人気ブログランキング |

すし処 鮨富 @冬の名残と春味求めて

地元・小浜の鮨屋「鮨富」にて
冬の名残と春の兆しを愉しむ夜。
b0118001_20061298.jpg
運動後だったから、ビールがこの上なく旨い。
単品注文が主の鮨屋だけれど、私はいつもおまかせをお願いする。


●メジマグロと谷田部ネギのさっと煮
b0118001_20063972.jpg
小浜で揚がったマグロ。しっかりとした身質だ。
厚みあり甘みしっかりの地元の伝統野菜・谷田部ネギがマグロに負けじと主張。



●小浜産 天然トラフグ
b0118001_20065095.jpg

b0118001_20070187.jpg
イカってて、しっかりとした歯ごたえ。この鮮度、地元ならでは。
淡白ながらも、噛むほどにフレッシュな旨みが広がる。



●イバラモエビ
b0118001_20105367.jpg
日本海の底引きやカニ籠に混ざる、ズワイガニに勝るとも劣らない影の実力者。
甘エビにはない、濃厚な甘みにビックリ!ミソも強烈な旨み。
獲れる量は非常に少なく、しかも足が早いから門外不出。幻のエビと称される。



b0118001_20110846.jpg
隣町で醸されている、早瀬浦「浦底」があるやないの。
てことで、この酒で通すことに。
うすにごり、ふくよかな甘みを感じさせつつも美しい後味。



●若狭ガレイ塩焼き
b0118001_20112826.jpg
繊細な身は香りよく、ふっくら。
DNAに響く懐かしの味だ。頭は片栗粉を付けて揚げてるから
バリバリ、酒のつまみに最高。



b0118001_20114374.jpg
天然葉ワサビの醤油漬け。鮮烈な辛味が堪らん。



●穴子 白焼き
b0118001_20115662.jpg
もちろん地元産。煎り酒と一緒に。
ふぁっふぁで、煎り酒のうま味が、身の高貴な甘みを引き立てる。
薄味が付いた肝は風味清々しく、じつになめらか。



●自家製からすみ
b0118001_20121921.jpg
酒がどうにも止まらない。



●ブリカマ煮付け
b0118001_20123654.jpg
ささがきにした素揚げゴボウと一緒に。
小浜産のブリ。そのカマは
ムチッと程よい弾力を感じつつ、ほろり蕩けた。



●たけのこ天ぷら
b0118001_20124879.jpg
地元・勢浜産。春の香りを撒き散らす。



握りへと続く。
b0118001_20130265.jpg
伝統工芸・若狭塗の盛台。小浜市の「加福漆器店」より。
側面の技法が、若狭塗ならではなの。
あわび貝や卵殻・金箔などを入れ、漆を塗り重ね、研ぎ出すのだ。



●平目
b0118001_20131481.jpg
心地よい弾力。旨みがじわりじわりと。



●平目 えんがわ
b0118001_20132421.jpg
コリッと感心地よく、脂の甘みじんわり。米の甘みと和音を奏でる。



●ヤリイカ
b0118001_20160931.jpg
さくっと歯に当たったかと思えば、ふわっと。
シャリとともにほどけた。



●ヤリイカ ゲソ
b0118001_20162170.jpg
プリックリッとした食感。海老塩で甘みがぐぐっと持ち上がる。



●ぶりトロ
b0118001_20180576.jpg
ぶりも小浜産。清らかな脂が、まぁるい酸味のシャリと交わり、
蕩けて消えた。



●メジマグロ ヅケ
b0118001_20183384.jpg
すきっと端正。さっぱりとした旨みが印象的。



●中トロ
b0118001_20184845.jpg
クリアな脂と清らかな香り。



●トロ
b0118001_20190563.jpg
まったり深い旨みが押し寄せたかと思ったら、消えた。



●〆鯖
b0118001_20191730.jpg
浅めの〆加減につき、酸はまぁるく
脂がじわり滲み出た。



●白バイ貝
b0118001_20194420.jpg
さっと炙りで。甘みに凝縮感があるわ。



●ハタハタ一夜干し
b0118001_20195891.jpg
ほんのり温いハタハタ、ぷるんとした身は優しくも深い旨み。
米粒の甘みとともにほろほろほどけた。小浜、名残の味。



●若狭牛イチボ
b0118001_20201497.jpg
藁の燻香がほんのりと。
肉そのものは香りよくしっかり味がある。
すっと歯切れがいいから後に残らない。



●三国 甘海老
b0118001_20210468.jpg
卵がプチプチ弾ける!甘み濃い〜。



●三方五湖 白魚
b0118001_20215385.jpg
プリンプリン。艶やかでいてホロっとした苦みもあり
大葉と生姜で後味清々しい。



この後、マダコの桜煮が登場。
b0118001_20220712.jpg
「京都・北山「もり川」の大将にタレを分けていただきました」と
二代目・島川陽平さん。
まったり奥深いタレ、マダコの味と馴染み、心地よい香りが広がる。



●煮穴子
b0118001_20225246.jpg
ふぁふぁ、繊細で深い味わい。瞬時に消えた。



b0118001_20234013.jpg
抹茶のババロアをいただき、〆となりました。



地方鮨の醍醐味は、この地ならではのネタの力強さにあると思う。
「鮨富」は、鮮度はもちろん、それにあぐらをかくことなく
丁寧な仕事をも感じさせてもらえるのが嬉しいのだ。
しかも生まれ育った場所。DNAに響く、味わいと香りに癒されたのでした。




「鮨富」
福井県小浜市小浜広峰83-1
☎0770-53-0337
open : 12:00〜14:00、17:00〜21:00
close: 月曜
https://www.facebook.com/sushitomi2


Jimi Hendrix - Hey Joe




by writer-kaorin | 2019-04-11 09:03 | 鮨富 | Comments(0)  

<< 聴雪庵 @音楽とナチュールに酔... 焼肉 政ちゃん @レジェンドな... >>