人気ブログランキング |

天麩羅 佶祥 @紹介制、会員制の天ぷらのお店

長屋が連なり昭和の香り漂う、中崎町の路地裏。
その中ほどに佇む、
紹介者予約のみの会員制天ぷら店「天麩羅 佶祥」へ。今年5月open。

この夜は、「餡子会」という名の会合vol.2。
b0118001_18554246.jpg
「佶祥」お宝その1。
いやはや凄すぎる。目に入るものすべてが。


先に述べておきますが、こちらは一見さんお断りです。
紹介制、かつ会員制ということで
くれぐれもご了承願います(--)
そして栗ちゃんありがとうございました。

b0118001_1856182.jpg
シャンパーニュは「Fleury Blanc de Noirs」



*マナガツオのきのこあんかけ
b0118001_18561435.jpg
マナガツオの繊細な身質に
だしのうま味と、きのこの滋味。
揚げたお芋のホクホクとした食感にホッと心和む。


*三重 天然トラフグのてっさ
b0118001_18581115.jpg
江戸時代の九谷焼の器で。
程よくコリコリとした弾力。噛むほどにじわりじわり甘みが広がりゆく。


b0118001_18582319.jpg
目の前には、美しき季節食材。


b0118001_18583625.jpg
江戸時代の古伊万里。そのなかには
フランスの海の塩、
モンゴルの山の塩、
フランスの深海の塩、そして紅塩。
天ぷらを、好みの塩でいただきます。


*車海老の頭
b0118001_18584813.jpg
カリカリッと小気味良い食感。
海老の香りがふわりと漂う。


*車海老の身
b0118001_18585872.jpg
活車海老を目の前で。
海老の身はブリブリ。程よい弾力かつ、肌理が細かいわ。
じつに上品なごま油の香り。
主人・熊谷さんに聞けば、通常の6倍する某ごま油と
サラダ油をブレンドしているそう。


*銀杏 黄身味噌掛け
b0118001_22512622.jpg
大粒の銀杏!ホクホク、香り豊かで
味噌漬けにした黄身はねっちり、コク深し。


*シラサエビの頭
b0118001_18592594.jpg
お次はシラサエビ。透き通った香り。


*シラサエビの身
b0118001_18593594.jpg
こちらは、繊細な身質で
澄んだ甘みが押し寄せるかんじ。



*海老のしんじょう
b0118001_18594685.jpg
海老のしんじょうは、どこまでもフワッフワ。
そして消える魔球とでもいおうか、この質感、初体験。
だしの馥郁たる香り。その余韻が心地よい。


*松茸の天ぷら 酢橘の泡
b0118001_18595637.jpg
泡消えてしまったが、
松茸の香りをギュッと閉じ込めた天ぷらに
酢橘のやわらかな酸、合わないワケがない。


*甘鯛
b0118001_190713.jpg
土佐酢おろしと共に。
鱗は香ばしく、身はふっくら。
甘鯛のエキスが衣のなかに閉じ込められていて美味。


*賀茂茄子、だしジュレ
b0118001_1901978.jpg
肉厚の茄子だこと。ジューシーかつ
だしジュレのうま味と共鳴するかんじ。


*北海道 仙鳳趾の牡蠣
b0118001_1903090.jpg
牡蠣自体の水分は程よく抜け、エキスは凝縮し、じつに濃厚!
土佐酢ジュレの爽やかさ、合ってます。


*高知産 四方竹
b0118001_1904410.jpg
高知で秋に旬を迎える、希少なタケノコ。
アクは全く感じず、香り高く瑞々しい味わい。
シャキホクッとした食感も楽しいわ。

b0118001_19055100.jpg
ここらでビールを欲す。富士山みたい(笑)


*河豚の身皮(みかわ)
b0118001_191894.jpg
身皮とは、身についている薄皮のこと。
クニュッ&ふっくら、異なる食感面白い。
梅肉でさっぱり。


*アワビとその肝のソース
b0118001_1912167.jpg
この天ぷらにも唸ったなぁ。
熱が入ったアワビはムチッ、ホクッ。
肝ソースのやさしくもあり深い旨味が口中に響く。


b0118001_1913624.jpg
「中は何何?」と、期待が膨らむ。

b0118001_1914861.jpg
スッポンの天ぷらと

b0118001_192122.jpg
丸吸でした!
「スッポンは冬眠前の今がおいしいんです」と熊谷さん。
天ぷらの衣に閉じ込められ凝縮したエキスと、
じんわり、カラダに染み渡るような丸吸の滋味。
笑みしかこぼれぬ旨さ。


*ハモの天ぷら、生雲丹
b0118001_1921355.jpg
こぼれんばかりの雲丹は海味炸裂、甘し。
そこに、ふぁっふぁのハモ天。相性の良さは言うまでもない。


*バターナッツカボチャ
b0118001_192259.jpg
ピュアな甘味がじわりじわり押し寄せる。


*タラ白子
b0118001_192378.jpg
濃厚クリーミー!
だしジュレのうま味がいぃエッセンスになってる。


ここで、餡子会と餡子社長のために
サプライズの一品が登場!

*えびす南瓜と餡子、銀餡
b0118001_1925088.jpg
えびす南瓜を饅頭に。蒸した後、素揚げにしているそうな。
その上に餡子をあしらい、銀餡を合わせている。
南瓜の濃い甘味と、餡子の質朴な甘味、そこに上品な銀餡が絡まる。
何とも端正な一品。熊谷さん、盛さんありがとうございます!


そしてお蕎麦で〆となりました

*鳴門わかめを練り込んだ蕎麦、鯛のおだし
b0118001_1931040.jpg
これでもか!という分量のわかめを、生地に練り込んでいるそうで。
程よくぬめり、海の香り心地よく
鯛だしの、澄んだ旨味は、〆にピッタリ。


*黒糖もち
b0118001_1932286.jpg
舌のうえでとろけてしまう、やわらかさ。
そのテクスチャーは、わらびもち以上に繊細だった。


以上、¥12,000のおまかせコース。
15品以上の天ぷらを頂いたが、いずれも軽やかで
ネタの素材感をしっかり感じさせるものばかり。だから食後感もじつに軽やか。
しかも、ホッと心和む一品も間に挟む、緩急にとんだコース展開。
店主の独創的な発想をとくと楽しませて頂きました。
しかも、設え、器、目に飛び込むもの全てが驚きの連続でした。

熊谷さん、盛さん、
そして、栗ちゃんをはじめ、餡子会の皆様、ありがとうございました!
11月の餡子会vol.3も楽しみにしてまーす!


「天麩羅 佶祥」
大阪市北区中崎西1-6-24
06-6292-5122
open : 17:00〜23:00
close: 土、日曜



Jackson Browne - BBC 1978 - Rock Me On The Water

by writer-kaorin | 2015-10-23 07:24 | 天麩羅 佶祥 | Comments(2)  

Commented by at 2015-11-06 14:41 x
また、いこうね!!!
Commented by writer-kaorin at 2015-11-07 12:13
姫☆
ほんま、また行きたいわ!次も貸し切りかな?(^^)

<< かしわや 闘鶏 よどやばし 燁 >>