祇園 大渡、6月。

b0118001_17561852.jpg
週末のお愉しみ。
待ちに待った「祇園 大渡」での夕餉。


*胡麻から作った胡麻豆腐
b0118001_17563222.jpg
生の白胡麻をふやかすところから手作り。
何ともピュアな白胡麻の風味がふわぁ〜っと漂い、
白胡麻とだしの澄みきったうま味とひんやり感が堪んない。


*じゅんさいの小吸物
b0118001_17564572.jpg
ぷるん、とろり…とじゅんさいの食感心地よく
だしの清らかさと、ばちこの旨みが口中に響く。


*鱧の塩おむすび
b0118001_17565786.jpg
「走りの鱧は、あっさりしているから」と、
ほぐした鱧の身とご飯をあわせている。
鱧のほろっとした繊細な質感、そして香りに
米の甘みが重なり合う。梅肉がのってるあたりも、大渡さんらしい!
意外性とおいしい驚きに満ちた、鱧の一品だ。


*稚鮎
b0118001_17571042.jpg
背は唐揚げに、腹側はフライに。
青っぽいやさしい苦みとともに、異なる食感が面白い!
ウスターソースをだしで割り、ポン酢をブレンドした
「スパイシーポン酢」の複雑味がめっちゃ合う。
キュウリは塩加減どんぴしゃ、シャープな酸味で爽やかな後味。


b0118001_17572257.jpg
ガラス作家である故・藤田喬平さんの作品で、
大渡さんにお任せの冷酒をチビリチビリと。見とれてしまうわ。


*アイナメの造り
b0118001_17573664.jpg
程よくイカっていて、シャクシャクッと軽やかな歯触りとともに
上品な甘みが広がる。
山葵醤油を付けた後、少量の山椒オイルを付けて頂く。その趣向も素敵。


*スッポンのお椀
b0118001_17575184.jpg
澄みきった吸地のうま味に、心がファ〜っと解れる。
ひろうすの中には、スッポンの身がごろごろと。
深い滋味が溢れ出、味わいに力強さが漲る。


*蛸のやわらか煮、小芋、茗荷
b0118001_17582585.jpg
それぞれの素材感が際立っていて、なおかつ
どこまでも端正な味わい。


b0118001_17583847.jpg
上喜元 超辛純米吟醸 完全発酵。
滑らかな飲み口。辛いだけじゃなく、旨みや力強さもあり
嗚呼、スイスイいってまう。



*グジの若狭焼き
b0118001_17585676.jpg
鱗の立ち方、素晴らしすぎる。
サクッと音が立つほど、軽やかかつ小気味良い食感。
程よく脂を蓄えた身は、ハラリ崩れゆく。
小タマネギのスパッとキレのある酸味、名脇役。


b0118001_17591083.jpg
今日は真面目な大渡さんを激写。
次はおちゃめな姿を撮ろ(笑)


*フカヒレと真竹
b0118001_17593543.jpg
炒めた真竹の下に、このフカヒレが隠れていた。
スープは複雑な旨みを蓄えていて、しみじみ。
フカヒレと真竹、両者の食感が心地よい。


b0118001_17595811.jpg
土鍋ご飯が登場する前に、冷酒とともにチビリチビリと。


b0118001_1802278.jpg
艶やか。この上ない香りと甘み。


b0118001_1803493.jpg


b0118001_1804481.jpg
わらびもちとお抹茶で、ホッと一息。


この日は「まいど!」な、某人気割烹店のご夫妻もいらしてて
嬉しいおいしい時間。
大渡さんの発想と、楽しいトークに、えぇ酔いしれましたとも。
ありがとうございました♬


「祇園 大渡」
京都市東山区祇園町南側570-265
☎075-551-5252
open : 18:00〜21:00
close: 不定休


Queen - Don't Stop Me Now

by writer-kaorin | 2015-06-24 07:38 | 祇園 大渡 | Comments(0)  

<< シャンパンとおばんざい「TAB... 京都祇園 あのん @あんこ専門... >>