天麩羅とお蕎麦 三輪 @北新地

「Bohemian Rhapsody」で大感動した後、
北新地「天麩羅とお蕎麦 三輪」へ。2018年9月open。
b0118001_10494531.jpg
リアル世代な音楽関係者と一緒だったから、
それはそれは盛り上がる。
白木カウンター越し、好物の天ぷらを前にってのが幸せで。


b0118001_10501452.jpg
ビールでクールダウンしつつ


●シジミの小吸い物
b0118001_10503303.jpg
肝臓が喜んでる(笑)
ちなみに私のγGTPは10。まだまだ飲むよ。



●車海老
b0118001_10513174.jpg
水槽で動いていた活車海老。
心地よい弾力を感じつつも中心は半生、甘いわ。
その火入れ素晴らしく、期待感膨らむ。


b0118001_10514101.jpg
頭は香ばしく風味よし。



●ホッケ
b0118001_10515218.jpg
生のホッケを天ぷらに。


b0118001_10520278.jpg
塩をハラリとかけて。
口中でハラリ解ける身は、艶やかで透き通っている。
サクッと香ばしい繊細な薄衣との相性も素晴らしや。




●熊本 赤茄子
b0118001_10522864.jpg
堂々たる存在感。赤茄子も料理長も(笑


b0118001_10524026.jpg
「天だしとご一緒に」とのことだが、おや?と目を疑った。


“葛あん仕立て”の天だしなのだ。
b0118001_10525411.jpg
とろみが付いた天だしゆえ、衣がしんなりせず、かつ冷めないというメリットも。
これはいいなぁ。ほかにも、葛仕立てにした理由いろいろお聞きし、納得!
表面香ばしくも、赤茄子の身はトロットロ。
だしはほんのり甘く、優しい旨みが広がる。

茄子はすこぶるジューシーでありながら軽やかでキレのある後味。
聞けば揚げ油は、米油100%とのこと。
油っぽさ感じない、軽やかな揚げ具合だから、どんどん食べ進む。




b0118001_10551863.jpg
シニアソムリエである店主・上林泰朗さんセレクトのワインは、
トレンティーノ=アルト・アディジェ州のワイン
「Strasserhof Kerner 2016」。
芯が通った、とてもふくよかな味わい。



b0118001_10553002.jpg
氷出し玉露がさっと供される。
食事の最後に飲み頃となるようにと、このタイミング。ナイス。



●スズキ ポン酢ジュレ 大葉
b0118001_10554335.jpg
スズキは緻密でいてふっくら。
ジュレと大葉で、コクと爽やかさとが融合。



●京都牛 雲丹添え
b0118001_10555369.jpg
素揚げしたパンの上にのっているのは
和牛フィレ天ぷらと、雲丹。
白ごまとニンニク、玉ネギとショウガなどからなる乾燥チップと、
粒マスタードを添えている。

「ひと口で」というアナウンスのもと、大きく口開けて頬張る。
赤身肉の旨みと雲丹が出会うと濃厚な「甘味」が広がり
乾燥チップに「塩味」と、メイラードな香ばしさと「苦味」を感じ、
粒マスタードが交わると「酸味」がプラスされ、複雑な「うま味」が現れた!
そう。この素材の組み合わせで、五味を楽しませる仕掛けなのだ。



b0118001_10560597.jpg
「Dis Cumieris Malvasia Istriana 2014(Vie di Romans) 」
フリウリ地方の土着品種 マルヴァジア・イストリアーナ種。
蜜のような風味を醸し出しながら、徐々に押し寄せるキレイな酸が印象的。



