人気ブログランキング |

Ñ エニェ @12月

Merry Christmas! & Happy holidays to all !

とかいいつつ今日はこれから撮影のお仕事☆

さてこの日は、堺筋本町のスペイン「Ñ 〜エニェ〜」 へ。
全15品からなる、砂田シェフワールドの幕開けは<Snack>より。


*むらさき芋のチップス
Ñ エニェ @12月_b0118001_7382348.jpg
塩味ほどよく、ほんのり甘みが広がる。



*白海老と金時人参 キャビアのカクテル
Ñ エニェ @12月_b0118001_7383679.jpg
白海老とキャビアの、甘みと塩味のコントラストよく
ピュレにした金時人参の大地の甘みが優しく響くの。


<Cocktail>は
2種よりチョイス。私は「ル レクチェのスカッシュ」を。
Ñ エニェ @12月_b0118001_7385051.jpg
西洋梨の一種・レクチェはしっかりと完熟感があり、
エスプーマの泡が舌の上で踊る。



<Pintxos>ピンチョスは3種。
Ñ エニェ @12月_b0118001_7391528.jpg



*スキャンピ海老の低温調理 松の実のプラリネ
Ñ エニェ @12月_b0118001_7392818.jpg
海老の火入れドンピシャ。
殻からとったエキスは乳化し、濃厚な旨みを蓄えていて
そのソースが染んだカリカリのパンが、名脇役なの。


*サバ アボカド オニオンヌーボーのバーガー
Ñ エニェ @12月_b0118001_7394320.jpg
軽く〆たサバ(和歌山産)は脂のりよく香りもいい。
アボカドクリームのコクが、自家製バンズとサバを結びつける。


*舌平目とちぢみホウレン草のコカ アリオリのグラティナード
Ñ エニェ @12月_b0118001_739562.jpg
スペイン版ピッツァ「コカ」の香ばしさ、好きだわ。
舌平目は繊細なテクスチャー。甘みを増したホウレン草が重なり、
アリオリが確かに、グラタン風だ。



<Tapas>
*マルティーニのジュレとペドロヒメネス風味
Ñ エニェ @12月_b0118001_7402195.jpg
「エニェ」のおいしい定番。
マルティーニのアルコール感と香りで、ジュレはぐっと大人味。
ムース状のクリームチーズからはペドロヒメネスの芳醇な香り。


Ñ エニェ @12月_b0118001_7403699.jpg
リオハの白「Vina Muriel Blanco Reserva」。
柑橘系の果実の香り心地よく、酸のバランスがいい。


Tapasの2品目は

*鳴門金時のエスプーマとトリュフ
Ñ エニェ @12月_b0118001_7405248.jpg
鳴門金時の素材感をぐぐっと引き立たせる
少量の塩使い、さすがだ。
質朴な甘み、滑らかな舌触りに、トリュフが品良く香る。


Ñ エニェ @12月_b0118001_741683.jpg
香り高く、味わい深く。


<Platos>主菜は5品

*スペイン産ウサギとワサビ菜のサラダ仕立て
Ñ エニェ @12月_b0118001_7412263.jpg
モモ肉テリーヌは、緻密かつしっとりとした身質。
アーモンドやトマト、赤ピーマン、ニンニクなどからなる
ロメスコソースのコクが、主素材を引き立ててます。



*白子 セコ蟹 赤ネギのグラティネ チャングーロ仕立て
Ñ エニェ @12月_b0118001_7414073.jpg
クリーミーな白子に、濃厚な味わいのセコ蟹という禁断の組合せ!
両者の深い旨みが押し寄せ、パン粉のカリカリ食感がいぃアクセント。
バスク郷土の味「チャングーロ(蟹)」の料理を昇華させた一品とのこと。


Ñ エニェ @12月_b0118001_7415346.jpg
カウンター前のプランチャで焼き上げる、そのシーンに目が釘付け。


*ババァのスープ仕立て
Ñ エニェ @12月_b0118001_74211100.jpg
以前、鳥取ロケで味わって以来、久しぶりのババァ!
ババァとは日本海の珍魚(?)、深海魚のタナカゲンゲのこと。
表面は香ばしく焼かれ、肌理は細かく繊細。つるっとした食感も楽しい。
百合根の質朴な甘みに通ずる、クリーミーなスープとともに。



*ガリシア産 栗豚の低温ローストと
 モンサンミッシェルのムール貝
Ñ エニェ @12月_b0118001_7425390.jpg
海と山の出会い。栗豚はほろり崩れゆく柔らかさで、
ムール貝のミネラル感とうま味が優しく重なり合う。



*ウズラの詰め物 和牛ミンチとフォアグラ
 シェリービネガー ソース
Ñ エニェ @12月_b0118001_743797.jpg
濃厚で複雑な味わいのハーモニー。
ビネガーで締まりある味わいに。



料理のラストは<Arroz>米料理
*白バイ貝と小松菜のアロスクレモソ
Ñ エニェ @12月_b0118001_7432291.jpg
米粒ひとつひとつにバイ貝のエキスが絡み
ホッと心和む味わいだ。


<Postre>デザート
*ホワイトクリスマス
Ñ エニェ @12月_b0118001_7433788.jpg
グレープフルーツのシャーベットに、
アマレットのメレンゲ。ヨーグルトをスープ仕立てに。
メレンゲの甘やかな香りに、ヨーグルトの爽やかさ、
そこにグレープのほろ苦さで、清々しい一皿。


アミューズ、タパス、主菜、米料理、デザート…と
全15品の緩急あるコース展開。それらは
砂田シェフがスペインで身につけた技と、
日本ならではの冬の恵みがクロスし
新しくもありどこか、日本人の琴線にふれる味わいでした☆
砂田シェフ、ありがとうございました☆


「 Ñ 」 〜エニェ〜
大阪市中央区安土町1-6-3 エステムプラザ本町クロス1F
☎06-6265-1420
open : 11:30〜13:30LO(土日のみ)、18:30〜20:30LO
close: 月曜
コース昼¥5,000、夜10,000(税別)
https://www.facebook.com/enye.cocina



The Mamas And The Papas - California Dreamin'

by writer-kaorin | 2016-12-25 07:46 | N エニェ | Comments(0)  

<< ゴロンドリーナ @北新地 中国菜 火ノ鳥 >>