人気ブログランキング |

蕎麦・炭火焼 山獲

三田遠征。「蕎麦・炭火焼 山獲」で
「パティシエ エス コヤマ」小山シェフと、
「Ryoriya Stephan Pantel」のステファン シェフとのランチミーティング。
オモロいコラボの会が開かれます、詳細は近々☆


*雉肉
b0118001_826598.jpg
見た目は、透き通ったピンク色した鶏ササミ。
ねっとりと、口に絡みつく身は
なんせ甘い!そして味が濃い、濃すぎる。



*猪のアバラ肉
b0118001_8262831.jpg



b0118001_8264164.jpg
猪のヘレ肉とともに。
火入れは、焼き奉行・小山シェフにお任せで(笑)
ヘレ肉は、噛みしめるほどに清々しい風味が広がる。
そしてアバラ肉は、何てキレイな脂なんだろ。透き通った甘みで
脂っこさを全く感じない。


b0118001_8271284.jpg
雉のモモ肉も炭火焼に。
むっちり、張りのある肉質。噛むほどに溢れ出る旨み、野性味。


お次は・・・
b0118001_8272725.jpg


b0118001_827396.jpg
猪肉もお野菜たちも、見るからに
おいしそうな顔してる!


*ぼたん酒しゃぶ
b0118001_828831.jpg
味の要は、日本酒をたっぷり用いた鍋ダシ。
和ダシと日本酒を沸騰させ、食材を投入。
猪と野菜から出る旨みが滲み出ると、えも言われぬ深い味わいに。


b0118001_828307.jpg
猪ロースは、ほの甘く、気品に満ちた滋味が滲み出る。
嗚呼、箸が止まりません。


b0118001_8284558.jpg
〆には、ジビエハンターであり蕎麦打ち職人のご主人が打つ、
粗挽きの十割蕎麦を。
超満腹だったけれど、別腹作動(笑)
まずはそのままで。お次は、硫黄の匂いがする塩をちょんっとつけて。
3口目は、つゆとともに。
歯ごたえしっかりで、いい香り。ジビエに負けじと、その存在感を放つ。


b0118001_829171.jpg
窓の外には、田園広がり山々連なる、三田の春景色。
おいしすぎるミーティングも内容の濃いものとなり、
野山の春の香りに癒された、昼下がりでした。


そうそう!昨日、4月23日発売の
「あまから手帖5月号」
b0118001_8292591.jpg
第1特集「Aランチで行こう!」に、山獲が掲載されてる!!!
あー、Dさんの文章を拝読してたら、間髪あけずして、また行きたなった。
「あまから手帖」最新号、ぜひ一家に一冊♬ http://www.amakaratecho.jp/


「蕎麦・炭火焼 山獲」
兵庫県三田市下槻瀬50−1
☎090-3286-0511
open : 11:30〜14:30LO、17:00〜21:00
close: 木曜
※夜は前日までに予約が必要(蕎麦のみは不可)。昼も予約がオススメ。



Genesis Live at the Lyceum 1980 - Squonk

by writer-kaorin | 2015-04-25 08:33 | 十割そば処 山獲 | Comments(2)  

Commented at 2015-10-16 18:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by writer-kaorin at 2015-10-22 11:52
鍵コメ様☆
メッセージありがとうございます。
夜の予算は1万円をみて頂ければ
炭焼き、お鍋、お蕎麦と、あれこれ十二分に
お愉しみ頂けると思います。

なお、10名なら、タクシーがいいかもですね。
新三田の駅から、山獲までは¥3000前後です。
マイクロバスよりはお手軽かもしれません。

こんな情報でお役に立てますでしょうか?
もし不明点などありましたらいつでもメッセージください(^^)

<< ,Virgola 〜ヴィルゴラ〜 オステリア ラ・チチェルキア >>