●ミルク豆腐
b0118001_10561484.jpg
優しい甘味。クリームチーズのような風味があり、ワインを進ませる。



●香川 原木椎茸 キャヴィア・バター
b0118001_10562643.jpg
ぐっと歯を入れると、ザクッとした食感。
じっくり揚げ、椎茸の水分を飛ばし切ってるから、
椎茸そのものの味がギュッと凝縮している。香りも凄い。
バターとの相性、言うまでもない。


b0118001_10563831.jpg
シチリア「Gulfi Nerojbleo 2014」の深いアロマが
椎茸の香りと共鳴。




●平貝 生姜のオイル漬け
b0118001_10564718.jpg
平貝はシャクッと軽やかな食感で、
太白ごま油で漬けた生姜の、爽やかと辛みがいい仕事してる。


b0118001_10565930.jpg
料理長・宮川さんに、揚げの極意を根掘り葉掘り質問。
初めて見る調理機器もあって、勉強になりましたわー。



●モロッコ豆
b0118001_10571505.jpg
こちらも衣薄く、じつに軽やか。
モロッコ豆の香りや瑞々しさが生きている。もろみ味噌と共に。



●煮穴子
b0118001_10572610.jpg
パリンと氷を割ったような、繊細な衣に続き
ふっくらとした穴子が顔を覗かせる。
煮た後に揚げるということを計算した煮具合、ナイス。
煮つめ、有馬山椒と共に。



●赤イカ
b0118001_10573625.jpg
あの巨大な赤イカが、なんとまぁ繊細な一品に。
イカは一旦、冷蔵することで
柔らかかつ、深い甘みが出現。芯はミキュイというのも嬉しい。
ソースと共に味わえば、上等なイカ焼きのようでした(笑


そして〆の盛り蕎麦へと。
なんと、店主の上林さん自らが「二八蕎麦」を手打ちするのだ。
シニアソムリエそば職人。すごいなー!


●二八蕎麦
b0118001_10574888.jpg
そば粉は北海道 磯谷産。
芳しく、適度なコシがありするすると胃に収まる。
スキッとした味わいのつゆも美味でした。

蕎麦湯は、濃いめと薄め、両方をいただき

b0118001_10581040.jpg
氷出し玉露へと。苦味というよりは、だしに通ずるうま味を感じる。
はぁ〜至福の一杯です。



b0118001_10582052.jpg
滋賀・守山産のメロンで〆となりました。



天ぷら好き、蕎麦好きの欲求を満たしてくれる素敵な一軒。
今回いただいたのはフルコースでしたが、
20時以降は、天ぷらとお蕎麦の気軽な3800円コース、
黒毛和牛の天ぷらとお蕎麦の5800円コース)もあるそうで、何かと重宝させて頂けそう。
b0118001_10583032.jpg
店主の上林さん(左)と料理長の宮川さん。
いろいろお話を聞きながら食事を楽しむことができ感謝です。
ありがとうございました☆



二軒目は、業界関係者が集うロックなバーへ。
そら、こうなりますわなぁ🎸
b0118001_10584136.jpg




「天麩羅とお蕎麦 三輪」
大阪市北区堂島1-2-23 田園ビル3F
06-6343-0380
open :18:00〜24:00
close:日曜、祝日
https://kitashinchi-miwa.com/



Queen Live at LIVE AID
side-by-side comparison with Rami Malek (2018 Movie)



# by writer-kaorin | 2018-12-09 11:01 | 三輪 | Comments(0)  

アヴケッラ ('A vvcchella)

パッと目を引く鮮やかなブルー。
大阪・京町堀にあるイタリアン
「アヴケッラ('A vvcchella)」で過ごす、休日の昼下がり。
b0118001_07515105.jpg
シェフが福知山で「ヴッチリア・ダ・カテラ」を営んでおられた頃は、
実家が近いこともあり、噂はかねがね聞いていたけれど結局、行けずじまい。
2016年12月、ここ大阪で(しかも週1、2はウロつく京町堀で)
お店を開店されてて、もう嬉しくって。そして、ようやく訪問叶う。



b0118001_07520658.jpg
Birraで乾杯! 休日の昼酒、サイコウ〜。
「本日のランチ(前菜、パスタ、自家製パン@¥1300)」があり、
アラカルトも注文できるということで
迷いに迷ってどちらもいただくことに。



