人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「もめん」春鹿会、2024年春。

東心斎橋「もめん」で恒例の春鹿会。
「もめん」春鹿会、2024年春。_b0118001_11325612.jpg
奈良「今西清兵衛商店」
代表取締役社長・今西清隆さん
いつも誠にありがとうございます。


*ホタルイカ 剣先イカ 酢味噌
「もめん」春鹿会、2024年春。_b0118001_11325709.jpg
ホタルイカはぷっくり、ハリよく旨み深く、
イカは格子状の切り込みが美しい。
サクッとほどけ、まった〜りと甘みが広がった。

「もめん」春鹿会、2024年春。_b0118001_11325787.jpg
「春鹿 純米吟醸 生酒」と共に。
酢味噌のコク、ホタルイカの旨みが、やわらかな吟醸香と共鳴する。



*稚鮎のフライ
「もめん」春鹿会、2024年春。_b0118001_11325799.jpg
素揚げとパン粉の二刀流。
この時季ならではの、甘苦い初々しい味わいが堪らん。


「もめん」春鹿会、2024年春。_b0118001_11325716.jpg
限られた酒販店でのみ販売の「裏 春鹿」シリーズより
「裏春鹿 無圧搾り 中取り 純米大吟醸生原酒」。
華やかな吟醸香と、ピュアで清々しい味わいが
稚鮎のやらこいほろ苦さと、じつによく合ってた。



*蛤真薯のお椀
「もめん」春鹿会、2024年春。_b0118001_11325721.jpg
真薯は口の中でとろけそうに柔らか。
蛤の旨み封じ込めていて、じんわりじんわりと旨みが滲み出る。
吸地がまた……えも言われぬ奥深い味わい。




*桜鯛 初鰹
「もめん」春鹿会、2024年春。_b0118001_11334252.jpg
鯛は紅葉おろしポン酢とともに。ねっとり艶やか、旨みじわっと。
鰹は土佐醤油で。ぷりっ、赤身のすっきりとした味わいが広がる。

「もめん」春鹿会、2024年春。_b0118001_11334207.jpg
酒は吟醸酵母を用いた辛口への挑戦。
「春鹿 純米吟醸 超辛口 生原酒」
口当たりは滑らかながら、キリリ硬派な後味がタイプやわ。




*筍煮
「もめん」春鹿会、2024年春。_b0118001_11334230.jpg
潔く、美しく。
うるいと筍、木の芽の競演。

「もめん」春鹿会、2024年春。_b0118001_11334251.jpg
「春鹿 桜 純米」を上燗で。
お米の甘やかな味わい、優しい旨みが
筍煮の春の香り、鰹だしの風味と、見事に調和。




*アイナメ 唐揚げ
「もめん」春鹿会、2024年春。_b0118001_11334260.jpg
さくフワッ。ピュアな甘みを撒き散らしながら、消えた。



「もめん」春鹿会、2024年春。_b0118001_11334340.jpg
見事な四つ椀。

「もめん」春鹿会、2024年春。_b0118001_11334347.jpg
心が震え、心落くもめん定食。
のどぐろ塩焼き、と共に。



「もめん」春鹿会、2024年春。_b0118001_11334358.jpg
デザート「苺、練乳生クリーム」でフィニッシュ。
一粒の黒豆、その美しき味わいにも心を打たれた。


「春鹿」の希少なお酒と、
「もめん」の、実があり無駄のない料理の数々に
まったり浸り、酔いしれる春の夜。
ありがとうございました。


「もめん」
大阪市中央区心斎橋筋2-1-3

「今西清兵衛商店」



by writer-kaorin | 2024-04-20 11:37 | もめん | Comments(0)  

<< 「NOMI RESTAURAN... 祝!「ル・シュクレクール」20... >>