人気ブログランキング |

「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。

6月12日(金)、堺筋本町に
スペインの風を感じさせる、素敵なレストランがオープンした。

「 Ñ 」〜エニェ〜
 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23494520.jpg
オーナーシェフの砂田裕智さんは、
マドリードの2つ星「ラ・ブロッシュ」をはじめ、
サン・セバスチャン3つ星「アケラレ」など、
スペインの星付きレストランで修業を積んだお方だ。
日本でも数店の料理長を務められた。
中之島のモダンスパニッシュなバル「ドノスティア」では、
公私共々お世話になりました。


その砂田シェフが満を持して独立!
久しぶりにお元気な姿を見れて、
本当に、本当に嬉しい夜。(涙」
 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_2350137.jpg
カウンター8席のほかに、個室1室も。
そのセンスある空間については後ほど、述べることにしよう。

夜のコースは¥6500(+tax)で
アミューズ3品、タパス2品、主菜4品、米料理にデザート
「え?全11品で¥6500!?」とスタートから嬉しい驚き。
料理は月替わりだそうです。


まず、アミューズ1品目は

*スパイシーアーモンド
 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23501938.jpg
熱々。クミンをはじめとするスパイス感と、程よい甘みに
カヴァが進む進む。


*黒オリーブのマドレーヌ
 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23503283.jpg
しっとりした生地から、
黒オリーブの微かな塩気と香り。


*マルティーニのジュレとペドロヒメネス風味のクリームチーズ
 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23511450.jpg
透き通ったジュレからは、マルティーニの豊かな香りがふうわりと。
ふんわり口どけよいクリチからは、
ペドロヒメネスの甘やかな香りが漂う。


そしてタパス2品へと続きます。

*三河赤鶏胸肉と水ナスのサラダ
 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23513074.jpg
低温調理の胸肉は、繊細な身質。
そこに三河赤鶏からとったダシを用いた清々しい旨みのジュレ。
水茄子は棒状の細切り、プルンッ、シャクッと新食感。


*赤パプリカのロースト・アンチョビ・山羊チーズのコカ
 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23514367.jpg
コカとはスペイン版ピッツァのこと。
カリリと香ばしいその上には、
甘みが強いパプリカと
スペイン・カタルーニャ地方の山羊チーズ「ガローチャ」。
このチーズの熟成感がいいアクセントとなり、
さらにはアンチョビのダシで作ったジュレが煌めく。



そして主菜。4品構成というバリエーションが嬉しい。

*帆立貝・イベリコ豚首肉の生ハムのカルパッチョ アーモンドビネガー風味
 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23523717.jpg
塩とトリュフを用いてマリネした帆立貝の上に、
透き通った脂のコクを感じさせる生ハム。
帆立貝と生ハムの異なる旨みが共鳴。この皿には唸った!
カリフラワーのピュレは塩気ぐっと控えめで、その素材感が際立ってる。


 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_2353326.jpg
カヴァを数杯頂いた後は、スペイン・ルエダ地方の
白ワイン「Prios Maximus Verdejo 2014」を。
ベルデホという土着品種。ローレルのようなハーブ香。
フレッシュ感がありつつ、爽やかな酸味が響く。


 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23531724.jpg
自家製パンは、粉の質朴な風味が広がります。


*サルサヴェルデに包まれた蛤・魚介のスープ ドノスティア風
 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23533429.jpg
まずは、魚介の旨みが詰まった
スープの滋味をじっくりと楽しみ

 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23535016.jpg
スープの中にはミキュイの蛤が。
緑のソース・サルサヴェルデを纏っている。
蛤のむっちり、ぷっくり、トロリとしたテクスチャーが素晴らしいのなんのって。
そんな蛤の海味と、サルサヴェルデの緑の香りがスープに溶け込み、
味わいに広がりが出るのだ。


 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_2354436.jpg
砂田シェフがプランチャで調理している光景をまじまじと見てしまう。


*姫イカのプランチャ・リードヴォーと空豆のソース
 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23543158.jpg
魚介と肉の組合せ、すごく好き。
鉄板(プランチャ)に油を引かず、焼きあげたという姫イカは、
夏祭りの屋台のイカ焼きを彷彿とさせる、どこか懐かしくもある強い香り。
そこにリードヴォーのピュアな旨み、ホロリ崩れゆく空豆もいい仕事してる!


 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_2355150.jpg
リオハの赤ワインを。
「LA VENDIMIA PALACIOS REMONDO 2013」
ふくよかな果実味。力強いと見せかけてじつにエレガント。
最近出合う、リオハワイン、めっちゃ好きかも。


*大和ポークの低温煮込みと冬瓜・林檎酒味
 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23551780.jpg
ブイヨンで炊いた冬瓜は、ホッとするような旨みが広がり、
しっとりとした身質の大和ポークは脂の甘みが印象的。
林檎酒=シードルを使ったソースは、コクと酸味のバランス素晴らしく
冬瓜とポークを見事に繋いでいた。



お料理の〆には米料理が登場。

*さまざまな貝類とアスパラガスのアロス
 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23553313.jpg
とろりと米の優しい甘みが広がる。
ツブ貝ほか貝類のエキスと、アスパラの青い香りが
ふわぁ〜っと広がり、嗚呼、おかわりしたくなるおいしさ。


そしてラストはデザートかチーズを選べます。

*ライチのコンポートとカルダモン風味のクレマカタラナ・ゴマのクリスタル
 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23555546.jpg
クレームブリュレをもっと柔らかくさせたようなクレマカタラナは
カルダモンのさわやかで上品な香りを響かせる。
甘&香ばしいゴマのお菓子のうしろに隠れたライチの
爽やかな甘みで、清々しい後味。


以上、スペイン土着の味やテクニックをベースに置きながら、
日本の素材の「今」をつきつめた、
スペインだけにとらわれない自由な発想がそこかしこに。
日本の四季の素晴らしさを感じさせる、スペインの香り、とでも言おうか。
このコース料理が¥6500とは、
嬉しい驚きとともに、なんだか恐縮してしまいそうなくらいに値打ちがありすぎる。


そしてセンスある店内。
 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23561832.jpg
入口すぐに、ウェイティングスペース。
グレーの壁に、アンティーク家具やどっしりとしたソファが映える。
食後酒をゆっくりと楽しむにも最適。


 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23563326.jpg
個室は6席。今度、貸し切りしよっ。

ちなみに「 Ñ 」〜エニェ〜 とは
スペインだけで使われるアルファベットの15番目の文字。
シェフが料理修業を行った
スペインへの敬意を、ぐっと強く感じさせる、潔い一文字。


 「 Ñ 」〜エニェ〜 @堺筋本町にスペインの風。_b0118001_23565065.jpg
嗚呼、間髪あけずに、おじゃましたいと感じた夜でした。
おそらくそうなることでしょう。
砂田シェフ、ありがとうございました♬
そしてご開店、誠におめでとうございます!


「 Ñ 」 〜エニェ〜
大阪市中央区安土町1-6-3 エステムプラザ本町クロス1F
06-6265-1420
open : 18:00〜22:00LO
close: 月曜
http://www.enye.jp/
https://www.facebook.com/enye.cocina


One - Cowboy Junkies

by writer-kaorin | 2015-06-15 08:00 | N エニェ | Comments(0)  

<< 京都祇園 あのん @あんこ専門... 小浜~三方五湖グルメライド(鰻... >>