オステリア・オ・ジラソーレ @南イタリアの風

芦屋のナポリ「オステリア・オ・ジラソーレ」。
b0118001_91210.jpg


b0118001_912052.jpg
私が大大大好きな街・ナポリへやってきた気分で
この夜は、ドクターはじめ洋楽ロックなメンツの4人会。


*DUBL FALANGHINA METODO CLASSICO
b0118001_913658.jpg
カンパーニャのスプマンテで乾杯♪
ファランギーナ100%。肌理の細かい泡、しっかりとしたコクを感じる。


お料理は、杉原シェフ渾身のおまかせコース。
ジラソーレのスペシャリテを盛り込んだ全8品。


*付き出し
b0118001_915731.jpg
カンパーニャの固焼きパン・タラーリと、生ハム。
このタラーリ、現地のバールのアペリティーヴォでよく食べたなぁ。
かたいビスケットのような食感だから、あればあるだけ
食べてしまいそうになる(笑)


*明石タコのマリネ
b0118001_921025.jpg
タコはかた過ぎず、やわらか過ぎず、独特の食感。
しかも香りも味も濃いわ。
オリーブ油の上質な香りが鼻腔をくすぐる。


b0118001_922788.jpg
自家製のパーネ。しっとりもっちり、粉の香りがふうわりと。


*ヤイトカツオのカルパッチョ
 お米のサラダとビーツのピュレ
b0118001_924070.jpg
ヤイトカツオは、ねっとり、噛むほどに甘みを感じる。
ニジマスのイクラは、ナポリ産の魚醤・コラトゥーラでマリネした自家製もの。
プチッと噛めば、キレイな甘みとともに、えも言われぬコクが広がる。
リゾの穀物ならではの甘みが、ピタリ寄り添う。

ひと皿ごとに、ワインと料理のペアリングを♬
b0118001_9256100.jpg
San Severo Rosato 2013 Posta Arignano 
バラのような香り。軽やかでありながら、コクがある。



*詰め物をしたアナゴのフリット
 アニス風味の春キャベツ添え
b0118001_931173.jpg


b0118001_932589.jpg
フリットをサクッと齧ると、ふわっふわとした質感のアナゴが現れ、
モッツァレラチーズとバジルの風味がじわりじわりとやってくる。
春キャベツが放つ、甘みとアニスの香り、
トマトの甘みとスパッとキレのある酸味、いいアクセントだ。

b0118001_934527.jpg
合わせるワインは、
「Canayli Vermentino di Gallura Superiore Cantina Sociale Gallura」
サルディーニャ産。ヴェルメンティーノ100%。
レモンのような柑橘系の香り。後味にほどよい苦み。
フリットに合うなぁ。



*スルメイカとアーティチョークとジャガイモの煮込み
b0118001_94319.jpg
もう、おいしすぎて黙り込む(笑)。
味付けは塩だけとか。
イカの旨みが、新ジャガの甘みと見事に共鳴し、
複雑な旨みを蓄えた汁が染んだ、ジャガイモが強烈に旨い。
アーティチョークのトロリとした質感、爽やかな香りとほろりとした苦みも堪んない。


b0118001_942559.jpg
先のとは別のRosatoと共に。
酸味しっかり、果実味を感じさせつつキレがあり
旨み強しな煮込み料理と合う。



*釣りスズキのソテー
 アサリとスペルト小麦のズッパ 瀬戸内の香り
b0118001_945434.jpg
旨みの嵐!
むっちりとした弾力のスズキに、
ズッパの深みのある旨みが重なり合う。
焼き海苔のソースの香り、スペルト小麦のプチプチ感が楽しい。

b0118001_951134.jpg
Vigna dei Ciamillo 2009 Greco di Tufo Villa Diamante
カンパーニャ産。Grevo100%。
嗚呼、滋味深い白ワイン。海の旨み凝縮の皿と共鳴する。


*イカ墨を練り込んだノッケテ 甲殻類のソース
b0118001_952863.jpg
杉原シェフの修業先のひとつ、
ソレントのお店のオリジナルに近いレシピによる「ノッケテ」。
程よいコシを感じ、イカ墨の旨みはもちろん
甲殻類の深い旨みが洪水のように押し寄せる!

b0118001_95429.jpg
Terredora Taurasi docg 2007
熟成感しっかり。柔らかなタンニンが印象的。



*ウサギの卵包み焼き
b0118001_955816.jpg
溶き卵に通しながら、じっくりと火入れをしたというウサギ肉。
ふわっ、しっとりとした卵の火入れが秀逸。
そこにウサギ肉の存在感、パプリカの旨みが溶け込んだ
ソースとの相性も素晴らしかった。


ドルチェは、お品書きから or 併設するバールのショーケースの中から
好きなものをチョイスできる。
だけど私はお腹いっぱい〜。ババ食べたかったー。
ほんまに満腹となったので、さっぱりジェラート2種を盛っていただく。
b0118001_961563.jpg
ファッフアの質感。ミルクの味濃い。

b0118001_96335.jpg
カッフェと小菓子で、まったり時間。
たしか食後酒もいただいたような(アル中ハイマー;)


南イタリアの土着の味、満喫!
日本人のDNAにも響く、魚介や野菜を駆使した深い旨みに酔いしれた。
話題は南イタリアのエピソードから
もちろん洋楽ロックまで。
嗚呼、大好きな南イタリアの風が、五感に響いた夜でした。
杉原シェフ、皆さん、ありがとうございました♪



「オステリア・オ・ジラソーレ」
芦屋市宮塚町15-6 キューブ芦屋1F
☎0797-35-0847
open : 11:30〜14:00LO、18:00〜21:00LO
(バールは11:00〜16:00、17:00〜23:00)
close: 水曜
http://www.o-girasole.com/



CROSBY, STILLS, NASH Woodstock 1971

by writer-kaorin | 2015-05-03 09:09 | オステリア・オ・ジラソーレ | Comments(0)  

<< 炉ばた恂さい 藤乃 @河内鴨の鍋と、お蕎麦と >>