人気ブログランキング |

堂島 鮨 清水

年末恒例の、堂島「鮨 清水」さん。


*海老芋
b0118001_14124353.jpg
付き出しは炊いた海老芋。
サクッ、ホクッと食感楽しく
ダシのうま味と、ほんのり柚子の香りが広がる。


b0118001_14125474.jpg
ビールは小にして即、
清水さんお勧めの冷酒を。


*河豚湯引き
b0118001_14134741.jpg
もっちりとした食感。ちり酢で後味爽やか。


*鯛
b0118001_1414348.jpg
噛むほどにまったりとした甘みを感じる。


*氷見の鰤
b0118001_14134490.jpg
天然の鰤。透き通ったピンク色が美しい。
上品な脂がすーっと溶けゆく。


*子持ち昆布
b0118001_141440100.jpg
プチプチッと心地よい食感に続き、
ダシのやさしいうま味がじんわりと。


*もろこ
b0118001_14142888.jpg
もろこが、口のなかで跳ねて、呼吸しているかのよう。
なめらかで、ふわっふぁ〜。じつに繊細な身質だ。


*マスカルポーネの茶碗蒸し 黒トリュフ
b0118001_14142730.jpg
フルフルやわらかな生地から、
マスカルポーネのやらこい風味を感じつつ
同時にトリュフ香が押し寄せる。が、
ダシのうま味の余韻により、着地点は和なのだ。


そろそろ、握りへと。


*かわはぎ
b0118001_14151167.jpg
肝のコクが、ねっとりとした身に絡む。


*平目
b0118001_14152230.jpg
温いシャリにより、平目の甘みを心地よく感じる。


*トロ
b0118001_14154440.jpg
ねっとり舌に絡み、脂が口中に広がりつつ
シャリとともにホロリ解けてゆくー。香りもいいわぁ。


*こはだ
b0118001_14153627.jpg
〆加減しっかり。咀嚼するほどに身の甘みが顔を覗かせる。


*鯵
b0118001_14162223.jpg
こちらはブリッと弾力を感じつつ、程よい脂ののり。


*しらさ海老
b0118001_14172886.jpg
上品でピュアな甘みがすーっと続く。


*あおりいか
b0118001_14174591.jpg
こちらはねっとりと深い甘み。
後味に生姜の爽やかさが広がります。


*ヅケ
b0118001_1418313.jpg
軽めのヅケ。優しい旨みとともに
いい香りが鼻孔をくすぐる。


*雲丹
b0118001_14181133.jpg
清々しい甘みと、海味が迸る。


*鯖寿司
b0118001_14183716.jpg
肉厚だ。柔らかな酸味とともに
鯖の脂の旨みがぶわっと。


*玉子
b0118001_14185473.jpg
ふわっふわ。


*穴子
b0118001_1419241.jpg
笹の葉で蒸し焼きにした穴子。タレと塩、どちらかを選ぶのだが
いつも、同行者とハーフ&ハーフにしてもらう。
すごく繊細な身質だから、シャリとともに瞬時に解けゆく。


ここからは、追加で。


*トロ
b0118001_14201240.jpg
なんぼでも食べられそう(笑)
口中の温度ですーっと溶ける。


*トロタク
b0118001_14204424.jpg
トロと沢庵。脂しっかりなトロに
沢庵の爽やかな旨み。
いつもネギトロだったが、これからはトロタクやなぁ、となる。


*かんぴょう巻き
b0118001_14202721.jpg
いつものこちらで〆となりました。


端正な握りはもちろん、
洋素材を駆使した大胆なひと皿もあり、
居心地よいカウンターでの、寛ぎ&おいしい時間でした☆


「堂島 鮨 清水」
大阪市北区堂島3-2-7 サンライズビル3F
☎06-6450-0666
open : 17:00〜24:00LO(土曜〜22:00LO)
close: 日曜、祝日


Journey - Don't Stop Believin' (Live in Japan)

by writer-kaorin | 2015-01-10 14:21 | 堂島 鮨 清水 | Comments(0)  

<< すえひろ @酒と肴とおでんと チチェルキア、冬。 >>