なかひがし 10月

ちょうど2週間前のサタデーナイト。
秋を味わいに「なかひがし」へ。


*八寸
b0118001_1081327.jpg
名残月の八寸。わらびの葉、柿の葉の上には
銀杏 卵黄味噌漬け、生栗の素揚げ
いわし、ガマズミの実(酸っぱい木の実)の焼酎漬け
モロッコインゲン豆のえごま和え、
ライスペーパーのなかには燻製にした鹿、焼き林檎、菊菜と菊花。
夏の名残ということで 鱧とみょうがの押寿司、
白無花果 きな粉酢 枝豆 穂紫蘇、
香茸素揚げ、落花生
秋の恵みを目で舌で愉しむ。



*白味噌 鹿ケ谷南瓜 きごしょう
b0118001_108264.jpg
「ハロウィンですから」とお茶目な大将。(笑)
京の伝統野菜、瓢箪型の鹿ケ谷南瓜(ししがたにかぼちゃ)は
淡白な味わいで、香りは深い。
白味噌のえもいわれぬ味わいと、バランスいいなぁ。
きごしょう、とは葉とうがらしのこと(伏見とうがらしの)。



*子持ち鮎の炭火焼 摘果みかんのジャム うるか 万願寺唐辛子
b0118001_1084248.jpg
子持ち鮎はホクホク。そこに
なかひがしのスタッフの皆さんが、
毎年、和歌山まで採りに行く摘果みかんの、ジャム。
そのどこか懐かしい香りと甘酸っぱさ、とうるかのほろ苦さがいい。
まさに馳走の心。

b0118001_1085832.jpg
「鮎の皿には、これこれ」と大将がさっと出してくれた
スイスの上等なシャスラ。
清々しい香りとふくよかな甘みが、鮎の風味、ジャムやピュレとぴたっと合った。




*鯉 薄造り
b0118001_1091210.jpg
とんぶり、名残のトマト、カタバミ、白芋、野蒜、
鯉の皮湯引き、鯉の煮こごり、鱗、花オクラなどもあしらわれ、
山椒醤油をかけて、豪快に混ぜていただきます。
ほどよく脂がのった鯉の、澄んだ風味を放ち
野草の酸味ほか、さまざまな味わいが愉しい。



b0118001_1092734.jpg
にえばな、登場。
どこまでも清々しい。米そのものの甘みを強く感じるの。



煮物椀は

*若狭グジの湯葉巻き 水菜 松茸 糸柚子
b0118001_1094016.jpg
ぎりぎりの塩加減。
松茸ほか繊細な香りがふわっと押し寄せる。
食べ進めると計算されたかのように、吸い地にグジの脂が加わる。


b0118001_1095832.jpg
ナイアガラとともに
鯖なれずし 黒皮茸と大根シャーベット、
あけび炊いたん


b0118001_10101887.jpg
続く煮炊きもの。蓋の上には、蒸し焼きにした生あずきが。


*生あずき、蓮根素揚げ、蕪、きのこあん
b0118001_10103526.jpg
しみじみ、味わい深い。
あずきは透き通った香り、とでもいおうか小粒なが存在感強いわ。



*ジビーフ(完全放牧野生牛)
 金時人参、モミタケ、クレソンと
 万願寺唐辛子のソース、紫蘇ソース
b0118001_10105068.jpg
トップには吉田牧場のカチョカバロがふわり。
ジビーフはほどよい柔らかさが印象的で、
噛むほどに、草のようなクリアな香りが押し寄せる。
放牧の牛でつくるチーズ、そして野生牛の命をじっくりいただきました。


b0118001_1011953.jpg
BEAU PAYSAGE「然り(しかり)」(なかひがしオリジナル)とともに。
カラダが喜び、全身が浄化される感覚。



*琵琶湖 大鰻
b0118001_10112571.jpg
大鰻の漬け焼き。炭火の香ばしさと、分厚い身から溢れ出る脂が堪んない。
山椒の葉やみょうが、赤タマネギほか薬味がいぃ感じに利いてる。


b0118001_10114330.jpg
糸瓜と三つ葉のおひたし。
酢に漬けたオクラの花、素揚げにしたウドの花も。



*松茸唐墨ご飯
b0118001_10115896.jpg
蓋をしたまま供され、「10秒、ちょっと待ったけ」。
そのダジャレ、この季節、待ってました!

蓋を開けるとともに、松茸の香りがぶわっと立ち上り、
唐墨の風味とコク、ご飯の甘みが、渾然一体に。



*メインディッシュ
b0118001_10121472.jpg


b0118001_10122673.jpg
めざしとご飯。
鮎のテリーヌと大根の間引き菜、お漬物とともに。


b0118001_101327.jpg
みかん風呂に入った目玉のおやじ(笑)は
バジルと豆乳のシャーベットにバルサミコ酢。
洋梨、大原で採れたマスカットベリーAも。


b0118001_10131679.jpg
ちょっとコーヒーで〆。
食後は酔いがさめるくらいのサプライズも。
和み、感動、驚きの連続。


かけがえのない時間を胸に刻み込む
美味しい、愉しい時間でした。いつもありがとうございます☆


「草喰なかひがし」
京都市左京区浄土寺石橋町32-3
☎075-752-3500
open : 12:00~13:00(L.O.13:00)
    18:00~19:00(L.O.19:00)
close: 月曜日 ※月末の火曜日も定休日
http://www.soujiki-nakahigashi.co.jp/


Three Dog Night "Joy To The World" 1972

by writer-kaorin | 2016-10-22 10:19 | なかひがし | Comments(0)  

<< 肴家いしはら @北新地 炉ばた恂さい >>