人気ブログランキング |

吾一 @その焼き技に惚れた。

超予約困難と名高い、焼き鳥屋「吾一」。
b0118001_14284328.jpg
堂山から19年7月、肥後橋に移転。
ラウドな以前の店とはうって変わって
シュッとした店内はL字カウンター15席。

ずっと行きたいと思いつつ、タイミング合わず、
じつは初めましての吾一さん。念願の夜でした!


b0118001_14294154.jpg
ご常連Sさん、毎度ほんまおおきに。
冷えたビールで喉を潤し


●コールドプレスジュース
b0118001_14295384.jpg
「お客さんのカラダを気遣い」的、一品。嬉しいなぁ。
リンゴ、レモン、ニンジン、ビーツ。
健康的飲酒。嬉しいなぁ。思わず酒のピッチ進むわ(笑)



b0118001_14300977.jpg
キャベツもしみじみ旨い。
「このドレッシング、持ち帰りたいね」とはKちゃん(笑)



料理は移転後、おまかせコースになったそうな。
これがまぁお酒も含め、狂喜乱舞(は言い過ぎかもだけれど)に近い、
質の高さだった。しかも良心的だし。



●もも たたき
b0118001_14302631.jpg
皮はバリリッと食感よく
芯部は、艶っぽさと清々しい旨みを蓄えている。

まずはそのままじっくり味わい、お次は岩塩と山葵で。
後半は柑橘きかせた漬けダレとともに。
鶏の造りをあまりいただかないワタシにとっては嬉しい一皿目。


しかも、吾一さんらしい
“焼き”に照準を定めたであろう、コースのはじまりに
期待感めっちゃ膨らむ。


●ハイボール
b0118001_14304241.jpg
ウイスキーは、ホワイトホース。いやぁ、侮れないおいしさ!
甘やかな香り、ドライなニュアンスありつつ、ほのかなスモーキー香。
我が家の家飲み普段酒に、このウイスキー殿堂入り(笑)



●そり
b0118001_14310744.jpg
もも肉の付け根。ソリレス。
ふくよか。軽く歯を入れただけでじゅわり、肉汁溢れ出る。



●はつ
b0118001_14312425.jpg
ぷっくり思いの外、ジューシー。
ハツなのにハツでないようなこのウルウル感、堪んない。



●玉煮と肝煮
b0118001_14314175.jpg
吾一ならではのこのビジュアル!眺めながら飲めるわ(笑)
玉煮のテクスチャーはご覧の通り。濃厚なエキスとやや甘めのタレとの相性、抜群。
白肝のほうは、どこまでもなめらかで、ピュアな旨み、迸る。



●むね
b0118001_14315273.jpg
ハツ同様、別次元。
クリアな肉汁を閉じ込めた、艶っぽさがあり、
濃い旨み、炸裂。


●きも
b0118001_14320609.jpg
プルプルでいてトロリッ。この質感、ちょっと衝撃的。
火は入っているものの、限りなくレアというか。
口中ですーっと蕩け、消えた。そして甘みの余韻がずっと続く。



●焼きなす
b0118001_14323509.jpg
串の合間の一品も、焼きに特化。潔い。
素材そのもののエキスが凝縮し、その甘さに驚く。



●らっきょ
b0118001_14324819.jpg
写真ではそのサイズ伝わらないけど、巨大!
らっきょ嫌いが、ここのは食べられる!ってくらい
偉大な甘酢漬け。永遠に食べていたい味(笑)
そしてハイボール、おかわり。



●つくね
b0118001_14330332.jpg
ほろり崩れゆく繊細さ。大葉の香りが活きている。



●せせり
b0118001_14331708.jpg
写真ではみえないけど、肉汁が浮かび上がっているの。
その旨み濃ゆく、ジューシーさがずっとずっと続く。



●やげん軟骨
b0118001_14334397.jpg
食感楽しく、なんこつのまわりに付いた肉が、いい仕事してる。




●ピコ
b0118001_14335880.jpg
鴨の尻部。クリアな脂がビュッと迸り
タレの深いコクとほろ苦さがじんわりと。



●合鴨ロース
b0118001_14341260.jpg
艶やかな断面!
皮はバリリッ、脂の甘み濃く、身はしっとり感この上ない。
噛むほどに上品な旨みがとめどなく押し寄せるの。
ひゃーこれもエンドレス系(笑)


●ささみ梅肉
b0118001_14342690.jpg
こちらは梅肉のはさみ方、独特。少量を巻き込んでいる。
そして芯部は、艶やかなテクスチャー、
ねっとり感、清らかな旨み、梅肉の加減、すべてが高次元。
吾一さんの焼きの技に、翻弄され続けてるワ。



●ぼんじり
b0118001_14344120.jpg
ザクッ、香ばしく
濃厚な脂の旨みがジュワリ広がる!



b0118001_14345233.jpg
ゴーヤとウリのさっぱり漬け。清々しい。
お口直しなんだけれど、そうはならず、絶好のアテ。



b0118001_14350410.jpg
b0118001_14351654.jpg
ふくよかな落花生。塩をバチッと利かせていて、
凝縮感ある味と堪らん香りが行き交う。一瞬にして皿、空っぽ(笑)



●きんかん
b0118001_14360284.jpg
ビュッと溢れ出るエキス、じつに濃厚!



●もも
b0118001_14361398.jpg
ふわふわ、ぷりっぷり。弾力ある部位なんだけれど
肉汁を閉じ込めているから、口中がずっと潤っている感覚。



そして〆へと。

●焼きおにぎり
b0118001_14363455.jpg
タレの壺にドボンと漬けながら、炭火で焼き上げた極みの品。
わたし、炭水化物とらずして酒エンドレスにつき撮影のみ(笑)


●鶏スープ
b0118001_14364864.jpg
翌日お肌テッカテカな、濃厚系。
だけど、後味は驚くほど清々しいのでした。



b0118001_15120304.jpg
吾一さんの巧みな炭火使い、いやはやアッパレでした。
大胆かつ繊細な火加減で、
それぞれの部位が持つ肉汁や旨みを最大限閉じ込める。
その技と味に、ただただ唸るだけ。
移転したばかりなのに、すでに超予約困難っていうのも合点がいく。
Sさん、ほんまにありがとうございました✴︎



「吾一」
大阪市西区江戸堀1-19-12 1F


Neil Young - Rockin' In The Free World
https://youtu.be/TnAgc1kgvLc

by writer-kaorin | 2019-08-11 15:20 | 吾一 | Comments(0)  

<< L'éclat レクラ... イタリア料理の今、これから @... >>