もめん 、1月。

1月末の「もめん」さんで開かれた
コットン倶楽部に私も参加。
Tさん、いつもありがとうございます!

もめんのおやっさんのトークに始終、笑いの絶えない夜♪


まずは、Belle Epoqueで乾杯。

*松葉ガニ
b0118001_23463659.jpg
鶴向附。蟹の香りと深い甘みが、じんわり広がる。
ほの甘い加減酢のジュレで後味爽やか。



*河豚白子の茶碗蒸し
b0118001_23465185.jpg
澄みきったダシのうま味を感じる
フルフル、滑らかな生地。


b0118001_2347415.jpg
その中には、頬ずりしたくなるほど
プルンっと、ツルスベ肌の白子が。
まったりと口中に絡むそのコクが、茶碗蒸しの生地と見事に融合。


b0118001_23471843.jpg
宝船のお椀には

*鯛、丸餅、蕪、金時人参、柚子
b0118001_23473118.jpg
馥郁たるおダシの香りに、うっとりと目を細めてしまう。
鯛から滲み出る脂の甘みにより、吸い地の味わいは徐々に表情を変え、
丸餅の甘みは深く、香り高い。


*伊勢海老
b0118001_23474644.jpg
プリップリの身はピュアな甘みを放つ。
味噌の部分は程よく蒸されていて、生とは異なる味の凝縮感がいい。
足の先など、食べにくいところは
もめんのおやっさんからの指導付き(笑)


b0118001_2348013.jpg
小山シェフの広島土産を。
この日本酒は、米の香りをしっかり感じつつ、
後味がすっきり、ミネラル感強い白ワインを飲んでいるみたいな感覚。
おいしかったなぁ。
その他、泡→ロゼ→白・・・と、美酒をようけ頂いた。


*ふろふき大根
b0118001_23502754.jpg
もめんさんの真骨頂。
ダシのうま味が染んだ、大根の存在感たるや。
シンプルな凄みを感じる。
玉味噌の優しいコクとともに、カラダの隅々に染み渡る。


焼き物は

*河豚
b0118001_23504283.jpg
醤油ベースのタレに漬け、焼き上げた河豚は
むっちり、噛むほどに旨さが広がる。


*蒸し寿司
b0118001_2351129.jpg
金糸卵がふうわりとのった、蒸し寿司。
刻み鰻がたっぷりと入り、
ほの温かい温度帯と、やらこい酢加減に、
杯も進むというワケで・・・(汗)

この後、水物を頂き、締めとなりました。

この場の盛り上がりを写真でみせたいところなのだが、、、
秘密(笑)
コットン倶楽部の皆さま、ありがとうございました♪


「もめん」
大阪市中央区心斎橋筋2-1-3


John Mellencamp - Jack & Diane

by writer-kaorin | 2015-02-05 06:58 | もめん | Comments(0)  

<< 魏飯夷堂 北新地 京 静華 >>