人気ブログランキング |

丸元 @すっぽん

ミナミで仕事を終え、
千日前にあるスッポン専門店「丸元」へ。
めっちゃ久しぶりです。
b0118001_7555383.jpg
付き出しは、白和え。
細かく刻んだ焼豆腐入り。味濃い。
with瓶ビール。

写真はすべてiPhone6で撮影。


*お造り盛り合せ
b0118001_7561147.jpg
平目、ハマチ、中トロ。
「玉子もお願い」ってことで、そこに玉子も。
たちまち日本酒の口に。
そして、キュウリの細工はなんと、すっぽん(笑)


この後、
いつもの、すっぽん鍋コース5000円を。

*すっぽんの生き血の赤ワイン割り。
b0118001_7563034.jpg
捌いたばかり。すっぽんの血は、クセがなく
甘めの赤ワインにより、するする飲める。



*スッポンの肝とハツ・苦玉・卵
b0118001_756487.jpg
焼き海苔の上に肝やハツなどをのせ、塩をかけてパクリッと。
苦玉の強烈な苦み、カラダが浄化される気分(笑)


b0118001_7572838.jpg
お酒は温めの燗がいぃ〜♬


*すっぽんの皮の湯引き
b0118001_7574818.jpg
チリ酢でさっぱり。
ぬる燗、グビリ。



*すっぽん鍋
b0118001_758569.jpg
すっぽん鍋、といっても
カウンターに座ると、目の前に鍋は出ない。
厨房で仕込んだものをお椀に盛っての提供となる。
鍋に気を使わなくていいから案外ラクだ。
「今日は2杯くらいかな」、「私は3杯くらい」と
スタッフに、あらかじめ食べれそうな量を伝えておく。


すっぽんの深い旨み、
クタクタの白菜の甘み、それらが滲み出たダシ、
五臓六腑に染み渡るわ。


b0118001_7582274.jpg
骨をしゃぶり、ホロリ崩れた肉を味わいつつ
プルンプルンのゼラチン質も頬張る。
ダシを吸うた小さな餅も、旨いんだ。


b0118001_7583777.jpg
二杯目。
いぃ具合に煮込まれ、
さらに深い旨みが舌を喜ばせる。


〆は雑炊。
b0118001_7595100.jpg
どこまでもクリーミー。
無言でひたすら食べる(笑)そして時々、日本酒。

水物は、ミカンとリンゴ。


昭和の名残が漂う店内。
レジを仕切るお母さんは相も変わらずお元気。
板場には、年季が入った料理人さんだけやなく若い弟子の姿も。
なんだか嬉しくなった。
そしてカラダはぽっかぽか。活力を蓄えました☆



「丸元」
大阪市中央区千日前1-9-9
06-6211-2298
open : 16:30~23:00
close: 日曜



Bon Jovi - Wanted Dead Or Alive

by writer-kaorin | 2015-03-09 07:59 | 丸元 | Comments(0)  

<< 炉ばた恂さい 土佐堀オリーブ @和とワインと。 >>