天満の焼鳥屋で

5月末。この日は天満の街角にある焼鳥屋で、
東天満のカリフォルニアキュイジーヌなシェフ(笑)、N嶺くんと
プレミア食材卸のお店勤務・E藤さんたちとの語り飲み。

店名はまたの機会に。
鶏の質はもちろんのこと
火入れも塩の加減も素晴らしかった。
しかも、ありえないくらいにリーズナブル。
b0118001_7425026.jpg
まずはのビール。
千切りキャベツの付き出しで、胃を整える。


*お造り 肝
b0118001_7504781.jpg
深い甘み。
咀嚼し、鼻孔に突き抜ける風味はじつにクリアだ。



*ささみ(わさび)
b0118001_7431797.jpg
ふぁっ、むちっと、堪らんテクスチャー。
ギリギリの塩加減のおかげで、
素材本来の深い旨みがくっきり浮かび上がる。



*ねぎま
b0118001_7433133.jpg
肉の力強い味に負けじと、ネギの香りと風味がぶわっと主張。
こちらも、ギリギリの塩加減、素晴らしい。
「引きの塩使い」について、N嶺くんとエラい盛り上がった。



*せせり
b0118001_7434636.jpg
ジューシーな旨みが嵐のように押し寄せるの。



*つなぎ
b0118001_7435995.jpg
脂は透き通っていて、甘みがある。


ビール2杯の後、ハイボールへと。


*むね
b0118001_7441235.jpg
目を閉じて口に入れたら、これが「むね」とは分からないかも。
ふっくら、どこまでもしっとりしていて、
甘みや香りも強い。



*つくね
b0118001_7443361.jpg
ファッファ。繊細な質感。
タレは甘さ控えめのシャープな味わいで、
つくねの深い旨みが、ジュとして溢れ出る。


b0118001_7444773.jpg
むね、おかわり。
おいしすぎた。(笑)




*鶏スープ
b0118001_74558.jpg
疲れ果てたカラダに、まさに命のスープ。
クリアかつ深い旨みが
五臓六腑に染み渡るのだ。


b0118001_7452144.jpg
ここらで、つくねもおかわりし、
鶏ユッケほか一品ものもオーダー。


b0118001_7454376.jpg
N嶺くんを激写☆
話題は塩についての論議から、料理の話、プライベートなネタまで。
好物の焼鳥を味わい、その塩加減と焼きの技に驚きつつ
気心知れたメンツで、リラックス時間でした。



Steely Dan / Do It Again

by writer-kaorin | 2016-06-14 07:52 | =プライベート= | Comments(1)  

Commented by kura at 2016-06-17 15:09 x
かなり気になります!はやく教えてくださーい!

<< GARAGE39 Kyui @新屋シェフのお店へ >>