人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「ぷ〜れ」でロックな焼鳥ナイツ。

東京日帰り。新幹線を降り立ち福島区へGo。
ロックな定例会は、焼鳥「ぷ〜れ」にて。
「ぷ〜れ」でロックな焼鳥ナイツ。_b0118001_09371794.jpg
新幹線の車内でビールをぐっと堪え、
ひたすら原稿を書いていたものだから
これはさすがに、至福の一杯でした。

店主の大ちゃんこと、窪田大輝さんには長年、お世話になっていて
大ちゃんのお師匠さん、あやむ屋の永沼さんにも公私ともにお世話になっています。


「ぷ〜れ」でロックな焼鳥ナイツ。_b0118001_09372777.jpg
付出しは「蕪のすり流し」
寒い夜だから、この質朴な甘みと温もりとが、じわっと身体の中に浸透。
こちらが蕩けてしまいそう。



■梨と鶏生ハム風カルパッチョ
「ぷ〜れ」でロックな焼鳥ナイツ。_b0118001_09373606.jpg
塩をして酢で〆た鶏むね。旨みは深く爽やかな後味につづいて
カッテージチーズ、すっきりとした梨の甘み。飲ませるバランスお見事!
一瞬にしてワインの口に。


「ぷ〜れ」でロックな焼鳥ナイツ。_b0118001_09375306.jpg
「FRIEDRICH BECKER Silvaner Q.b.A. Trocken」
ドライでいて柔らか、エレガント。これは飲み続けていたい。
そして翌日は人間ドッグという事実。まぁいつものように普通に飲んだ。



■マスカルポーネ、生ハム、いちご
「ぷ〜れ」でロックな焼鳥ナイツ。_b0118001_09380261.jpg
ゴロゴロ入ったイチゴと生ハム、マスカルポーネのコクが混然に。
ナッツのカリカリ感やバルサミコクリームも素晴らしきアクセント。
これが家にあったら永遠に飲んでいる。



■百合根 からすみ
「ぷ〜れ」でロックな焼鳥ナイツ。_b0118001_09381237.jpg
スチームしたての百合根はホコホコ、カラスミの塩梅堪らん。
これは最強の組合せでした。



■ふりそで
「ぷ〜れ」でロックな焼鳥ナイツ。_b0118001_09382033.jpg
ムネと手羽元の間にある、肩肉。なにせパーツがデカい!
頬張れば、弾力ある肉質!脂のりはよく、後味はさっぱり。




■せせり
「ぷ〜れ」でロックな焼鳥ナイツ。_b0118001_09382882.jpg
引き締まった身。脂のりはよくぶりんぶりん!
ジューシー&濃厚な味わい。せせりもインパクト凄かった。




■皮
「ぷ〜れ」でロックな焼鳥ナイツ。_b0118001_09384118.jpg
皮の厚みしっかり。そして力強いバリバリ感、飲ませる。



■そり
「ぷ〜れ」でロックな焼鳥ナイツ。_b0118001_09392570.jpg
ソリレスともいう。もも付け根の骨盤の内側。
皮はばりっと香ばしく、身は独特の歯ごたえ。どこまでもジューシー。



■シャインマスカット 白菜サラダ
「ぷ〜れ」でロックな焼鳥ナイツ。_b0118001_09393809.jpg
塩で若干しんなりさせた白菜に、シャインマスカット、パルミジャーノレッジャーノ。

「ぷ〜れ」でロックな焼鳥ナイツ。_b0118001_09393851.jpg
魅惑かつ、初めての組合せ。ワインとの相性もすばらしくて唸りっぱなしだった。



「ぷ〜れ」でロックな焼鳥ナイツ。_b0118001_09395782.jpg
お隣では、スープ茶漬け。
私はワインを飲りながら、いやぁ話が尽きないひととき。
ロックの話題は、ここでは書けない業界ネタ。オモロかった。


いずれの串も、インパクトは強く、見事な焼き加減。
そしてフルーツ使い&素材の組合せが見事な、一品料理の数々にテンション上がった。
店は満員御礼。そら流行るわなぁという強い店の秘訣が随所に。
ロックナイツの皆様、店主・大ちゃん、ありがとうございました♪


「ぷ〜れ」(Poulet)
大阪市福島区福島7-7-22 1F
06-6450-1522
open :18:00〜23:00
close:不定休


by writer-kaorin | 2022-12-06 09:43 | ぷーれ | Comments(0)  

<< 「イル・カント・デル・マッジョ... 「もめん」2022.11 >>