人気ブログランキング |

cenci -チェンチ-

平安神宮すぐそばにあるイタリアン
cenci -チェンチ-
b0118001_842386.jpg
オーナーシェフ坂本健さんには
地方ロケほかお仕事ではお世話になっているものの
プライベートでの、じっくりディナーは初。
8月のcenci夏期休暇前、待ちに待った夜。


*ペルシュウ
b0118001_843792.jpg
愛してやまない「BON DABON」のペルシュウ、24ヶ月熟成。
ファッと繊細。そして深みのある芳香と味わい。そして甘い。
練り上げたモッツァレラは、クリアでミルキー。
バターナッツと新生姜のフリットが薫る。



*茄子、無花果、伝助穴子、松の実
b0118001_8451100.jpg
さすが伝助。ぷっくりぶ厚い!ブリブリ、そして脂のりよく、
焼き茄子の風味とビネガーの酸味、
城陽産の無花果の優しい甘みが見事にクロス。
自家製ボッタルガの塩味や、松の実ソースの香ばしさがアクセント。


b0118001_85919.jpg
フォカッチャ、おいしくってつい、食べ終わる(笑


*枝豆、オクラ、フロマージュブラン、キャビア
b0118001_852531.jpg
枝豆は、昆布だしも使い葛粉でかためてるそうな。
餅のような質感のなかに枝豆の粒感。
そこに、フロマージュブランとキャビア。爽やかとみせかけて妖艶。


b0118001_854191.jpg
ライ麦使用のパーネも素朴で旨し。



*じゃがいも、ズッキーニ、ムール貝、バジル
b0118001_855930.jpg
アッツアツの温度帯、いいねー。
ニョッキはふぁふぁ不思議な質感。
そこに、石割さんとこの2種のズッキーニ。
ジェノベーゼとムール貝の旨みとが呼応する。



*西瓜、トマト、鮎、茴香の実
b0118001_86207.jpg
スイカを使ったガスパチョの冷たさと、
素揚げの鮎との温度差楽しく、
鮎内臓を使ったバーニャカウダがまった、いい仕事しているのだ。



*とうもろこし、キャベツ、七谷鴨、麹
b0118001_863599.jpg
亀岡の七谷鴨、麗しいわぁ。
身はしっとり肌理が細かく、皮目は炭火炙りで香ばしい。
この鴨、餌に米も与えているそうで。
シェフは、鴨のジュに米麹の甘みを加えた。
そこに餅米フリットのサクサク食感。計算し尽くされた皿。
龍泉刃物、やっぱり切れ味いーなー。


パスタは3種から1品をチョイス。


*ルッコラと鰯のトマトソース
b0118001_865220.jpg
こちらもアッツアツ!
トマトと鰯、旨みの嵐。
そんな鰯は風味よろしく、ルッコラのほろ苦さがよう合うてる。
シンプルかつインパクトあるパスタでした。


ドルチェは

*カンノーリ
b0118001_871076.jpg
カカオ生地に、クランベリー、リコッタ、ピスタチオ。
ブラッシュアップされたカンノーリだ。


*マスカット、デラウェア、キウイ、ミント
b0118001_873477.jpg
マスカットにビックリ!これは食べた方のお楽しみってことで♬
(シェフにレシピを教わり、家でも大成功)
そこにミントのジュレの清々しさ。



*桃、ルバーブ、アールグレイ
b0118001_874969.jpg
アールグレイのアングレーズソースと、トロリとした桃の甘み
ルバーブの甘酸っぱさが合うな。
クリームチーズを詰めたロールケーキを忍ばせていて、それがまった旨いの。


ハーブティー(レモンフレーヴァー)で〆となりました☆


素材に語りかけるように料理する、シェフの表情が浮かび上がる。
どの皿からも、そんな感覚を受けたなぁ。
緩急つけたコース展開も楽しくって、会話も弾んだアッという間のひととき。
そんなお料理の感動はもちろんだけど
手作りレンガを積み上げた内装はじめ、サービス、皿、カトラリー
目に入るもの、空間全てが素晴らしい。
秋か冬にまた、伺いたいな。



「cenci -チェンチ-」
京都市左京区聖護院円頓美町44-7
☎075-708-5307
open : 12:00〜13:30LO、18:00〜20:00LO
close: 月曜休、日曜不定休
http://cenci-kyoto.com/


Janis Joplin - Piece of My Heart

by writer-kaorin | 2016-09-08 08:08 | cenci | Comments(0)  

<< そば切り 蔦屋 @大阪・能勢 チャイニーズビストロ 明翔 >>