●お野菜の前菜
b0118001_07521640.jpg
「本日のランチ」の一品。
ボッコンチーノはどこまでもミルキー。トマトの凝縮感ある味わいが合うね。
舞茸も香りよく、ビッラが進むわ。


b0118001_07522635.jpg
自家製パンも「本日のランチ」より。
粉の香りとじわじわと広がる旨みに癒される。

アラカルトの品書きに目をやれば
ランプレドットあり、和牛の肺の煮込みあり
ブラウンマッシュルームのペーストのフェットゥチーネあり
トリッパの“白煮込み”(トマトではなく)や、
個人的に懐かしの、フィレンツェ伝統の味である
ペポーゾあり(牛スネ肉 胡椒風味の赤ワイン煮)
もうね、瞬きを失うくらい楽しい!!!超テンション上がった(笑

ちなみに魚介は、予約に合わせて仕入れをするそうなので
次は事前に夜予約したいと思います。


●紋甲イカの墨煮
b0118001_08033413.jpg
深い旨みを感じさせながら、なんとまぁ端正な味わいだこと。
はぁ〜。ここが大阪であることを忘れてしまう。🇮🇹



●フレッシュ 和牛 肺と白インゲン豆の煮込み
b0118001_08034465.jpg
肺はクリアな風味で、もう、ふわふわとした質感が堪んない。
ふくよかで艶やかな白インゲンは、ひと粒ひと粒がその存在を主張し
後からじわじわ押し寄せる辛味で、ぐっと締まりのある味に。



b0118001_08035655.jpg
そら、こうなります(笑)
トスカーナに思いを馳せながら
「Salcheto Nobile di Montepulciano 2014」。
クイクイ2杯目突入。




●大山ハーブ鶏のトマトソースのパスタ
b0118001_08040736.jpg
アッツアツのこの温度が嬉しい。
鶏とトマトソースというシンプルさのなかに、
じわりと心に響く旨みがあった。


イタリアを、トスカーナの香りをここまで感じさせる料理に、
ここ大阪で出会えるとは。もう感激で、盛り上がったことは言うまでもない。
シェフはトスカーナはじめ、各地域で修業を積まれたんだろう。
ほかにも魅惑的なメニューが多すぎて。
教えたくないけれど、イタリア好きには超オススメしたい一軒です。



「アヴケッラ ('A vvcchella)」
大阪市西区京町堀1-17-7 京町パートナーズビル1F
06-6131-9708
open :12:00~14:00LO、18:00~21:00LO(日曜12:00~14:00LO)
close:日曜夜、月曜
http://avvcchella.business.site/




Warren Zevon - Keep Me In Your Heart



# by writer-kaorin | 2018-12-04 08:04 | アヴケッラ | Comments(0)  

日生「うまうま」 @牡蠣どっさりの“カキオコ”を求めて

JR日生駅裏すぐにある、お好み焼き屋「うまうま」
b0118001_08151360.jpg
11時の開店すぐ。
店先にはライダーやタクシー運転手、地元客が席待ちしていて
なんだか、おいしそうな雰囲気が漂っている。


b0118001_08175117.jpg
ビールで乾杯!空腹の胃に染み渡る〜。


b0118001_08154402.jpg
鉄板の上に目が釘付け。これ眺めながら飲めるわ(笑)
焼きは、混ぜの関西風でも、重ねの広島風でもない、日生流。

目当ては日生地区が発祥の
牡蠣入りお好み焼き「カキオコ」だ。


●カキオコ (マヨなし)
b0118001_08155657.jpg
朝一番に剥いた、新鮮な牡蠣がどっさり入る。10個じゃきかないくらい!
実家が漁師、だけあってそのこだわり、ダテじゃない。
その牡蠣だが、ソテーして余計な水分を飛ばした後、生地にのせるため
小粒ながら旨み凝縮。


b0118001_08163299.jpg
こちらはマヨあり。そのカキオコはかなりユルめな仕上がりで、
蒸されたキャベツはクッタクタで甘く、
味の濃い、プリッとした牡蠣との相性抜群。
だしの旨みを感じる生地と素晴らしいハーモニーを奏でていた。
しかも、重たさ皆無だからするするいけたのでした。大満足。



b0118001_08173412.jpg
そういえば15年ぶりの日生。
当時、じゃらん編集部にいてた私は、カキオコ取材でこの地を訪れたっけ。
懐かしさも感じつつ、次なる地へ。


b0118001_08185070.jpg
それはまた、別の、はなし・・・。



「うまうま」
岡山県備前市日生町寒河2572-3
0869-72-4677
open :11:00〜17:00
close:火曜
http://hinaseumauma.web.fc2.com/index.html



