人気ブログランキング |

Ñ 〜エニェ〜 @10月

大阪・堺筋本町「 Ñ 〜エニェ〜」で
待ちに待った、麗奈さんとのおいしい定例会 vol.1。

Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_11514780.jpg
シャンパーニュで乾杯♬


アミューズ1品目は
*マカダミアナッツのサフランとマスタード風味
Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_1152685.jpg
サフランとマスタードクリームの風味がふわりと漂う。
ほのかに甘く、マスタードの辛味とともにあまからテイスト。


*ムカゴのブラバソースとアイオリソース
Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_11521935.jpg
大きなムカゴ! ホクホクとした質感と大地の味わいに
ブラバソースのスキッとした辛味、合うわ。
そしてアイオリソースとの相性も大。


*マルティーニのジュレと
 ペドロヒメネス風味のクリームチーズ
Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_11523354.jpg
マルティーニの風味がふわり漂うジュレに、
甘口シェリー@ペドロヒメネス甘みを閉じ込めたクリームチーズ。
2種のお酒の香りの余韻、ステキだ。


アミューズ3品頂いた後は、
タパスへと続く。

*ムール貝2種
 ムール貝のレンズ豆仕立てとムール貝のオーブン焼き
Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_11525359.jpg
ヴィネガーの泡のそばには、レンズ豆!?と思いきや
なんとこれがムール貝。貝の余分な水分を取っていて濃い旨みが凝縮。
シェフ曰く、ムール貝の酢漬けをイメージしたとか。
味わい面も、仕立て方も、その発想、面白い!

そして右側は、ムール貝のティグレ。
こちらはクリーミーななかに旨み、そして香ばしさとのコントラストがいい。

Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_11531110.jpg
Koyama Winesのリースリングとともに。


*毛ガニと国産ポワローのコカ
Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_11532840.jpg
砂田シェフ曰く、
バスクの名物「チャングーロ(蟹のオーブン焼き)」がモチーフ。
なおかつ、主役は長野産のポワロー。
ポワローは香り甘みもしっかり。そこに毛蟹の深いコクが絡まり合う。


Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_11534323.jpg
素朴な風合いのパン。香り高きオリーブオイルと一緒に。


ここからは、主菜4品が登場。

*オオミゾ貝、セロリラブ、赤カラシ菜のサラダ仕立て
Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_11535852.jpg
上等なトリガイを彷彿とさせる、というかそれよりも大きな
「オオミゾ貝」は北海道・網走産。
肉厚で、味が濃くて何とも甘い。
赤カラシ菜のピリリとしたアクセント楽しく、
国産セロリラブのピューレは、透き通った甘みを放つ。


*天然キノコのスープ
Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_11542543.jpg
天然キノコは3日間干して、ブイヨンと煮込んでいるそう。
嗚呼、秋の滋味が、舌にカラダの隅々に行き渡る感じ。


*自家製バカラオのコンフィ・アロマティックなピルピルソース
Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_11544064.jpg
むっちりとした質感の塩ダラ。塩がいぃ具合に浸透し、旨みがとことん深い。
そこにピルピルの風味豊かなソース。
じつにガストロノミックな、Bacalao al Pil-Pilだ。


*神戸ポーク、皮付きバラ肉と大和芋のエスプーマ
Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_11545464.jpg
低温調理のポーク、身はホロリ崩れる柔らかさ。
対して皮はパリッと感を超えるくらいにパリパリ。香ばしい。
そこに大和芋の質朴な味わいが重なり合う。

Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_1155916.jpg
「LA VENDIMIA PALACIOS REMONDO 2013」
エレガントなリオハの赤とともに。


アロス(米料理)は

*マグレ鴨、季節キノコ、生ハムのアロス
Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_11552449.jpg
米料理のイメージを覆す、お皿。
もう1品、肉の主菜!!となんだか得した気分(笑
そんなマグレ鴨は、ロゼ色の潤々とした赤身と皮目の香ばしさに、ワイン止まらぬ。
さらにはアロス。キノコや生ハムの旨みが米ひと粒ひと粒に浸透。
何だか日本人の琴線に触れるおいしさ。


デザートかチーズを選べる。

*次郎柿のタルト
Ñ 〜エニェ〜 @10月_b0118001_11553868.jpg
軽やかなパイ生地の上に、ガナッシュ、そしてカスタード。
トロリ、濃い甘みの次郎柿の上にはブランデーのジュレが。
軽さと柿の存在感とのバランス、お見事でした。


アミューズ、タパス、主菜、米料理、デザート…と
全11品からなる夜のコース(7020円)。満足感がかなり高いです。
砂田シェフがスペインで培ったテクニックを駆使した皿の数々は
日本ならではの秋の彩りに満ち溢れていました。
砂田シェフ、いつもありがとうございます☆
そしてカウンターの両隣には、Nセンセや、カメラマン&スタイリスト…と
毎度です〜な方々も。不意打ちも楽しい夜だった。
麗奈さん、次回の祇園ナイツも楽しみですね〜♬


「 Ñ 」 〜エニェ〜
大阪市中央区安土町1-6-3 エステムプラザ本町クロス1F
☎06-6265-1420
open : 11:30〜14:00LO(土日のみ)、18:00〜22:00LO
close: 月曜
http://www.enye.jp/
https://www.facebook.com/enye.cocina



Tom Waits -- In The Neighborhood ( HD )

by writer-kaorin | 2015-10-18 11:59 | N エニェ | Comments(2)  

Commented at 2015-10-23 08:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by writer-kaorin at 2015-10-25 17:28
鍵コメ様
いつもありがとうございます!

<< よどやばし 燁 そば處 とき >>