人気ブログランキング |

鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋

小浜をぶらぶらウォーキング。
鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_7523895.jpg
小春日和。空気がキレイで清々しい。
しっかり歩き、骨董屋巡りをし、
お腹を空かせて挑むは、
お気に入りの寿司屋「鮨富」での夕餉。


地物の魅力を、肴で握りで愉しませてくれる店だ。
この日も、あれこれおまかせで。
鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_752538.jpg
付き出しは、穴子の肝。
プリンと食感楽しく、あっさりとした煮汁の加減がいい。



*鯖ぬた
鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_753611.jpg
白味噌のやらこい甘みが利いた、鯖の酢味噌和え。
〆鯖とヌメリあるネギとの相性は言うまでもない。



*造り盛り合わせ
鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_7532317.jpg
ひらめ、鮪トロ、ひらまさ、アオリイカ、
さらには地元で揚がったガスエビも。
足が早く門外不出とよく言われるガスエビは、
甘エビよりも深みのある甘みだ。



*コッペ(セコガニ)
鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_7533914.jpg
こちらも小浜産。やや小ぶりながらギュッと味が詰まってる。

子どもの頃、新聞紙の上でバリバリ折って剥いて、おやつによく食べた。
コッペがに剥き選手権があったら上位にランクインされるくらい
カニ剥きには自信あるわ(笑)



*ぐじ
鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_7535451.jpg
若狭湾で獲れたぐじ(甘鯛)は焼きで。
鱗はピンッと立ってて、カリカリ。その焼き加減、素晴らしかった。
カマや頭は素揚げに。適度な油分と、焼きとは違う食感で飽きさせない。



*アオリイカのとんび
鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_7541049.jpg
とんび(イカの口)は大きく、ふっくらぷりぷり食感。
旨みがひと粒にギュッと凝縮している感じ。


鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_7542512.jpg
「これ、何やと思います?」と大将から供された
眺めているだけで酒が飲める、肴。

正解は、甘エビの塩辛だった!
甘エビを極弱火でゆっくりゆっくり炒るそうな。(ほかにも手間かかってる)
甲殻類ならではの旨みに、深い深いコクがプラスされた
究極であり至高の、酒とご飯の友。



*いくら醤油漬け
鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_7544899.jpg
自家製。削り節の旨みがいくらの甘みを引き立たせている。



さて。息子さんの陽平さんに、握っていただきましょう。
私はシャリ少なめ。


*ひらめ
鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_755825.jpg
はらりと振った塩の加減よい。
まぁるい酢加減のシャリと、
ねっとりと広がりゆくひらめの甘みと、素晴らしき一体感をみせる。



*甘鯛昆布〆
鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_755215.jpg
甘鯛の繊細な質感そのままの
浅すぎず、深すぎずの〆具合がナイス。



*ガスエビ
鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_755357.jpg
中央はミキュイの炙りに、エビ味噌のコク。
咀嚼するほどに、濃厚な甘みが押し寄せるのだ。これには唸った。



*若狭ガレイ一夜干し 炙りの握り
鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_756123.jpg
これまた懐かしい素材が、握りへと変貌を遂げているではないか。
若狭ガレイはふっくらとした身質で、
えも言われぬふくよかな香りを放つ。



*蒸し穴子
鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_7561696.jpg
ファッと瞬時にとろけゆく。まさに消える魔球だわ。


鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_756314.jpg
穴子のだし。何ともいえない上品な旨みが広がり、どこまでも滋味豊か。


鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_7565055.jpg
いくらと鮭ほぐし身で、ちょっと親子丼。



*コッペ軍艦巻
鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_757515.jpg
ほぐし身は煮つめとともに旨みを放ち、
外子のプチプチ、内子のホクホク感が堪んない。
その後、あさりの赤出汁をいただき〆。


鮨富 @小浜・行きつけの寿司屋_b0118001_7571789.jpg
はぁ〜美味しかった〜と余韻に浸っていたタイミングで、
自家製デザート・さつまいものババロアが登場し、別腹作動。
さつまいもの質朴な甘みが生きた味わいでした。



地元小浜の、この時季ならではの恵みをじっくり堪能。
こちらへ伺うと、地物の魅力はもちろん、
そこに、ひと仕事、ひと捻り施した、肴と握りが愉しめるから
足しげく通ってしまうのだ。
食後は、ご主人と息子の陽平さんと、いろいろお話しができ、
時間を忘れるくらいに楽しい夜でした。


「鮨富」
福井県小浜市小浜広峰83-1
☎0770-53-0337
open : 12:00〜14:00、17:00〜21:00
https://www.facebook.com/sushitomi2



Paul McCartney - Helter Skelter (Live)

by writer-kaorin | 2016-12-05 07:50 | 鮨富 | Comments(0)  

<< ガスビル食堂 @正統派洋食と絶景と 北浜にくや @七輪炭火焼肉 >>