黒毛和牛 焼肉処「哲」 @哲&春鹿の会

ようやく伺うことができた。もうほんまに念願でした。
「黒毛和牛 焼肉処 哲」
b0118001_21234753.jpg
じつは我が家のご近所さん。
何ならジョギングで帰れる距離だ(笑)


この日は「哲&春鹿」会へ参加。

言わずと知れた奈良の銘酒「春鹿(今西清兵衛商店)」と
「哲」ならではの極・黒毛和牛が織り成す
めくるめく美酒佳肴(肉)を楽しもうというワケ。


「春鹿」の今西清隆社長、素敵な企画にお声がけいただき感謝です!
b0118001_21240400.jpg
「春鹿 しろみき 純米大吟醸 活性にごり」で乾杯☆
キメの細かい泡が立ち上る。口に含めば微発泡の清々しさに続き
白濁のクリーミーさ、品のある甘やかさがふうわりと。


メンバーがまた個性派揃いだった。
世界に名を轟かす「パティシエ エス コヤマ」の小山進シェフ、
オペラ歌手、TV関係、名医、美女、フードファイター、
毎度お世話になりまくりな街の大先輩方はじめ
堺・鳳「ホルモン処 おさむちゃん」おさむちゃん&めぐさんご夫妻の姿も。
乾杯で、ボルテージは最高潮。



●ナムル盛合わせ
b0118001_21242038.jpg
いずれも素材感ある、端正な味わいだこと。


●黒毛和牛 塩煮込み
b0118001_21244217.jpg
ほろり崩れゆく肉の、噛むほどに広がる旨み
さっぱりしながらもコクを感じる煮汁、そこに一味がぴりりとアクセント。
「春鹿 しろみき 純米大吟醸 活性にごり」が万能選手なの。
シュワシュワとした軽快な口当たりだから、どの一品ともぴたり寄り添ってくれる。



●哲炙りステーキ -マルシン-
 タン刺し
 ハラミ刺し
b0118001_21252829.jpg
マルシンは濃厚な旨みを撒き散らしながら、スーッと溶けゆく。
そしてタン炙りは、トゥルンと心地よいテクスチャー、
ハラミ炙りはぐっと力強い味。



●イチボ 握り
b0118001_21255062.jpg
はぁ〜感動の溜め息。何というか、凛々しいのだ。
イチボは、ほのかに甘い香りを放ちながらサラリと溶ける。
まろやかで、驚くくらい口当たりが良い。




「春鹿 純米吟醸 吟麗」
b0118001_21260676.jpg
米そのものの味わいに凝縮感がある。
しかも喉通りがよいから、杯が進むのです。
この後、春鹿と焼肉との相性に唸ることとなる。



b0118001_21262309.jpg
目の前にはこの方のお姿!
「哲」で「おさむちゃん」に焼いてもらえるやなんて…。
嗚呼、これは夢か幻か。
おさむちゃん、本当にありがとうございました☆


b0118001_21263760.jpg
いつもの「おさむちゃん」節、炸裂で、皆の笑顔がたえないわー。


b0118001_21264842.jpg
黒毛和牛のタンは、舌の上でトゥルンと跳ねた!そして上品な甘さ。



b0118001_21270310.jpg
タンツラ、こちらはブリンッと小気味よい食感。
ピュッと弾ける脂のコクが堪んない。


b0118001_21271642.jpg
キムチも凛としてるの。辛味のなかに、上品な旨みを感じる。



●イチボ
b0118001_21273816.jpg
はぁ〜何度目の溜め息だろう。見惚れてしまう。


b0118001_21274993.jpg
濃厚な味ながら、脂はサラリとしている。
この後に続く肉もそうだが、
「哲」の黒毛和牛は、いずれもひつこさとは無縁の
すきっと端正な味。タレも同様に。
だから、ふくよかで上品な味わいの「春鹿 純米吟醸 吟麗」との相性に
ただただ驚くばかり。もう唸りっぱなし。



●サガリ
b0118001_21280255.jpg
香りよし、比較的あっさりとした味わいの「サガリ」に続き




●ハラミ
b0118001_21281347.jpg

b0118001_21283335.jpg
旨み凄い。でもタレが主張しすぎないから
肉そのもの味をしっかり感じるのだ。こちらも後味にキレがあるので
「純米吟醸 吟麗」と絶妙なハーモニーを奏でる。

「素材の良さはいうまでもなく
 もみダレとつけダレのバランスが、キーポイントやね」とは、おさむちゃん。
 その後、肉&タレ談義。めっちゃ勉強になりました。



b0118001_21285043.jpg
やらこくて、どこまでもジューシーな「カイノミ」や



●ハネシタ
b0118001_21291133.jpg
b0118001_21414123.jpg
ハネシタは香りに厚みがある。
そして、どこまでもクリアな旨みが広がるのだ。


b0118001_21293967.jpg
「春鹿 木桶 四段仕込み 純米生原酒」とともに。
米そのものの甘みを感じる、まろやかな口当たり。
それでいてスキッとしたシャープさがあるから、
力強い味わいの肉とグラスが行ったり来たりとなるワケで☆



●葱ツラミ
b0118001_21295257.jpg

b0118001_21300215.jpg
おさむちゃん、もうほんまにありがとうございます!!(肉焼き)
お肉に語りかけながら、ほんま楽しそうに肉焼きをするその光景に、
こちらまで幸せな気分になるの。


b0118001_21301419.jpg
しなやかな肉質。心地よい噛み応えで、濃厚な味。
ひと仕事施された葱の香りや食感と、ぴたり寄り添う。



●コメカミ
b0118001_21302482.jpg
希少部位、続々でした。食べる&トークに集中しすぎて
焼き画像撮り忘れだけれど(笑)
噛みしめるほどに肉々しく、濃厚な旨みがじわじわ滲み出た。



b0118001_21303953.jpg
「サンドミノ」の、ほのかに広がる甘みと、コク深いタレとのバランスに唸り




b0118001_21310129.jpg

b0118001_21310930.jpg
アカセン、上テッチャンで、ぷっりぷりの食感を楽しむ。



b0118001_21312723.jpg
「中落ちカルビのネギトロ丼」や


b0118001_21313756.jpg
滋味深く、じつにクリアなテイストの「テールスープ」


b0118001_21315386.jpg
そして、スキッとした味わいの「冷麺」で〆となりました☆



嗚呼、「哲」さんめっちゃご近所なのに、なんで今まで
おじゃまするタイミングを逃しまくっていたのか、と自分を悔んだ夜(笑)
だからこそ今後、休日肉気分のときは、頻繁におじゃましそう。

そして、「哲」の極みの肉料理&希少部位多発の焼肉と「春鹿」との共演は、
味わいのバランスしかり、香りのハーモニーしかり
目から鱗な発見がじつに多かった。



「哲」の店主・こうろてつやさんを囲んで全員集合☆
b0118001_21334292.jpg
今西社長、こうろさん、そして毎度な皆さん〜
ありがとうございました☆




「黒毛和牛 焼肉処 哲」
大阪府吹田市江の木町3-11 第3ロンヂェビル1F奥入ル
06-6339-2299
open :12:00〜14:00(日曜のみ)、17:00〜23:00LO
close:月曜(祝日は営業、翌火曜休)
http://yakiniku-tetsu.jp/


最近、雨が多いからしょっちゅう聴いてしまう♪
CCR / Have You Ever Seen The Rain?


by writer-kaorin | 2018-09-26 21:45 | 黒毛和牛 焼肉処 哲 | Comments(0)  

<< アル・リコルド @音とワインに... すし処 鮨富 @地物の凄み >>