
Happy New Year & Happy Birthday to You.
毎回、訪れられるお店の大将が創り出す究極の料理と、それらを口にして、味を伝える魔法の文章、ただただ私の舌がじわじわと唾液が滲み出るのを感じながら、写真を見て悔しがってるだけ~。
Commented by writer-kaorin at 2015-01-06 09:29
eikoさん☆
Happy New Year!
いつもすみませーん!(^o^;)
しかしアルバータ州はマイナス30℃!極寒で
アイスホッケーTV観戦くらいしか楽しみがない!(笑)
今年も宜しくお願いいたします(^^)

<< たこりき @セコガニ喰い。 Rocking New Yea... >>