人気ブログランキング |

オステリア ラ チチェルキア

「チチェルキア」の味が恋しくなり
仕事アフターにフラリと。
オステリア ラ チチェルキア _b0118001_7433965.jpg
マルケの泡が、体内の隅々にまで沁み入るわ。


*生ハム・サラミ・イチジクサラミ 盛合せ
オステリア ラ チチェルキア _b0118001_7435282.jpg
目の前で手切りする、
生ハムの薄すぎず厚すぎずなスライス感、素晴らしい。
そんな生ハムは、噛むほどにナチュラルな甘みが響く。

サラミは飲ませる塩気と旨み。
自家製「イチジクサラミ」の
プチプチッとした質感と素朴な甘みにノックアウト。



*チーズパン
オステリア ラ チチェルキア _b0118001_7453797.jpg
こちらも連シェフ手製。
マルケの陶器に生地を入れ、発酵させ、焼成するという。
素朴〜かつ、他料理との相性バツグン。



*ポレンタの炭焼き職人風
オステリア ラ チチェルキア _b0118001_7455524.jpg
ポレンタはどこまでも滑らかで、いい香りと澄みきった甘みが広がる。
そこに、サルシッチャやグアンチャーレの旨みと塩気がマッチ。
この肉類の組合せ、炭焼き職人がちゃちゃっと作って食べるから「炭焼き職人風」。


オステリア ラ チチェルキア _b0118001_7461091.jpg
マルケの赤「Mognon Contadino Rosso」
サンジョヴェーゼ80%、モンテプルチアーノ20%
果実味を感じ、しっかり芯のある味わい。


*鶏とパプリカの猟師風
オステリア ラ チチェルキア _b0118001_7462486.jpg
じっくり煮込まれた鶏はホロリ柔らかく、
パプリカの甘みが融合したトマトソース、何て旨いんだ。


オステリア ラ チチェルキア _b0118001_7463662.jpg
チーズパンおかわり。一緒に、自家製フォカッチャも。
しみじみおいしい。


オステリア ラ チチェルキア _b0118001_746481.jpg
連シェフならではのマルケの味に
この夜も癒されたのでした。あー毎日でも食べられる(笑)
いつもありがとうございます♬


「オステリア ラ・チチェルキア」
大阪市西区京町堀2-3-4 Sun-YamatoBld.303
06-6441-0731
open : 18:00〜翌0:00LO(日曜14:00〜23:00LO)
close: 火曜、月1不定休あり


Deep Purple Black Night HD 1972 in Copenhagen

by writer-kaorin | 2015-10-09 07:47 | ラ・チチェルキア | Comments(0)  

<< Punto e Linea(プ... 善道(ZENDO)@北新地 >>