オステリア ラ・チチェルキア

花金(古っ;)二回転目におじゃました
「オステリア ラ・チチェルキア」
b0118001_2283191.jpg
泡で喉を潤す。
「まいど〜!久しぶりやね〜!」な面々と不意打ち遭遇♪
カウンターからテーブル席へと移動してもらって
彼らは飲み直し?2食目のディナー?
連シェフが作る料理、いくらでも食べたくなる気持ち分かる(笑)


*肉詰めオリーブのフリット
b0118001_2284573.jpg
肉汁ジュワリ。オリーブの塩梅ほどよく
二度漬けした衣のカリリと小気味良い食感が堪んない。


*スペルト小麦のサラダ
b0118001_2285970.jpg
古代からヨーロッパで受け継がれてきた穀物「スペルト小麦」。
パンではそのおいしさを噛みしめたことがあったが
サラダでは初めて。プツッとした食感楽しく、
ナッツのようないい風味で、とにかく味わい深い。
まぁるい酸味のドレッシングのおかげで、泡が進みすぎる。


*牛ミートボールのトマトソース
b0118001_2291136.jpg
肉感しっかり。噛むと溢れ出る肉汁の旨みと、
やさしいけれどコク深きトマトソースが融合。


*Mognon Contadino Rosso DOC Esino Rosso
b0118001_2292571.jpg
ここらでマルケの赤を。
ジューシーかつ、キレイな酸味。


b0118001_2293814.jpg
ここで、すごく楽しみにしてたマルケのパンが登場!
「パーネ・マルキジャーノ」。
連シェフと、チチェルキアのご近所パン屋さん「ルルット」さんのコラボ作。
外はカリッと心地よい香ばしさ、中はふんわりしっとり
粉の香りもいい。そして塩分控えめなので、滋味豊かなソースとの相性もすごくいい。



*カペレッティ 生ハムとグリーンピースの生クリームソース
b0118001_2295435.jpg
むっりちとした生地に、ソースの深いコクが絡む。
せやけど重たさは皆無。
グリーンピースの春らしい青い香りがふわっと漂う。


同行者は「ロングパスタでも食べてみたい」ってことで
b0118001_22101280.jpg
手打ちタリアテッレ バージョンも☆ムラジーgrazie!
こちらは、程よくモチッ、そしてツルッとした麺の食感楽しく
カペレッティで食べるよりかは、なんとも優しい甘みが印象的だった。
パーネ・マルキジャーノがあるから、ソースとともに。
で、お皿はキレイ〜に。


K次郎さん、R兄やん、Yさん、そして連シェフ
ありがとうございましたー!!!


「オステリア ラ・チチェルキア」
大阪市西区京町堀2-3-4 Sun-Yamamoto Bld.303
06-6441-0731
open : 18:00〜翌0:00LO(日曜14:00〜23:00LO)
close: 火曜、月1不定休あり


ポール・マッカートニー大阪公演@京セラドーム
b0118001_22104057.jpg


b0118001_22105569.jpg
40曲、ノンストップな、息つく暇なしの約3時間♬
サイコウでした!!!


Paul McCartney - Band on the Run

by writer-kaorin | 2015-04-22 08:07 | ラ・チチェルキア | Comments(0)  

<< 蕎麦・炭火焼 山獲 TRATTORIA Pappa >>