タンポポ

無性にソース系を欲し、仕事帰りの
堂島「タンポポ」さん。
b0118001_1248793.jpg
フランチャコルタで喉を潤す。
かけつけ2杯。


*付き出し
b0118001_12482196.jpg
「射手矢農園」のキャベツのスープ。
隠し味にリンゴ。やさしい甘みとほのかな酸味。
桜海老とパルミジャーノのカリカリ、いいアテやわ。


*ふきのとうと明石ダコのさつまあげ
b0118001_12493887.jpg
生地はフルフル、じんわり甘みが広がるとともに
ふきのとうのほろ苦さ、
そして明石ダコのプリンッと心地よい食感。
これは旨いわ。聞けば、鱧をすり身にするところから自家製。
「さつまあげ」という名だが、揚げてはおらず、鉄板でじわり火入れするそう。
旬素材を使った、季節のさつま揚げ、オンリストしてほしい(笑)


*ピリカラこんにゃく焼き
b0118001_1249521.jpg
いつも頼んでしまう。コンニャクの芯の芯まで染んだダシのうま味、
ピリ辛感、クセになるおいしさ。


*特選牛ステーキ
b0118001_1250533.jpg
部位も産地も聞き忘れ。脂はサラリとしていて
噛みしめるほどに肉の赤身の旨味。
なにげに、下に敷かれたモヤシが太くて甘くて旨い。


*Chianti Classico 2012 Buondonno
b0118001_12501663.jpg
果実味豊か。エレガントで、繊細なタンニンの存在しっかり。


*豚玉
b0118001_12502933.jpg
厚みのある生地は、いつもながらファッファ。
赤ワインを加えたソースの凝縮感ある旨味、酸味のおかげで
ワインを飲むピッチが加速する。

b0118001_12504374.jpg
鮮烈な辛み、いい香りの和ガラシをちょんとつけて。
豚玉はいきなり、スキッとした表情をみせる。


*特製 細めん焼きそば
b0118001_12505842.jpg
自家製ポン酢や、ソースをブレントした、さっぱりとしたタレが絡む。
その麺は、細いのにコシしっかり、噛めば噛むほど粉の香りを感じ、
所々、カリリと香ばしいところもあって、飽きさせない。
嗚呼、海苔の香りもえぇわぁ。ショウガ甘酢漬けとの相性もナイス。


*タンポポ風オムそば
b0118001_12511226.jpg


b0118001_12512318.jpg
細めん焼きそばは、さっぱり、うまい。のに対し、
こちらはソースの旨味をとことん楽しむ感じ。でも、ひつこさや濃さはなく、
トゥルン、ジュルッと、麺とソースの絡みをとことん楽しんだ。


いつもオーダーするメニューが一緒だけど
最近は「食べたことないメニュー、注文しよ」が多い。
何を頂いても、発見性あるおいしさと、安定感あるおいしさが共存するから
いつもワインが止まらない(笑)


「タンポポ」
大阪市北区堂島2-1-36 クニタビルB1
06-6344-2888
open : 11:30〜14:30LO、18:00〜23:30LO(土曜は18:00〜22:0LO)
close: 日曜、祝日
http://dolcezza-tanpopo.com/index.html


MOTT THE HOOPLE - All The Young Dudes

by writer-kaorin | 2015-04-04 12:52 | タンポポ | Comments(0)  

<< 「和さ美」で魚三昧。 洋酒スナック「ニューエデン」 >>