人気ブログランキング |

ビストロ プルミエ @北海道ホワイトアスパラ会 2018

ちょうど一年ぶりの再訪。
八戸ノ里「ビストロ プルミエ」へ。

北海道勇払郡安平町のアスケン(アスパラ研究会)から届いた、
ホワイトアスパラガス尽くし、のコース料理をいただくために☆
サタデーナイト、毎度な皆が集った。
b0118001_19284090.jpg
ぶっとい!この存在感、堪らん。
ちなみに今期のホワイトアスパラガスの予約は、終了したのであしからず。


b0118001_19293026.jpg
「Cattier Blanc de Blanc Brut Signature」でシャン杯☆


b0118001_19294087.jpg
アミューズは「ホワイトアスパラのフランとピクルス」。
フランは肌理が細かく、アスパラの優しい甘みが広がり、
シャキッと食感のピクルスは、やわらかな酸味で後味さわやか。


●ホワイトアスパラガスの冷製と生ハム
b0118001_19300851.jpg
レモンと塩を加えてボイルしたアスパラを冷製に。
芋に通ずるホクホクとした食感に驚き、なんとまぁ透き通った味わいだこと。
生ハムの塩味が、アスパラの甘みを際立たせていた。



b0118001_19302197.jpg
「Eric Rodez Blanc de Blancs N.V.」
フルーティーな香りながら、潔いくらいキレのある酸、めっちゃタイプ。



b0118001_19303123.jpg
潔い一品だ。湯がきたての「ホワイトアスパラガス」は
高貴とさえ思わせる甘やかな香りを放ち
とんろ〜りとしたテクスチャーに、目を細めるしかできない。
ほかの皿と同様、エグみが全くないの。名残に近い時期だというのに。



●ホワイトアスパラガスのポタージュ
b0118001_19304272.jpg
えも言われぬ、優しいうま味と共に
ナチュラルな甘みがじわりじわりと。ひと口ごとに、嬉しいため息。



●真鯛のポワレとホワイトアスパラガス ヴァンブランソース
b0118001_19312477.jpg
少量のアスパラの水分で蒸し煮にした、
真鯛の熱の通し方が素晴らしすぎる。
むちっと豊満、しなやかな身にうっとり。
ヴァンブランソースの軽やかなコクにより、
アスパラの旨み、程よい苦みが浮かび上がる。



●ホワイトアスパラガスのローストと
 兵庫県産 黒毛和牛フィレ肉のグリルと
b0118001_19314132.jpg
緩急つけたコースの流れにより、アスパラは徐々に表情を変えていく。
フィレ肉の旨み、赤ワインソースのコクと対峙するアスパラは
ぐっと甘みを蓄え、心地よい苦みとメイラードな味わいが重なり合うのだ。



●ホワイトアスパラガスのバターライス
b0118001_19315322.jpg


b0118001_19320342.jpg
なんとまぁ香り高いことか!。そのアスパラのエキスが浸透した
バターライスは、生米から作っているそうな。パラッ、さらっとしているから、
満腹忘れていくらでも食べられそうでした(笑)


b0118001_19342888.jpg
デセールは、パリ土産のマカロンを♪
「ル・マン24時間レース」からこの日の夕方、帰国した
Kスケさんのパリ土産。あざっす!
紅茶とともに、しみじみ美味しくいただきました。


“ホワイトアスパラガス尽くし”のコース料理は
一皿ごとに表情の違う、アスパラの味わいを存分に堪能した夜でした。
Kスケさん、皆さん、一瞬会えたS宮アニキも w
ありがとうございました☆
オーナーシェフ鈴木晶史さん、マダム・忍さんに
いろいろと近状報告もできて嬉しかったなぁ。

「当たり前のことを当たり前にちゃんと作るだけ」と鈴木シェフは言うけれど
確かな技をもって、質の高い料理を提供し続けておられる。
下町情緒漂うこの地で、そんな鈴木シェフならではのフランス料理を
気軽にいただける、地元の人たちがうらやましい。



「ビストロ・プルミエ」
東大阪市下小阪5-6-7
06-6727-2123
open : 11:30〜14:00、17:30〜21:00(土・日曜、祝日12:00〜22:00)
close: 水曜
https://www.facebook.com/2000premier/



「ロックの殿堂入り」を果たした彼らが、5年ぶりに日本へ〜!!
これは行かないとね♪♪♪
http://bonjovi-japantour.com/

Bon Jovi - Wanted Dead Or Alive


by writer-kaorin | 2018-06-25 19:35 | ビストロ プルミエ | Comments(0)  

<< Kamoshiya Kusum... 紅梅ダイナー @南森町の西洋食堂 >>