京 静華、5月。

京都・岡崎の中国料理店「京 静華」さんの
円卓を囲む、おいしい夜。


*蒸した筍と塩漬け豚肉
b0118001_19543773.jpg
筍は、京都・塚原の朝採りもん。

b0118001_19544914.jpg
塩漬け豚肉とともに蒸されたそれは、
立ち上がる香りにウットリ、
エグみのない筍の甘みと
豚肉の締まりのある味わいが共鳴する。



*中国前菜
b0118001_1955180.jpg
「京 静華」のスペシャリテ、パフェのようなヴェリーヌのような一皿。
アマテガレイの中国風刺身と、
ナッツ類、紫蘇、茗荷、千切りにした大根。
それらを、かき混ぜて頂く。
その下には、木耳や海老、きゅうりなど。
グラスのなかで、ひと味もふた味もおいしさが変化する。


*お豆の炒め物
b0118001_19551294.jpg
露地もんのうすいえんどう豆と、長野産の空豆。
さらには、淡路島・由良産の鮑(蒸し)と、その肝のソース。
名残と走り、それぞれが放つ今だけの香りを愉しんだ。


*パパイヤ入りフカヒレスープ
b0118001_19552698.jpg
店主・宮本さんは、香港の凱悦軒(Hyatt Regency)での修業経験も。
その店のスペシャリテを、宮本さん流に。
上湯に、フカヒレや海老。それだけでもしみじみと深い味わいなのだが

b0118001_19554069.jpg
パパイヤの身を削ぎ取り、スープや具材とともに味わうと、
果肉の甘みがぶわっと広がり、上質なスープの味わいに変化が。
徐々に、変化する味わい、面白いしおいしい!

b0118001_19555625.jpg
ビールの後に、紹興酒をロックで。


*万願寺唐辛子に詰めた海老のステーキ
b0118001_1956959.jpg
万願寺唐辛子の上には、開いた活車海老と
天使海老のすり身を重ね合わせてるそうな。
そして自家製XO醤と、海老の頭からとったソース。
初物である万願寺の、初々しい青っぽい香りと、海老の深い甘み。
そこにピリリとした辛味と、醤の複雑な旨みが重なり合う。


*但馬牛フィレ肉、フォアグラ、アスパラガス
b0118001_19562485.jpg
アスパラは、生(スライス)と、火入れしたものが登場。
フィレやフォアグラの、強力なタッグを味わいつつ、
アスパラガスのフレッシュな香りとジューシーな甘み。


*ホタルイカと、辛子和えにした菜の花の春巻き
b0118001_19563750.jpg
レタスに包んで、ハフハフ丸かぶり!
ホタルイカが香り、菜の花&辛子のキレある香りもいい。


*麻婆豆腐
b0118001_1956589.jpg
姉小路通麩屋町角にある老舗豆腐屋「平野屋」さんの豆腐を使った
「やわらか麻婆豆腐です」と店主の宮本さん。
確かに、少しの振動を加えただけで、ゆらゆらと揺れ動く。
その豆腐はふわり、とろりと舌の上を通り過ぎ
辣油のキレイな辛味で、上品なタッチだ……と感じつつも
花椒の複雑な香り、痺れが時間差で押し寄せ、汗滲む旨さ。


*炒飯
b0118001_19571276.jpg
桜海老の香り、いいわぁ。
米ひと粒ひと粒が立ってて、口中でハラリ解ける軽やかさ。
中国風 野菜の酢漬けとともに。


*麻婆麺
b0118001_19573773.jpg


b0118001_1957516.jpg
この日は、麻婆豆腐研究家の本Pさんともご一緒させて頂いてたので、
麻婆豆腐&麺も登場。麻婆ラヴァーとしては嬉しすぎる、そして
満腹中枢どこへやら、でもちろんペロリ。



*杏仁豆腐
b0118001_19581645.jpg
崩れるか崩れないか、ギリギリの質感。
口に入れると、想像以上に柔らかく、杏仁の香りとともにすーっと蕩ける。



*杏仁クッキー、バラの花のゼリー、胡麻ロール
b0118001_19584775.jpg
小菓子と、バラの華やかな香り広がるゼリー、
フルーツティーとともに。


この日は、TV関係者から料理研究家、
和紙アーティストをはじめ9人の賑やかな夜。
あれこれ積もる話がありすぎて、盛り上がりつつ
皿がサーブされるとすっと静かになり(笑)
宮本さんが創造する、素材の持ち味を生かした上品かつ斬新な
料理の数々に酔いしれました。
Kさんはじめ皆さん、ありがとうございました!


「京 静華」
京都市左京区岡崎円勝寺36-3 2F
☎075-752-8521
open : 17:30〜20:00入店
close: 月曜&第1・3火曜


Steely Dan 《Do It Again》

by writer-kaorin | 2015-05-12 20:00 | 京 静華 | Comments(0)  

<< 道頓堀あかい 北店 @北新地 味寛 〜Mikan〜 >>