人気ブログランキング |

「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。

「旬彩天つちや」で昼餉。
「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16284661.jpg
この日以来、久しぶりの訪問だ。


「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16285758.jpg
▶︎聖護院大根と菜の花の柚子味噌
聖護院大根を頬張れば、ふくよかな出汁の旨みがじんわり広がる。
柚子味噌の風味、イタヤ貝の旨みのハーモニー。




「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16291088.jpg
▶︎紋甲イカ タイラギ貝 黄身酢
イカの、もったりねっとりとした舌触り、そして甘みには驚いた。
2、3日、イカリを落ち着かせるために寝かせ
深めに包丁を入れているという。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16292209.jpg
「梅乃宿 純米吟醸」をクイッ。
軽やかな飲み口、昼酒万歳。




「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16293583.jpg
▶︎八寸
「カキノキダケと水菜のおひたし」は近江こんにゃく入り。
「ヤガラの変わり寿司」は、シャリのソースという逆発想。
「穴子八幡巻き」「海老芋カナッペ イクラのせ」と酒肴が続くなか
「干し柿バター」の柔らかな食感と両者の味わいのバランスに感動した。




「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16294671.jpg
続く酒は「開運 愛山 純米 無濾過生原酒」
そして天ぷらへと。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16300171.jpg
▶︎天草 車海老
しっとりとした質感の中でピュアな甘みが生きる。




「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16301329.jpg
▶︎サワラ 紫蘇巻き
脂のり良く、スッと消える感覚。紫蘇の香りの余韻もいいわぁ。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16302966.jpg
▶︎蕗の薹
軽やかな衣のなかに
大地の息吹を感じるねー。香りも苦みも堪らん。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16304393.jpg
▶︎帆立
シャクとした歯ざわりに続いて、まったりとした甘みと清々しい香り。

揚げ油は、大阪・柏原「岡村製油」ノンシリコンの綿実油100%。
余分な香りはなく、甘みがあるから、素材らしさがくっきり浮かび上がる。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16305919.jpg
▶︎徳島・松茂の蓮根
歯触りがよくホクホクの食感。




「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16311137.jpg
▶︎空豆
春の香り!って皆が口揃え、なんかもう心が浮き立つ感じ。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16312337.jpg
「香住の蟹」は、見た目と同じく、香りも甘みも凝縮感あるわ。




「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16313303.jpg
▶︎胡麻豆腐おこげ風
ガリッザクッと香ばしく、胡麻豆腐アッツアツ!
ハフハフ言いながらも、胡麻の甘みと香り、出汁の旨味に陶酔。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16314495.jpg
口直しに「金柑レモン煮」を。
金柑ラヴァーとしては、これ、エンドレスでいける美味しさ。


「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16315669.jpg
「杜の蔵 槽汲み純米大吟醸 無濾過生原酒 第7号仕込み山田錦」
どことなく金柑に通ずる香りが、先のレモン煮とピタリ。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16321212.jpg
▶︎オニオンヌーボー
とろんっとろん。中のエキスの甘いこと!
糖度高いから表面焦げそうやのに、焦げてなくって
でも中は、蒸されてとことん甘いの。
その揚げの技に…唸ったー。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16322543.jpg
▶︎小値賀の太刀魚
厚みスゴい!肉肉しいのに、ふわっふわっ。
その香りとたくましい旨みにヤラれたわー。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16323835.jpg
▶︎琵琶湖 ワカサギ
繊細、優しい旨みがスーッと広がった。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16325138.jpg
▶︎六甲ブラウンマッシュルーム
香り高く、甘いエキスが溢れ出る。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16330431.jpg
▶︎泉州 穴子
厚めの衣はザクッと歯ごたえあり、
ブリンッと跳ね返るような弾力あり、どこまでも芳しい。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16331768.jpg
▶︎シルクスイート
濃密。皮までしみじみ美味でした。


「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16333168.jpg
「くみあげ湯葉、筍、蕗の生姜酢漬け」の、清々しさったら!
もう1クール、天ぷらいっときたくなる(笑)

「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16335741.jpg
そして、水晶彫の高台小鉢に見惚れてしまう…。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16341827.jpg
「鯛ごはん」と汁物、香物で、ホッと。



「旬彩天つちや」の昼餉に唸る。_b0118001_16343036.jpg
「抹茶のブランマンジェ」にて〆。


季節の移ろいを感じ、土阪さんの技に酔いしれました。
お会計でこれまたニンマリ。これは満足度が高すぎる昼餉やなぁと。
N口さん予約ありがとうございました(ワタシ他力本願w)


「旬彩天つちや」
吹田市豊津町41-4
06-6338-2288
open :12:00〜13:00LO、18:00〜20:00LO
close:日曜、月曜の昼
http://www.shunsaiten-tsuchiya.com/

※緊急事態宣言中の営業時間は18:00~20:00


by writer-kaorin | 2021-02-13 16:35 | 旬彩天つちや | Comments(0)  

<< 「韓国食堂 入ル」オモニの味と... 「お好み たまちゃんviva!... >>