人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新神戸「BONGU」の凄み。

新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10080835.jpg
JR新神戸近く。
閑静な住宅街に突如現れる、モノクロームな外観。


新神戸「BONGU」
新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10082491.jpg
念願の訪問でした。
素敵メンバーは後ほど紹介させていただこう。



新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10154014.jpg
まず空間がナイス。モルタル剥き出しのスペースには
アペリティフを楽しめるスタンディング・カウンター。
あー、別の店でアペろうと思っていたのをグッと堪えてよかった。
先客・平井直人さん(テレビ番組・映像制作「ダイズ」代表取締役・プロデューサー)と
一緒に、お疲れさまです〜!な至福の一杯は…

新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10160387.jpg
大好きな生産者の泡。
「Cremant D'Alsace Brut Nature Selectionne Par Marc Tempe」
素直な果実味、伸びやかな酸、身体がスッと包み込まれる感覚。ずっと飲み続けられる。


新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10161283.jpg
そして奥の部屋へ移動。今宵のストーリーが幕を開ける。

オーナーシェフ谷本光さんは、パリでの修業経験も。
かの「Restaurant Sola」吉武広樹シェフの元で経験を積み、
地元・神戸へ戻り「samwells」のシェフを務めた後、23年8月に自店を構えたという。
熱源は「Sola」で会得した、薪火が中心。
よって、お肉とワインと薪焼きを軸に展開する。



*淡路和牛のタルタル エメンタール
新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10162201.jpg
ふわんふわんのチーズから、妖艶なタルタルが顔を覗かせる。
頬張れば、ねっとり、澄んだ旨みと共に、薪の香りがふうわりと。
チーズの木の実やナッツに通ずる香ばしさが寄り添う。
「Marc Tempe」の泡、2杯目がそろそろ空く、ピッチ早まるわ。


「ウチはペアリングじゃないんです。蘊蓄なしで楽しんでほしいし
 どちらかといえば“フリーフロー”」と谷本シェフはニヤリ。
 そんなん言われたら、スピード加速するやないの。笑


新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10164280.jpg
お次はオーストリアのマーティン&アナ・アンドルファー。
「Riesling handcrafted 2021 Martin & Anna Arndorfer」
じんわりやさしい旨みが花開く。



新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10165050.jpg
パン職人・山ちゃんが焼き上げる天然酵母のライ麦パン
もうね、しみじみ味わい深くって。
棗バターをたっぷりのっけて頬張り、ワインを煽り、のループにハマる。



*藁焼きカンパチ
新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10170068.jpg
蕪の漬物や、胡麻ドレッシングで和えたクレソン、不知火のソースと共に。
カンパチ、ムッチムチ。炙りの香り実によく、
そこに漬物という意外性や
クレソンの苦味、不知火(柑橘)の鮮やかな甘酸っぱさが共鳴。
のっけから唸りますわ。


新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10170820.jpg
「Vin Nouveau Blanc Pierre Olivier Bonhomme」
Sauvignon Blanc 100%
トロリとしたテクスチャー、伸びやかに広がるアロマが印象的。



*朝挽き鶏のササミ ホワイトアスパラガス 北寄貝
新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10171770.jpg
ササミは軽く脱水をした後、薪火で炙っている。
断面はウルウル艶やか、噛むほどに広がる上品な旨み。
鶏と蛤のダシでさっと熱を通した白アスパラと、
北寄貝のピュアな旨みに、
サフランを仄かに利かせたソースの妙味、堪らんかった!


新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10172533.jpg
ここでSASSAIAが登場やなんて、嬉しいね。
「Sassaia 2022 /La Biancara」


*河豚
新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10174313.jpg
潮騒河豚(ショウサイフグ)のフリット(天ぷら)には
「天つゆのイメージで」と、フグアラを煮出しただしをスープ仕立てで。
天ぷらはザクッホクッ。ツヤットロのスープの深くやさしい旨みが広がった。



*鴨 新玉葱
新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10175297.jpg
いずれの素材も、薪火やその熾火で火入れ。
鴨肉は、赤身旨っ。ガリッと香ばしい皮目とのコントラストも美しい。
ソースは2種。新玉葱の白いソースは透き通った甘み、
もう一種は、バルサミコに通ずる酸味とコクを感じる。
食べ進めるほどにもっと食べたくなる感覚に突入。


新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10180463.jpg
ここらでロゼ。
「Tia Tia 2022 Les Prevert」
杏っぽい果実味、たおやかな味わい。
鴨はもちろん、新玉葱ならではのピュアな甘みが合うてたなー。


新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10181371.jpg
目の前ではまさに次の料理、完成間近。
眺めながら飲む幸せ。



*淡路牛 フィレ モモ
新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10182293.jpg
流石の火入れ。肉汁を蓄えた、艶っぽい断面に見惚れるわ。

モモはカリッと焦げた表面に反して、中はどこまでもジューシー。
赤身の澄み渡る旨み、程よい酸味もいい。
フィレは歯がいらん。ってくらい柔らかで味わい濃厚。
レアと見せかけてそうではない熱の通し方に脱帽でした。
五穀米リゾットで健康的な気分に浸りながら、
新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10190430.jpg
新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10190734.jpg
このワインと共に。「Vino Rosso NV Dario Princic」
Dario Princicの白やオレンジには馴染みあったけれど赤はお初。
フリーフローのおかげで、このあたりからもうヘベレケです。笑



*苺アイス ブッラータ
新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10191776.jpg
アイスとチーズ、しかもこの組合せは新鮮!
ミルキー同士、苺の甘酸っぱい爽やかさを引き立たせていた。


主素材の個性を引き出す薪焼きの凄みを感じながらも、
漬物や柑橘、スパイス…アクセントの利かせ方が素晴らしい
谷本シェフらしいクリエーションがじつに痛快。

空間のかっこよさも、アペから始まる過ごし方も、皿の中も
ナチュラル基軸のワインの数々も
何しろシェフ自身のキャラにどっぷり引き込まれました。
すぐにでもリピートしたい。

しかもお会計でびっくり。
え?ほんまにワイン込みの価格!?
コースの料理代だけじゃないんですか?(にしても値打ち)と
一瞬目を疑った……。




新神戸「BONGU」の凄み。_b0118001_10192918.jpg
この夜は、
「BONGU」の常連であり、神戸の食ならこの男に聞け、な
「三宮一貫楼」安藤孝志さんに導いていただいての訪問。
 神戸っ子で敏腕編集者の森ちゃんと一緒に。

安藤さん、平井さん
素敵な出会いをありがとうございました!



「BONGU」
https://www.instagram.com/bongu_kobe/


by writer-kaorin | 2024-03-18 07:30 | BONGU | Comments(0)  

<< 西成はしご酒「ホルモン マルフ... 「210K」 孤高のラーメン、... >>