人気ブログランキング |

懐食 清水 @新ダイビル

プライベートでの訪問は初めてでした。
新ダイビルに移転した「懐食 清水」。清水さんのお店で休日の昼餉。
b0118001_7472348.jpg
K川さん、ありがとうございます☆
Mっちゃん、改めておめでとうございます☆



*天然舞茸と落花生のご飯
b0118001_7473636.jpg
落花生はホクホク、栗みたい。そこに舞茸の香り。
ホッと落ち着き胃袋、開く。(笑)



*八寸
b0118001_7475016.jpg
右下から時計回りに。
揚げた「栗の渋皮煮」はサクッ、ホロッと独特の食感、透き通った甘み。
「牛蒡と鰻」は双方の香りが口中に充満。
「アコウの煮こごり」は澄んだ旨みが広がり、

b0118001_748587.jpg
「メークインの桜海老和え」。
千切りよりも細く切られたメークインは、ふぁっふぁの質感。
秋旬の桜海老の上品な香りを纏っている。

b0118001_7481734.jpg
「クレープ 銀杏と唐墨」は、塩梅どんぴしゃ。
唐墨はねちっと、そこに銀杏が香る。



*秋鱧と毛豆のお椀
b0118001_7483235.jpg
しみじみと広がる旨み。名残の鱧は脂のりよし。
青森の枝豆「毛豆」は、わらび粉で練っていて、
もちっと感心地よく、豆の粒感と香りが堪らない。



*鰹たたき
b0118001_7485074.jpg
見とれてしまう。美しい。
甘みのある塩、あるいは割り醤油を好みでつけて。
辛子と塩、いけるなぁ。そして身はねっとり、上等な味わい。



*いくら餅
b0118001_749576.jpg
毎朝、厨房で仕込むという搗きたての餅のなかには
いくらと、いぶりがっこが!
ピュッと弾けるいくらと、がっこの食感、餅とのバランスに唸った。
これねー。もう2〜3個食べたくなる旨さ。
天然岩海苔もいい仕事しています。



*アコウのカマのから揚げ、梅干しの天ぷら
b0118001_7492184.jpg
カマは身詰まりよく、ムチッ&ジューシー。
コク旨のタレ、山椒の爽やかさがアクセント。
塩抜きして揚げた梅干し、かなりの名脇役でした。



*茗荷とじゃこのご飯
b0118001_7493792.jpg


b0118001_7494764.jpg
留椀とともに。上品な香りと味わいに癒された。



*柿のブランデークリーム
b0118001_750275.jpg
ブランデーがしっかり香り、柿がぐっとエレガントな味わいに。


この昼コースが5400円(税込)というのだから。
食後の満足感、半端でない。
吉野桧、一枚板のカウンターで過ごす、楽しい時間でした。
清水さん、ありがとうございました☆



「懐食 清水」
大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル1F
☎06-6343-3140
open : 11:30~13:30LO、17:00~21:00LO
close: 日曜
昼コース5400円、8640円、夜コース13500円(税込)


Bruce Springsteen - Working On A Dream

by writer-kaorin | 2016-11-07 07:50 | 懐食 清水 | Comments(0)  

<< Le Sucré-Coeur ... リンゴ・スターLive & e... >>