人気ブログランキング |

ラ ピニャータ

大阪・本町のプーリア
「ラ ピニャータ」でのおいしい夜。


お料理は、溝口シェフに全任せ。さらに。ワインは、この店の名サービス女子、
ピカちゃんことHikariちゃんが、プーリアのマニアックなワインをチョイス。
この黄金コンビのおかげで、心置きなく、お料理や会話を楽しむことができた。


*プーリア州郷土の味、前菜盛り合わせ
b0118001_23115857.jpg
パプリカの詰め物。中にはツナ、アンチョビ、卵黄からなるペースト。
海峡サーモンのマリネは、サーモン意外に筋肉質で、咀嚼しての旨さを感じる。
ウサギのテリーヌは、クリアな風味を放ち、
稚鮎のスカペーチェ(酢漬け)は、夏らしい爽快感。
パン粉と卵でミートボールに見立てた「ポルペッティ フリット」、
さらには、ジャガイモをピッツァに見立てた「ピッツァ ディ パターテ」
カリフラワーを練り込んだピットレは、生地のふわもち感たまんし、
揚げオリーブやタラッリ、懐かしい南イタリアの味。



*プーリア産 生クリームを包んだ
 モッツァレラチーズ “ブッラータ”と生ハム
b0118001_2313828.jpg
週に1度しかイタリアから入荷しないという超レア・ブッラータ。まずはそのままで。
クリーミー感この上なく、乳の濃厚かつ澄んだ味わいが押し寄せるのだ。
生ハムやルーコラとともに味わえば、、味わいの広がりがあって楽しい。
泡の後にプーリア州のロゼを。品種はネグロ・アマーロ。コクありほのかな渋みもいい。




*タコとジャガイモのピニャータ煮込み
b0118001_23132637.jpg
店名にもなっている、プーリア料理で使う鍋「ピニャータ」で赤ワイン煮込に。
タコはホロリとやわらかく、ジャガイモやトマトの旨み凝縮。
ワインを入れる量の見極めが難しいらしい。スープまで飲み干した。



*カッペリーニ 北海道の生ウニとイタリア産ボッタルガ
b0118001_23141613.jpg
禁断の味わい!
カッペリーニは極細のなかにしっかりとコシあり
咀嚼すればウニの旨み、たっぷりのったボッタルガのコクが押し寄せる。
皆、ズワイガニを食らうがごとく、無言で味わう。それくらいに印象的な味。
プーリアのソーヴィニヨン・ブラン、ぴたり。



*フェットゥチーネ ンドゥイヤと豚足ラグー カルドンチェッリ
b0118001_23144283.jpg
こちらは北プーリアのプリミティーヴォとともに。
カラブリアのンドゥイヤのぴりりとした辛味とラグーの深みと
ブロンズタイプのフェットゥチーネ、相性抜群でした。
ワインが進む。



*イタリア産 馬肉 肩ロースの炭火焼
b0118001_23151326.jpg
馬肉の火入れ、素晴らしい!


b0118001_23145838.jpg
歯ごたえあるのかと思いきや、やわらかでしっとりとした赤身。
香りも旨みもしっかりあるある。
まずはそのまま、馬肉の旨みを堪能し、
お次はタスマニア産マスタードの香りとともに、
さらには、モスタルダをちょんっと付けて、味わいの起伏を楽しんだ。


この日はイタリア談義で盛り上がり、
「ピニャータ」のプーリアな料理とワインに酔いしで、すっかり気分はイタリア!
そろそろ行かねば(笑)
溝口シェフ、ピカちゃん、ご一緒させていただいた皆さま感謝申し上げます!



「ラ ピニャータ」
大阪市中央区南久宝寺2-5-3 ときわビル1F
☎06-6226-8570
open : 11:30〜14:00LO、18:00〜22:00LO
close: 日曜
http://la-pignata.net/#id22


Sarah McLachlan - Blackbird

by writer-kaorin | 2016-07-11 23:16 | ラ ピニャータ | Comments(0)  

<< タンポポ @夏味、泡、豚玉 お好み&鉄板焼「堀川」 @堂山 >>