番屋 燁

ちょっと前のおいしい出来事。
ご近所「番屋 燁」で、仕事アフターの晩ごはん。
b0118001_2114857.jpg
久しぶりにおじゃましたら、大鉢料理をのせるカウンターが
新設されてるではないか!
「今週からなんです」と店長。
冷えた生ビールをゴクリ、飲りながら
思わず、大鉢をあれこれ指差し注文する。



*大和揚げの炊いたん
b0118001_21143046.jpg
大きいお揚げさん!丁寧にとっただしのうま味がじゅわりと広がり、
生姜のほのかな香りもいい。


b0118001_21145431.jpg
続いてリースリングをグラスで。
いつも、こちらでは日本酒なのだが、今日はワイン気分♪


*じゃこキャベツ
b0118001_21153633.jpg
キャベツの甘みを引き立たせる塩加減、ばっちり。
ゴマの上品な香りも。



*牛ホルモンの煮こごり
b0118001_21161067.jpg
トロッ、ぷるっ、じゅわりと旨みが炸裂。
部位の異なる食感楽しく、程よいピリ辛さに酒、ススム。



*お造り盛り合わせ
b0118001_21162290.jpg
カウンターだけでなく、こちらもパワーアップしてる♪
カツオの炙り、鯛、〆鯖、雲丹、さらには握りも。どれも上等な味だ。
そして右奥のピンクがかった切り身は
高知の「オジサン」という魚。
b0118001_2219321.jpg

ヒゲがあるから「オジサン」!?(笑)
程よい弾力があり、噛むほどに甘みを感じる。



*琵琶湖 稚鮎 天ぷら
b0118001_21165451.jpg
時間差ほんまスンマセン;
まるで泳いでいるかのようなビジュアルは目を楽しませつつ
ほろ苦ほろ甘、初々しい香りが鼻腔をくすぐります。


b0118001_21171087.jpg
ビールに戻りつつ


*豚肩ロースの炭焼き
b0118001_2117574.jpg
炭火で焼いたその香ばしさと、脂の甘み、
だし醤油のコクとがいい具合に絡み合う。
ビール、プッハァ〜でオッサン化。


b0118001_21182194.jpg
お隣では、出し巻き玉子と、ツヤツヤの白ご飯とで
オリジナル定食の出来上がり。


店先に掲げられた暖簾には「酒・飯」という文字。
そうです、酒飲みの楽園でありながら、
鯛茶漬けや鯛にゅうめん、棒すし、番屋カレー…と
〆ものもしっかりと用意されてる。
豊中「一汁二菜 うえの」さんのカジュアルなスタンド割烹は
誰しものの心と胃を癒してくれるのでした☆


「番屋 燁」
大阪市中央区瓦町2-3-4
☎06-6232-3768
open : 16:00〜24:00LO
close: 日曜



Deep Purple Black Night HD 1972 in Copenhagen

by writer-kaorin | 2015-07-24 21:19 | 番屋 燁、よどやばし燁 | Comments(0)  

<< 土佐堀オリーブ、7月。 なにわ黒牛 牛丼 @FUJIM... >>