人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「和洋酒菜 ひで」

大阪・ミナミ「和洋酒菜 ひで」ナイツ。
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17190556.jpg
右京さん( @ukyo__ok )、ナオさん( @naohawaii
超貴重なお席をありがとうございます!
食べログ 居酒屋全国ランキング第1位、大阪の名宝。



■新潟 茶豆
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17195583.jpg
茶豆は甘く、香り高い。



■白甘鯛
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17200906.jpg
昆布塩と酢橘の搾り汁が、身の旨みを引き立たせている。

「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17202220.jpg
私の隣には、奈良「今西酒造」14代蔵主 今西将之さんのお姿。
ナオさん、右京さんも仕込みの手伝いをされたという
「みむろ杉 木桶菩提酛 2021」を。
オールドバカラのグラスで、しみじみ、心していただく。

今西将之さん、9/18(日)OA
MBS「ザ・リーダーズ」に出演!いやー素晴らしい内容、朝から心震えた。
見逃し配信はこちらから。
https://www.mbs.jp/leader/archive/20220918/



「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17253820.jpg
酒を誘う肴、続々と。



■イシカゲガイ
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17255093.jpg
まずは生で。ピュアな甘みがじんわりと。

「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17260528.jpg
さっと炙ったイシカゲガイは、ぐっとコク深く。野趣溢れる。



■煮はまぐり
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17261679.jpg
鹿児島より。立派なはまぐり。
濃すぎない按配だから、素材らしさくっきり。




■藁で炙った鰆
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17262720.jpg
芯部は極レア、ねっとり。
藁の香りが語りかけ、えも言われぬオーラを放つ。



■網走 キンキ
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17264160.jpg
一本釣りを、船上で氷詰め。
しゃぶしゃぶで。この温さ素晴らしい。
脂のまろやかな甘みが浮かび上がってる。



■黒むつ
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17265264.jpg
千葉・外房もの。
ひでさん曰く、浪速の敏腕魚商「蝉丸水産」中西くんより。
旨みがとても深く、むしろ甘さを感じるほど。


この日のメンバーの一人、大山陽平さんの蔵「大山甚七商店」より
「YAMADAICHI 山大一 えい紫 2016」
(鹿児島・指宿/大山甚七商店)
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17270658.jpg
ストレートで味わう。口当たり良く、まぁるい熟成感にニンマリ…。
ソーダ割りにすると、紫芋・えい紫の
モンブランを彷彿とさせる甘やかさが心地いい。
これは、新世代の焼酎と言いたい。



■のどぐろ
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17324196.jpg
ふわっと舌の上で踊り、溶けて消えた。


「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17325311.jpg
飲み比べ、なんて…♡



■炙りほたて 鯛の酒盗
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17330544.jpg
濃密な甘み、コク深くまろやかな酒盗に、
杯が進む進む。



■雲丹 食べ比べ
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17331703.jpg
手前の大粒は、礼文の生ウニ。
香り高く、甘みの中に仄かな酸味も。
色の濃いのは、ひでさん手製・ウニの佃煮。
酒、みりん、醤油で煮付けたそれは、濃すぎない、凝縮感。これまた飲ませるわ。



「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17333514.jpg

■蒸し鮑
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17335164.jpg
ぽってり、すっと歯が入る絶妙な食感。
鮑と昆布の、静かなる深い味わいにうっとり。


「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17340279.jpg
目の前に鎮座する、これを眺めながら飲む。



■太刀魚ごはん
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17342263.jpg
千葉・竹岡の太刀魚。
脂のりよく絹のようなテクスチャー、崩してご飯とともに頬張る至福。



■イカフェ
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17343373.jpg
剣先イカを韓国酢味噌とともに。
イカの甘みに酸味と辛味が絡み合い、飲ませるのだ。



■くじらスープ
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17344746.jpg
さえずり、コロ、昆布のうま味だけで味を調えたそうな。
どこまでも滋味深く、五臓六腑に沁みいる。



■群馬 上州和牛 ウチヒラ
「和洋酒菜 ひで」_b0118001_17350042.jpg
断面は、じつに艶やか。
噛めばしっとり、香りよく深い旨みが押し寄せる。

玉子たっぷりのポテサラの上には
西成の地ソース「ヒシウメ」のたまり、さらには蕎麦茶。
絶妙なバランスに唸りました。


良き酒、気の利いた肴、それらが見事に和音を奏でるとき。
唸りっぱなしの2時間でした。ありがとうございました!




「和洋酒菜 ひで」
大阪市中央区心斎橋筋2-1-3
https://omakase.in/ja/r/hd903814


by writer-kaorin | 2022-09-18 17:38 | 和洋酒菜 ひで | Comments(0)  

<< 「大阪焼ふぐの会 西天満」 ふ... 小林寛司「Villa AiDA... >>