人気ブログランキング |

ガストロノミーって 何だ? @OSAKA FOOD LAB

怒涛の締め切りラッシュ。
毎日の飲みは欠かせませんが(笑)

センセーショナルな食イベントがあるので、
今日はその紹介*
<第2回OSAKA FOOD LABチャレンジマーケット>
ガストロノミーって 何だ?

2019/9/28・29(土・日)開催
【場所】OSAKA FOOD LAB/阪急中津スクエア 


ガストロノミーって 何だ? @OSAKA FOOD LAB _b0118001_08023444.jpg
関西を中心に活躍する若手シェフの新たな挑戦。
テーマは「ガストロノミーって 何だ?」。
このイベントを通してシェフと一緒にガストロノミーとは何かを考えよう!
という今までにないイベント。

ほんま「ガストロノミー」って何なんだ?
いろんな解釈がなされているので、私も改めてリサーチしてみた。(笑)

古代ギリシアに誕生した「ガストロノミー」という言葉。
古代ローマへと引き継がれたものの、その後中世にはほとん忘れられ、
18〜19世紀を生きたフランス人、ジョゼフ・ベルシュウや、
ブリア・サヴァランによって近代に蘇り、19〜20世紀に発展。
21世紀の現代において料理やレストラン、
地域の食など食文化を広く語るうえで欠かせない言葉に。

「ガストロノミー」=贅を尽くした料理や先端的な料理を想起する
「美食学」と訳されてきたが、
食のシーンの最先端では、捉え方に少々違いが生じてきているよう。
(引用:尾家建生 著「ガストロノミーの現代的意義」)


「料理通信」が提唱する「ガストロノミーの再定義」~より良い食べ方の探求~
これも非常に興味深い内容。


さてイベントの詳細に戻ろう。
<出店シェフ>
『アニエルドール』(大阪・靱本町/フレンチ)藤田晃成さん
『SALONE2007』(神奈川・横浜/イタリアン)弓削啓太さん
『communico(コムニコ)』(奈良・東生駒/イタリアン)堀田大樹さん
『Seiichiro,NISHIZONO』(大阪・京町堀/パティスリー)西園誠一郎さん
『ディファランス』(大阪・靱本町/フレンチ)藤本義章さん
『Rivi(リヴィ)』(大阪・肥後橋/イタリアン)山田直良さん



先日、そのお披露目があり、
会場となる「OSAKA FOOD LAB」へ行ってきた。
ガストロノミーって 何だ? @OSAKA FOOD LAB _b0118001_07575018.jpg
会場では、谷 和(アイ)さん率いる
「Craft Beer Base Brewing Lab」の自家醸造ビールや
クリエーティブなセンス光る、クラフトビールもお目見え。
アイさん、美味しくいただきました!



出店シェフたち。まずは
ガストロノミーって 何だ? @OSAKA FOOD LAB _b0118001_07580407.jpg
『ディファランス』 藤本義章シェフ。曰く、
「レストランという文化。いわば
 食事とその空間そのものを、ゆっくり愉しむ大切さを、伝えることができれば」。



ガストロノミーって 何だ? @OSAKA FOOD LAB _b0118001_07581957.jpg
『Rivi(リヴィ)』 山田直良シェフは
「僕たちは、レストラン文化を次の世代に繋げる立場だし、
 その文化を、ここ関西でもっと広めていきたいです」と意気込む。

ガストロノミーって 何だ? @OSAKA FOOD LAB _b0118001_07585026.jpg
『アニエルドール』藤田晃成シェフ。
「ガストロノミーとは食事を愉しむ行為、そのものだと思う。
 レストランの醍醐味を、若い世代に伝えることがれきれば」。


ガストロノミーって 何だ? @OSAKA FOOD LAB _b0118001_07590321.jpg
続いて『communico(コムニコ)』堀田大樹シェフは
「自分たちが美味しいと思うものを、気取らず味わってもらいたいから
 先入観なく愉しんでもらえる空間に。
 僕は、出店メンバーのなかで唯一、地方(奈良)でレストランをやっていて。
 当日は、お付き合いある奈良の農家さんが、マルシェを開いてくれる予定です。
 地方食材の美味しさも感じていただけたら」と話す。


ガストロノミーって 何だ? @OSAKA FOOD LAB _b0118001_07591762.jpg
トリは『SALONE2007』弓削啓太シェフ。
「この日本という地で、イタリアンやフレンチという
 文化を継承していくのが僕たちの役割だと思ってます。
 このイベントでは、調理師学校の生徒さんたちにも手伝っていただく予定をしていて、
 ひとつの架け橋になればと考えています」。


西園シェフはこの日、不在でしたが、当日お会いしましょー!


目玉は「ガストロノミー屋台」。
馴染みのある唐揚げや餃子など、馴染みあるメニュー12品を、
ガストロノミーという解釈で表現。その料理が500円で味わえる。
また、シェフ6名が1品ずつメニューを担当する「ガストロノミー体験コース(¥10,800)」も。
こっちは限定60席、事前予約制(当日券限定枚数あり)。



ガストロノミーって 何だ? @OSAKA FOOD LAB _b0118001_07593978.jpg
シェフの皆さん〜、当日楽しみにしてますね!



「第2回OSAKA FOOD LAB チャレンジマーケット」
【日時】2019年9月28日(土)、29日(日)11:00~22:00 ※雨天決行
【場所】OSAKA FOOD LAB/阪急中津スクエア 大阪市北区中津1-1-36 阪急中津駅高架下


【チケット】
◇ガストロノミー屋台/1品500円(税込)~でチケット制3000円(500円×6枚つづり)
当日入口チケット販売ブースで購入。

◇6人のシェフたちによる饗宴-ガストロノミー体験コース-/前売券10800円(税込)
※限定各日60席分(4部入れ替え制)当日券も若干用意あり。
購入は以下の予約サイトで(先着順・売切れ次第終了)。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01ctpj10fu9ca.html
https://shopping.nikkei.co.jp/projects/challengemarket

【問合せ】「OSAKA FOOD LAB」 電話番号:070‐4141‐9162
https://www.osakafoodlab.com/


by writer-kaorin | 2019-09-14 10:08 | =取材= | Comments(0)  

<< パセミヤ @お好み焼きと南イン... Vineria Via Vin... >>