人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「もめん」 新緑の季節に

心斎橋「もめん」
「もめん」 新緑の季節に_b0118001_06571638.jpg
毎度な皆さまとのコットン倶楽部。
いつもありがとうございます。



*蒸し鮑 白ずいき
「もめん」 新緑の季節に_b0118001_06571654.jpg
鮑はスッと歯が入る柔らかさ。白ずいきの冷たさと食感楽しく
加減酢のまぁるい酸味とだしの旨みが響く。
新緑の季節にふさわしい清々しい一皿にて、幕開け。



*ぬた
「もめん」 新緑の季節に_b0118001_06571650.jpg
酢味噌のまろやかな味わいがトリ貝、烏賊、ネギに絡む。
シンプルながら深みのある味。
「紀土 純米大吟醸 精米歩合四十」の(和歌山・平和酒造)
澄んだ旨みと上品な吟醸香が、やさしく寄り添う。最高だ。



*鯛 翡翠茄子
「もめん」 新緑の季節に_b0118001_06571790.jpg
吸い地のうま味はどこまでも深く。
茄子に四季の移ろいを感じ
むちっとした鯛の旨みが、じんわり広がりゆく。
蒔絵は、貝尽くしでした。



*穴子白焼き
「もめん」 新緑の季節に_b0118001_06571736.jpg
目の前で主人・木綿さんが、焼穴子の小骨を丁寧に取り除いた後に提供。
ふわサクッと歯切れよく。焼きの芳しさが堪んない。




*鰹のたたき 針茗荷
「もめん」 新緑の季節に_b0118001_06571785.jpg
むっちり、モチガツオのようなオーラと
スキッとした旨みの余韻。




*芋たこなんきん
「もめん」 新緑の季節に_b0118001_06580661.jpg
芋も蛸も南瓜も、高いレベルのところで見事な調和を奏でる。
蛸は、歯がすんなり入る食感かつ味そのものが濃ゆいし、
南瓜はスキッとした清々しさ。
だしが沁みた小芋の冷たい温度感が心地良くって、振り青柚子がいい仕事をしてます。



*稚鮎フライ
「もめん」 新緑の季節に_b0118001_06580624.jpg
腹側のみパン粉を纏わせて。
ざくっとした香ばしさもあれば、ふっくらしなやかなところも。
ほろ苦甘、その初々しさがえぇねえぇね。




そして「もめん定食」へと続きます。
「もめん」 新緑の季節に_b0118001_06580651.jpg

「もめん」 新緑の季節に_b0118001_06580737.jpg
ご飯は透き通った甘みを放ち


「もめん」 新緑の季節に_b0118001_06580671.jpg
木綿さんが目の前で焼き上げる、これまた孤高の「だし巻玉子」。
本能を揺さぶるおいしさなのです。
蕗の味噌汁や香の物と共に、じっくり味わい尽くすのでした。




「もめん」 新緑の季節に_b0118001_06580714.jpg
最後は、とろり濃密なマンゴー。

春から夏に移り変わる、
この時季ならではの清々しい趣を堪能。
美味しゅうございました。


「もめん」
大阪市中央区心斎橋筋2-1-3


by writer-kaorin | 2024-05-22 06:59 | もめん | Comments(0)  

<< 大阪・本町 「Quoi」 「Zucchero」旬魚の滋味... >>