祇園 一道BBQ @錢屋サロン

祇園の鉄板割烹「祇園 一道」。 
店主・関孝明さんによる恒例のBBQが、
上本町「錢屋サロン」で開催された。 
b0118001_09322470.jpg
待ちに待った、日曜昼下がり。 



b0118001_09325162.jpg
(photographed by ザッキー)


●吉田牧場「モッツァレラ」 海苔佃煮 山葵
b0118001_09330101.jpg
海苔と山葵の鮮烈な香りにより、
モッツァレラの深いコクが際立つ。
(photographed by 関孝明)



●鰆焼霜 銀杏 唐墨
b0118001_09331259.jpg
(photographed by 関孝明)
サワラは脂のりよく清々しく
自家製カラスミの絶妙な塩梅、飲ませるわ。



b0118001_09332614.jpg
b0118001_09333969.jpg
日本酒やワインもわんさか。昼酒万歳。


●Leo 2017 京都 S 純米大吟醸 (京都・伏見/東山酒造)
b0118001_09371847.jpg
かなーりかなりレア!
言わずと知れた「Clos Leo(クロ・レオ)」の醸造家・篠原麗雄さんが醸す
サケレオ、なファーストボトルもお目見えだ。



●伊勢海老のテルミドール風
b0118001_09373191.jpg
伊勢海老の殻に、火入れした身を敷き詰め
百合根をベシャメルソース代わりに。そして自家製カラスミをどっさりと!
ソースのピュアな甘み、カラスミのコクある塩味により
海老の濃厚な甘みがぐぐっと持ち上がる。



●鮑とその肝 雲子 大徳寺納豆 木の芽
b0118001_09374221.jpg
これまた酒プリーズな逸品だこと。
肝ソースが絡む身は、濃厚な味。
雲子のソースが味わいに深みを与え、木の芽が薫る。




●ホッキ貝とハマグリの貝汁
b0118001_09375303.jpg
W貝汁。じわ〜っと、優しくも深く広がりゆく清らかなうま味、堪んない。
肝臓が元気になりそうな感覚。(まぁ私のγGTPは11ですがw)
しかもだ、レオさんの日本酒が主張する
山田錦の甘やかな香り、ふくよかな旨み、
そしてスッと馴染む美しい酸と清らかな後味が
この貝汁と素晴らしい相性をみせた。



b0118001_09380451.jpg
このウニの量!壮観!
左は麺に和える用、
ということは・・・


b0118001_09381629.jpg
「ウニ和え麺 on the ウニ」!!!
濃厚な甘みと海味に、ただただ陶酔。
酢橘を絞れば、和の酸味でぐっと締まりある味わいになり、
ウニのクリアな風味が引き立った。


驚きはまだまだ続く。
b0118001_09382787.jpg


b0118001_09383634.jpg
「近江牛ウチヒラ」


b0118001_09384675.jpg



●近江牛ウチヒラ 塩 ニンニク 山葵
b0118001_09390048.jpg
プルンと跳ねるようなテクスチャー。
あっさりとしていながら、
噛むほどに濃厚な旨み、清々しい甘みが広がりゆくの。
塩と山葵とニンニクというシンプルさがいいね。



b0118001_09392435.jpg
「近江牛ウチヒラ ネギ ポン酢バター」にも唸った!
ぽん酢とバターの相性、なんて良いんだ。


b0118001_09393415.jpg
次はどっさりの松茸を、アレしてコレして


●松茸すき焼き風
b0118001_09395381.jpg
葛でとろみをつけた割り下風タレと
どっさりの松茸で
肉が見えない(笑)
その香り、味重ねは想像以上のものでした。



b0118001_09441312.jpg
その後、〆の炭水化物へと。


●焼き飯
b0118001_09443313.jpg
(photographed by ザッキー)
厚切りベーコンやウチヒラ、キムチやニンニクほか具だくさん。
〆のはずが〆にならず、またもや赤ワインを呷る。もうへべれけ。


b0118001_09445071.jpg
美女軍団🎶テラストーク飲み楽しかった!

鉄板の魔術師、関さんによるBBQは
年々、パワーと凄みを増している。その味わいと驚きと、
毎度な皆さんと過ごす楽しい時間に
テンション上がりっぱなしな、日曜のひとときでした。
しかし不休不眠で飲みすぎて想像以上のへべれけにw反省ーw
ありがとうございました☆



Swing Out Sister
Breakout & Forever Blue Ft Level 42
Prince's Trust 1989




by writer-kaorin | 2018-11-04 09:59 | 祇園 一道 | Comments(0)  

<< gucite @シェフに身を委ねて 備中倉敷葡萄酒酒場 >>