人気ブログランキング |

太庵

この日は島之内にある日本料理店「太庵」にて。
久しぶりの訪問です。


*八寸
b0118001_12131523.jpg
左奥から
山菜と車海老の酢の物は、シャキッと食感よく広がるだしのうま味。
ハマグリのおろし和えは、程よく温かくてホッとなる。
手前左には
フグ白子の塩辛、これはお酒が進む味わい。
岩海苔は香りよく、
菊菜のすり流しにはミル貝が入り、歯ざわり、ほろ苦さともにいい。


b0118001_1213288.jpg
「Duval-Leroy Fleur de Champagne Premier Cru NV」
酸味が伸びやかに広がる。華やかすぎず、和の味わいに寄り添うの。



*蟹いり 筍しんじょう 筍 若布
b0118001_12134163.jpg
だしが放つ馥郁たる香りには、目を細め笑みしかこぼれぬ。
旬と走りの饗宴。蟹は甘みを蓄え、筍の春の香りが鼻腔をくすぐる。
吸い口は木の芽。清々しい香り。


b0118001_12135333.jpg
ボトルでシャンパーニュの後は、
黒龍「しずく」大吟醸と
獺祭 純米大吟醸磨き2割3分 を飲み比べ。といっても
お料理のテイストに合わせて、杯が行ったり来たりとなる。



*平目
b0118001_1214892.jpg
とても、しっとりとした身質だこと。
まずは胡麻塩で味わい、
次は造り醤油と山葵で。咀嚼するほどにじわりじわりと甘みが押し寄せるの。



*細魚
b0118001_12142377.jpg
サヨリはピンッと張りがあり、透き通っている。春はすぐそこ。
透明感ある味わいの「しずく」とようマッチしてた。


次の皿は、店主・高畑さんがカウンター内の炭床で
じっくり焼き上げる、焼き物だ。
いつも私はスペアリブ赤ワイン風味(たれ焼)となるのだが
今回は鰆!


*さわら ふきのとう焼
b0118001_12144838.jpg
さわらの身は、驚くほど肉厚。
脂のりがよく、ほんわり、しっとり、口中で崩れゆくと共に
ふきのとうの息吹、その香りがふうわり漂う。
黄人参、胡瓜、アンディーブもしっかりおいしい。



*自家製 唐墨
b0118001_1215297.jpg
厚みのある唐墨だこと〜!
歯にねっちり絡み、濃い旨味を主張しながらも後味は甘い。
日本酒、いくらあっても足りないであろう存在感。



*白魚かき揚げ
b0118001_12151880.jpg
サクッと齧れば香りよく、ファッファ。



*牡蠣 ちぢみほうれん草 振り柚子
b0118001_12153017.jpg
ちぢみほうれん草のなかには、ぷっくり肥えた牡蠣が。
そのエキスがだしに浸透。
ちぢみほうれん草は、甘い。



*唐墨と水菜のご飯
b0118001_12154571.jpg
しみじみおいしいお味噌汁と一緒に。
自家製ちりめん山椒、細かく刻んだ金時人参も入り
こ・こ・これは、、、、と
勢いよく、箸を進ませた。
日本酒を呼ぶ、締めにしたくないご飯だ。(笑)


*苺のゼリー 金柑のジャム
b0118001_12155833.jpg
グランマニエをかけて頂きます。
オレンジキュラソーと金柑、両者の香りが広がり
清々しい後味でした。


高畑さん、そしてN社長、Tさん、
最高の夜を、ありがとうございました
そんな高畑さん、3/13(日)に素敵なコラボイベントを実施!


ANAクラウンプラザホテル京都
「トップシェフたちの饗宴」vol.8
〜「太庵」高畑 均 × 「弧柳」松尾 慎太郎 〜
produced by ジオード 門上武司
b0118001_12295778.jpg

「太庵」高畑さん×「弧柳」松尾さんという
大阪、三ツ星シェフたち、初めての“和の饗宴”。

開催日は2016年3月13日(日)。
詳細はコチラで。
夜は満員御礼、
お昼は残席わずかだそうですが、ご興味あるお方は、ぜひ!


「太庵」
大阪市中央区島之内1-21-2 山本松ビル1F
06-6120-0790
open : 17:30~21:00LO
close: 月曜


Janis Joplin- Piece of my heart

by writer-kaorin | 2016-02-21 12:32 | 日本料理 太庵 | Comments(0)  

<< 錢屋カフヱー 紅梅ダイナー @南森町 >>