2019年1月、来日公演決定=!次はドタキャンなしでね(笑)
https://www.creativeman.co.jp/artist/2019/01greta-van-fleet/

Greta Van Fleet - When The Curtain Falls




# by writer-kaorin | 2018-11-30 08:18 | =旅= | Comments(0)  

DuKKAh -デュカ- @西天満 oishii

Kさん、Tさんとの休日ランチは
西天満のスパニッシュ「DuKKAh -デュカ-」にて。
b0118001_17594406.jpg
RMシャンパーニュ
「F. Vauversin Original Grand Cru Brut」でシャン杯☆



●サロマ湖の牡蠣とリンゴのラヴィコット
b0118001_17595544.jpg
アミューズ。
牡蠣は凝縮感ある味わいで、
ラヴィコットの爽やかな甘酸っぱさ、ナイスなバランス。



●スペイン産 仔豚の煮こごり、パセリ、カボチャのアイス
b0118001_18000516.jpg
パセリの風味、清々しく
ジャンボンベルシェ的、クリアな旨みが広がる。
季節外れの暑さだっがから、カボチャのアイスの冷たさが
ちょうど良くって、泡を進ませた。



b0118001_18004646.jpg
浜名湖の青海苔発酵バターとバゲット。
このバターをアテに飲めるわ(笑)



●京都産サワラ
b0118001_18005981.jpg
スペイン産レンズ豆、ニンジンとレモンのソースと共に。
サワラは表面香ばしく、レアな身は艶っぽかったな。
豆は質朴な甘みを主張し、ソースは爽やか。バランス良い一皿でした。



●骨付き仔羊ローストと香草パン粉焼き
b0118001_18010995.jpg
2種の調理法というのが嬉しいな。
まずはロースト。ロゼ色した身は、きめが細やか。
しかも潤いあり、清々しいジュが滲み出た。
香草パン粉焼きは、グッと脂のコクを感じる。
付け合わせのビーツやポテトも、しっかり仕事が施されたおいしさ。


そしてデザートへと。


●ココナッツアイス ショウガのグラニテ
b0118001_18021264.jpg
ショウガの鮮烈な辛みが広がるグラニテ。
そこにココナッツアイスの甘やかな香り。
暑い昼下がりだったから、
この冷たいんか、ショウガで体温まるんかわからんデザートの
清々しい食後感、気持ち良かったなー。



b0118001_18022278.jpg
小菓子とコーヒーまで付く充実っぷり。


b0118001_18023525.jpg
魚と肉のWメイン「Lunch menu amarillo」
この内容で¥2500とは、かなーり満足感が高い。




b0118001_18030099.jpg
店主の松本詠一さんは、25歳まで音楽活動を生業にしてて、
その後、料理人の道へ。「独学です」とのことだが
福島の人気フレンチや、スペインバルでの修業を経て、2017年4月に独立。
だから、フランス、スペイン、そして日本の素材
それぞれのいいところを、彼のセンスをもって表現。
しかも、ワンオペ営業なのに、待たされてる感まったくなくって。
音楽でいうジャズ・フュージョンを彷彿とさせる、切れ味の良さというか
巧妙かつ軽やかな味と技、空気感が、印象的でした。


次は夜おじゃまして、ボケロネスやモルシージャなどでチャコリほかワインを呷り
〆にアロスなどなど、スペインの味にどっぷり酔いしれたい。



「DuKKAh -デュカ-」
大阪市北区西天満4-3-13 西天満河合ビル1F
06-6948-6805
open :11:30〜14:00LO、17:30〜22:00LO(祝日〜20:30LO)
close:日曜、月1不定休
https://eiichimatumoto0321.wixsite.com/dukkah



