人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。

江坂「旬彩天つちや」で昼餉。
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10121860.jpg
秋晴れの気持ちいい休日。
ジョギング→ウォーキングで乾いた喉をビールで潤す。


■先付
長野のホウレン草と菊菜のおひたし
近江蒟蒻、あわび茸、湯葉
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10122424.jpg
それぞれの素材感を活かしつつ
秋の出汁ならではの、ボディ感ある旨みが響く。



■鱧 松茸
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10122468.jpg
葛打ちした名残の鱧に、高野山の松茸と姫舞茸。
鱧はほろりとほどけ、この時季ならではの香りを撒き散らす。



■八寸
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10122451.jpg
奥の織部の器には「大山地鶏やわらか煮、揚げしめじ、大山鶏のやわらか煮」。
ごまだれの上品な香ばしさがいい仕事をしている。
手前には「くるみの飴煮、南瓜麩の田楽、八幡巻」
変わり寿司は「本鮪の寿司のシャリペースト、いくら醤油漬け、海苔佃煮」
季節の移ろいをしみじみ楽しむ、日本酒を欲する味揃い。


「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10130605.jpg
「杜の蔵 純米吟醸ひやおろし」(福岡・杜の蔵)と共に。




■天草車海老
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10130603.jpg
軽やかな衣。しっとり蒸しあがった海老は濃密な甘みを撒き散らす。



■明石の紅葉鯛、紫蘇巻き
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10130607.jpg
ふっくらフワッファ、繊細。



■丹波の黒豆枝豆
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10130622.jpg
大粒でコクがすんごい深い。噛むほどに、質朴な甘みと香りが充満。


■秋カマス
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10130624.jpg
歯を入れた瞬間の香りが堪らん…。そしてホロリ解ける繊細な身質にメロメロだ。



「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10134048.jpg
「純米吟醸一度火入れ原酒 まんさくの花 杜氏選抜」(秋田・日の丸醸造)
穏やかな香り、まったりとした旨味を感じながらも飲み飽きない。


■明石浦 サワラ
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10134419.jpg
このレア感…。美しい。
程よく脂を蓄えていて、忍ばせた酢橘の搾り汁と塩で、味わいはぐっと深く。



■愛媛 銀寄(栗)
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10141300.jpg
どっしり大粒。心地よい香り、ふくよかな甘みがずっと続く。



■香住蟹
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10141354.jpg
衣はザクっと香ばしく、凝縮感のある甘みが堪んない。
蟹みそソースは、あん肝のような深いニュアンス。飲ませる。


■胡麻豆腐おかき揚げ
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10141378.jpg
揚げたてのおかき揚げを、鼈甲餡にジュ〜ッと投入。
ザクザク、舌やけどしそうなくらいアッツアツ。
ハフハフやれば胡麻豆腐の甘やかな香りに包まれる。


「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10141327.jpg
お口直しに汲み上げ湯葉。濃密。
「まんさくの花 杜氏選抜」と心地よく絡み合う。


■レンコン「あじよし」は撮り忘れなのだが、
とにかく糸をひく!めちゃくちゃ甘いレンコンでした。


「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10141284.jpg

■子持ち鮎
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10141318.jpg
卵びっちり。ホロリとした苦味とともに。


■六甲ジャンボマッシュルーム
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10141391.jpg
歯を入れた瞬間、エキスが溢れ出る。香りも素晴らしかった。


■大山ブロッコリー
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10141344.jpg
湯気立つそれを頬張れば、ホクホクしていて甘い。


「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10151313.jpg
「花垣 純米大吟醸 七右衛門」(福井・南部酒造場)
清らかな味わいと思わせつつ、後から芳醇な香りがふうわりと。


「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10151304.jpg
目の前には、滋賀の伝統野菜「弥平とうがらし」が。
激辛ではあるけれど、糖度11度オーバーという。辛味、香り、甘みをもち合わせている。
店主・土阪さんは即興で、紅葉おろしを作ってくれた。



■穴子
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10151336.jpg
ここでぐっとインパクト。穴子は風味よろしく、すっきりとしたタレの味わいに、
もみじおろしの、辛味と爽やかさというハーモニー。
その後、濃密な味わいのサツマイモに続いて



■なます
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10151338.jpg
大根、胡瓜、きゅうり、柿、梨。
クールダウン。ご飯物へと続く。


「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10151316.jpg
とはいえ「秋刀魚の焼き浸し」は端正な味わいだし、
お漬物とともに、日本酒をちびりちびりと。

そして「栗ごはん」でほっこり和みの時間。


■ダークホースのプランマンジェ
 ミルクアイスとカシューナッツ
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10151303.jpg
競馬を思わせるそれは「かぼちゃ」のブランド。
「旬彩天つちや」 深まる秋を感じながら。_b0118001_10151319.jpg
かなーりしっかり裏漉ししているのだろう。その滑らかさ、質朴な甘みに癒された。



店主の土阪幸彦さんから学ぶことはこの日も多かった…。
味づくりはもちろんのこと、ほかにもたくさん。
そして深まる秋、その移ろいと味わいを、じっくり堪能しました。
土阪さん、Nさん、毎度な皆さん、ありがとうございました!



「旬彩天つちや」
吹田市豊津町41-4
06-6338-2288
open :通常は12:00〜13:00LO、18:00〜20:00LO
close:日曜、月曜の昼
http://www.shunsaiten-tsuchiya.com/


by writer-kaorin | 2022-11-03 10:16 | 旬彩天つちや | Comments(0)  

<< 帝塚山「POIRE ポアール」... 「le 14e」でガッツリ、肉時間。 >>