PANE e VINO @イタリア各地のおいしい旅

この日は、友人である某チームの日本代表コーチたちと
インターナショナルな夜 @PANE e VINO
b0118001_12523955.jpg
プロセッコで乾杯!
話題はアクティブな趣味ネタから2020年のオリンピックまで
アスリート談義に花が咲く。なーんて書いてるとウズウズしてきた。
今週末、走りに行こう。ロードバイクかジョギングのどっちかで。



●魚介の前菜盛り合わせ
b0118001_12525662.jpg
テンション上がるこの盛り合わせ!ナポリにタイムトリップだ。
長崎産「ハガツオのカルパッチョ」はサルサヴェルデやボッタルガとの相性宜しく
「ホタテ」や「ボタンエビ」はねっとり甘い。
「ヒラメのマリネ」の身はじんわり甘く
「淡路の小エビ」や「琵琶湖のハス」はフリットミストで。初ハス、こりゃ旨いな。
「バッカラのクロスティーニ」や「マグロのポルペッティーノ(肉団子)」、
「シチリア産オリーブ」に、泡と別オーダーのビールが進む進む。
そして、「淡路のイイダコ」は飯持ち。ぷっくり柔らか、味があるわ。


b0118001_12531005.jpg
フレッシュでしっかり味がある魚介たちばかりで嬉しくなる。



b0118001_12532382.jpg
自家製パン。相変わらず、しみじみおいしくって
ピッツァやパスタがくる前に、ペロリ完食となるワケ。



●ハム・サラミ盛り合わせ
b0118001_12533559.jpg
「サン・ダニエーレの生ハム」にはじまり
「テスタ・ディ・マイアーレ」(豚の頭部肉の煮こごり)に
「フィノッキオ入りサラミ」、「コッパ」とワインを誘うアテ揃いだ。


b0118001_12534886.jpg
プーリア産チーズ「ブッラータ」もドドーンと。
このたまらなくミルキーで濃厚な味わいに、もうメロメロ。



●ニョッコ・フリット
b0118001_12540133.jpg
エミリア=ロマーニャ州、モデナの名物である「揚げパン」。
地方によって呼び名が違うんだけど、
サクモチの後に広がる粉の素朴な甘み、いぃねー。
中が空洞になってて、先の生ハムやサラミを挟んで味わう。
スナック感覚で、これまたやめられない止まらない。



b0118001_12541320.jpg
こちらは「ギアラとレンズ豆の煮込み」。
レンズ豆はホコホコ。ギアラ(牛の第四胃)は風味キレイで
噛みしめるおいしさがある。




●マルゲリータ
b0118001_12563849.jpg
じゅるモチサックリ。
(ソースがじゅるり、程よくもっちり、生地サックリ)
じつにジューシーで、歯切れよく軽やかだから
まるで飲み物のようにすいすい食べてしまう。


b0118001_12565549.jpg
赤をボトルで@アリアニコ
タンニン豊富ななかに酸味しっかり。時間の経過とともに、まぁるい味わいに。



●プロシュート・エ・ルッコラ
b0118001_13431635.jpg
ルッコラの苦味と、プロシュートの塩気が
歯切れのよい生地の甘みを持ち上げている。
ピッツァの熱でじわっと溶け出したプロシュートの脂、その甘みがいいんだ。



●コシオレ海老とハマグリのトマトソースのリングイネ
b0118001_13434109.jpg
コシオレ海老は、シャコ、いやそれ以上の
強い旨みと甘みを蓄えている。ハマグリのエキスも溶け込んだ
インパクト大のトマトソースがリングイネに絡む。

このリングイネも、魚介の前菜もそうだけど、
ナポリ「Da Dora」の夜を思い出すわ。




●トルテリーニ 生ハムのクリームソース、タルティーボ、菜の花
b0118001_13442279.jpg
詰め物パスタ。中にはミンチ状の豚肉ほか肉類が入り
クリームのコク、菜の花のほろ苦さ、生ハム…と味わいに起伏があって楽しい。
タルティーボの苦味ですきっとリセット、そしてまた一口。
そう、タルティーボがえぇ仕事してたのでした。



ナポリでしょ、プーリアに、
モデナの味わいもそうだし、イタリア各地を旅した気分。
でもってやっぱり、ナポリ行きたい症候群が…。
という私は単純なもので、この日、夢の中に、
ヴェスビオ山とナポリ湾の雄大な景色が出てきたのでした。(笑)



「PANE e VINO」(パーネェヴィーノ)
大阪市北区曽根崎1-1-16
☎06-6365-8456
open : 18:00〜23:00
close: 日曜、祝日
http://panevino2000.jimdo.com/



U2 I Still Haven't Found What Im Looking For


by writer-kaorin | 2018-02-26 13:50 | PANE e VINO | Comments(0)  

<< 日本料理 翠 @ミナミの愉悦 パセミヤ @ゆるりと過ごす日曜夜。 >>