Larry Carlton - Room 335




# by writer-kaorin | 2018-11-26 19:33 | DuKKAh | Comments(0)  

びんちょう焼き 八炭 @北新地

この日は昼から夜まで北新地。
「BON DA BON(ボン ダ ボン)」の多田さんが
「ル シュクレクール」にやってくる!てことで
おじゃましたら、それはそれはもう夢のようなひととき。
b0118001_09344010.jpg
17ヶ月と24ヶ月熟成の、魅惑的なペルシュウ2種を
思う存分、堪能し、バゲットやクロワッサンとの妙味を愉しみ
おかげでチョコ田こと横田くんセレクトの
ナチュラルなワインも進み進み、夕方には出来上がっておりました(笑)
b0118001_09345975.jpg
b0118001_09351163.jpg
多田さん、シュクレクールの皆さん、素敵な企画をありがとうございました☆



その流れで、愉快な仲間たちと
「びんちょう焼き 八炭」へ。
b0118001_09364317.jpg
2号線沿いのビル8Fに、その店はある。
祝日でシーンと静まり返った新地だったけれど、
そんな日にも開いているのがありがたい。


ルービーで乾杯の後は

●お造り3種盛り
b0118001_09370124.jpg
しまあじ(愛媛)は、ピンッとハリがある。
生本まぐろ(長崎)は艶やか。脂の甘みをじんわり感じ
茹でたこ(明石)の噛むほどに広がる旨みにニンマリ。


●アボカド わさび醤油
b0118001_09371249.jpg
とんろ〜り滑らかな舌触り。
ここらで、麦焼酎水割りの健康的飲酒。



●秋刀魚のお造り
b0118001_09372149.jpg
ピンッとこちらはエッジが立ってて
清々しい風味を放ち、脂がサラリと溶ける。
鮮度がいい証拠。



●たら白子ポン酢
b0118001_09373500.jpg
濃厚クリーミー。ポン酢のシャープな酸味で後味軽やか。



●三元豚 豚バラ キムチ巻き
b0118001_09374818.jpg
チェイサーにしていたビールが進む味。
これは間違いない組み合わせ。



「炭焼き魚 一夜干し」が、ざっと10種以上。
b0118001_09380180.jpg
その中から選んだ「寒さば」は、厚みがありふっくら。



ここらで、待ってました!の
●炊きたて 銀しゃり
b0118001_09381851.jpg
福井県美浜町の農家さんから直送のコシヒカリ。
地元の隣町だー嬉しいー。


b0118001_09383232.jpg
米ひと粒ひと粒が立ってて、艶やかー。
香り高く、甘みもあって、寒さばとの相性言うまでもない。



b0118001_09385235.jpg
「秋刀魚 塩焼き」も来るもんだから、白ご飯が止まりませんw


ここでここで、店主への土産にと持ち込んだペルシュウを。。。。


b0118001_09391291.jpg
「ペルシュウ on the 銀しゃり」
即、口に運べば
炊き立てご飯の熱で、脂がすーっと溶け
米の甘み、ペルシュウの上質な旨みのセッション、
こ・こ・これは反則技なおいしさ・・・。



●焼き豚足
b0118001_09392387.jpg
テンション高いまんま、好物の豚足へと。
ネチッジュワッと、ゼラチン質と脂の旨みが堪らんかったー。



飲兵衛の心鷲掴みなお料理の数々だったから、
まぁ飲んだ飲んだ食べた食べた。美味しゅうございました☆
年末にまた、忘年会でまたおじゃましたいなー。


「びんちょう焼き 八炭(はったん)」
大阪市北区曽根崎新地1-10-16 永楽ビル8F
06-6341-8088
open :18:00-翌1:30LO(金曜〜翌3:30LO、土曜・祝日〜23:30LO)
close:日曜、月曜の祝日
http://www.kita-shinchi-hattan.com/




本日11/23(金)公開!観に行く〜!
『エリック・クラプトン~12小節の人生~』



Eric Clapton - Bell Bottom Blues


# by writer-kaorin | 2018-11-23 09:42 | =酒場= | Comments(0)