人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「yacipoci」でアペリティーヴォ

シェフのロングインタビューを終え(詳しくは追って)
でもお互いまだまだ話したいことはありすぎ
ってことで一緒に伺ったのは、
北浜「yacipoci」。
「yacipoci」でアペリティーヴォ_b0118001_17335412.jpg
お互いの行きつけの店が合致。笑
カウンターには、某雑誌編集長や「今日休みやねん」な飲食関係の友人の姿も。
まいど〜って帰ることができる酒場がある幸せを感じる。

「yacipoci」でアペリティーヴォ_b0118001_17343015.jpg
一杯目は、店主のアッキーこと秋谷直弘さんが
「スイングカラン」で注ぐ“ヤチポチ注ぎ”。
爽快かつきめの細かいクリーミーなテクスチャーが堪んない。



カウンターが空いたので、即移動。アテにと頼んだ品は
■ぬか漬け・古漬け盛り合わせ
「yacipoci」でアペリティーヴォ_b0118001_17351302.jpg
まぁるい酸味、漬け込んだきゅっとくる酸味
どことなくほんの少しだけスモーキーな風味も。

「カオリン、この漬物にはJAMESONやで」と居合わせたTッシー。笑
その言葉に誘われるまま、仕立て方も絶妙なJAMESONハイボールを。
「yacipoci」でアペリティーヴォ_b0118001_17352628.jpg
滑らかな口当たりと、ほんのりとした少しバニラのような甘やかな香りに癒される。
全体的にスモーキーさもアロマも控えめ、が私好み。しかも
なんやろ、yacipociの漬物とめちゃくちゃ合うわ…!って思わず叫びそうになる。
お初の組合せで、酔いが覚めそうになるくらい相性が良かった。
「yacipoci」でアペリティーヴォ_b0118001_17353696.jpg



「yacipoci」でアペリティーヴォ_b0118001_17354567.jpg
偶然にもこんなメンツに囲まれたなら、ピッチも進むでしかし。笑


店主のアッキーが「趣味全開の店(笑)」という空間に身を委ね
心地よい音と、おいしいお酒と料理に囲まれながら、時を止まれなひとときでした。
ご一緒させていただいた皆さん、ありがとうございました!

「yacipoci」については
あまから手帖ウェブ連載「カオリンの「シェフのBGM」」をご覧ください。
https://www.amakaratecho.jp/eat/kaorinbgm/1315864_13025.html



「yacipoci」
大阪市中央区平野町1−1−1
tel:なし
https://www.instagram.com/yacipoci2021/


by writer-kaorin | 2024-02-28 17:37 | yacipoci | Comments(0)  

<< 明治創業の老舗居酒屋へ。名古屋... 「La Cime」 >>