人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「オステリア ラ チチェルキア」でマルケの深秋。

マルケ料理専門「オステリア ラ チチェルキア」へ。
いつぶりだろう? 嬉しくて嬉しくて
飲む前からテンション高いワタシ。
「オステリア ラ チチェルキア」でマルケの深秋。_b0118001_07172913.jpg
「Garofoli / Carlo Garofoli」




■オリーブ新漬け
「オステリア ラ チチェルキア」でマルケの深秋。_b0118001_07174788.jpg
連シェフ手製。甘やかな香りが広がり、風味良く塩味やわらか。
飲める。泡、おかわり。



■肉詰めオリーブのフリット
「オステリア ラ チチェルキア」でマルケの深秋。_b0118001_07180027.jpg
久々!ハフッと頬張れば
じゅわっと広がるやさしい旨みが堪んない。



■小かぶのローズマリー炒め
「オステリア ラ チチェルキア」でマルケの深秋。_b0118001_07181022.jpg
何の変哲もない、シンプルな野菜料理なのだが、
でもなんか違う、全く違う!
まず、葉っぱに甘みを感じるのに驚いた。
そして、小かぶは、初々しい甘みと香りをまき散らす。
優しく深く、心に響く味。



「オステリア ラ チチェルキア」でマルケの深秋。_b0118001_07182250.jpg
泡数杯の後は、ずっと白で。ヴェルディッキオ100%
「"GLI EREMI" Marche Bianco IGT/La Distesa」


■水牛にモッツァレラ トマト 生ハム
「オステリア ラ チチェルキア」でマルケの深秋。_b0118001_07183465.jpg
このトマトの、凝縮感ある旨みは
モッツァレラと生ハムの存在感以上、かもしれない。




■仔羊のフリット サラダ添え
「オステリア ラ チチェルキア」でマルケの深秋。_b0118001_07184449.jpg
久しぶり!って声出してもたわ。
無心で頬張る。
すると、ザクッと食感心地いい衣の中には、ふわふわジューシーな仔羊肉。
初々しい肉の風味が堪んない。



■栗粉のタリアテッレ ウサギのラグー
「オステリア ラ チチェルキア」でマルケの深秋。_b0118001_07185555.jpg
ウサギのラグー、なんて優しく深い味わいなの。
自家製タリアテッレとの絡みもよく、
咀嚼するほどに、栗の質朴な風味が顔を覗かせる。
あゝ、マルケの郷愁。行ったことないけど。



■豚スペアリブの玉ねぎ煮込み
「オステリア ラ チチェルキア」でマルケの深秋。_b0118001_07190690.jpg
別腹作動。なんてったって大好きなスペアリブだから。
チチェルキアのそれは、玉ねぎの深い甘みとの調和が最高。




■洋梨の赤ワイン煮
「オステリア ラ チチェルキア」でマルケの深秋。_b0118001_07191750.jpg
甘味ほどよく、赤ワインのコク、スパイスの風味に、これでまた飲めそうな。
スッキリとした後味、〆にぴったりのドルチェでした。


気心知れたロックな方々との夜。連シェフ、いつもありがとうございます。
エアロスミスのスティーヴンの日本名の話など
出るわ出るわ、秘話満載のロックナイツでした。
そろそろ海外アーティストのライヴも観に行きたいね。




「オステリア ラ チチェルキア」
☎大阪市西区京町堀2-3-4 Sun-Yamato Bld.303
06-6441-0731
open :通常は18:00〜翌0:00LO(日曜14:00〜23:00LO)
close:火曜、月1不定休あり


Heart - Stairway to Heaven Led Zeppelin - Kennedy Center Honors


by writer-kaorin | 2021-11-08 07:22 | ラ・チチェルキア | Comments(0)  

<< 「焼とんya たゆたゆ」で幸せ... 日&伊 ハイブリッド「イタリア... >>