人気ブログランキング |

おさむちゃん @アニキを囲んで

この日の「おさむちゃん」は、アニキ貸切会。
K本さん、Tさん、毎度おおきに(^^)
b0118001_09451369.jpg


▶︎キムチ盛りは撮影し忘れなんだけど
白菜、長芋、アボカド、トマト、たくあん、チーズ…と
素材感をいかした辛さと旨み、ドンピシャ。
「よっしゃ、そろそろ行くで〜!」という声がけのもと
目眩くおさむちゃん時間、スタート。



▶︎鹿児島産黒毛和牛 メス ヒウチ (A5-12)
b0118001_09452304.jpg
b0118001_09454175.jpg
このビジュアルを肴に、酒は角ハイボールへと。
b0118001_09455433.jpg
b0118001_09460931.jpg
タタキを味わえば、一瞬にしてサラーッと蕩け
ぽん酢とともに爽やかなハーモニー。



続いて、宮崎産黒毛和牛の
▶︎タンサシ
b0118001_09465348.jpg
弾力程よく、クリアな甘みがスーッと舌に馴染む!


そのタンサシを、おさむちゃんが目の前で…
b0118001_09471244.jpg
b0118001_09472557.jpg
楽しそうに嬉しそうに、タンと対話するおさむちゃん。
肉への飽くなき愛を感じるね。


b0118001_09474023.jpg
梅ダレをつけて。スキッとした酸味により、
タンのエキス、上品な甘みが際立ってた。
すりおろしたばかりの山葵とも相性、言わずもがな。



▶︎ヘレ シャトーブリアン
b0118001_09475427.jpg
b0118001_09475782.jpg
b0118001_09480344.jpg
甘い、甘い。そしれ清新な味わい。
食べるほどに食欲増すこの感覚、堪らん。



▶︎米沢牛 雌 ハラミ
b0118001_09482610.jpg
タレ、コク深いテイストながら清々しいの。
凛としたハラミの味の濃さ、華やかさが引き立つ。



こちらは、ヒウチの芯。
b0118001_09483964.jpg
b0118001_09484757.jpg
チシャ巻き的に。またお腹が空いてくる(笑)



▶︎国産黒毛和牛 ミノ
b0118001_09490424.jpg
b0118001_09490243.jpg
脂のりまくり。だけどひつこさ全くなくって
ピュアとしか言いようのない脂の甘み。


b0118001_09493282.jpg
くぅ〜っ。至福とはこのこと。




▶︎ツラミ
b0118001_09494472.jpg
味は濃厚。コクがあるね。



b0118001_09495913.jpg
ウルテも最高級。



b0118001_09501293.jpg
皆はクッパで、私はご飯抜き。
上質な肉たちの端切れを惜しげもなく用いた滋味深い味。
心身に染み渡る、命のスープでした。



K本さんTさん、おさむちゃん&めぐさん、
いつもありがとうございます✴︎




「おさむちゃん」
堺市西区鳳北町8-33-4


今週はJohn Lennon week
Mother




# by writer-kaorin | 2019-12-06 07:39 | おさむちゃん | Comments(0)  

gucite @2019.11

「gucite」でロックナイツ。
b0118001_17125377.jpg


b0118001_17125910.jpg
一杯目はシュナン・ブランのペットナット。清らかな味わい。
「Bruno Rochard Grains de Folie Chenin Pétillant」



▶︎木更津の水牛モッツァレラ 郡上八幡の柿と少しのアブサン
b0118001_17132599.jpg
程よい弾力と緻密さを兼ね備えたモッツァレラ。
そのクリアな風味に、柿の透き通った甘み。のっけからテンション上がる。
アルザスのピノ・グリ「Marc Kreydenweiss Kritt Pinot Gris」と共に。



▶︎〆鯖のブルスケッタ
b0118001_17144429.jpg
米酢で〆た鯖のまぁるい塩梅、サルサヴェルデのほろ苦さと、
ピエモンテ産白カビチーズのまろやかなコクを
パーネがしっかり受け止める。そのバランスたるや、素晴らしすぎ。
オレンジ(ミュスカ)のエキス感がびしっと決まった。
Dom. Brand & Fils「L’oiseau et le Bouquet Maceration」




▶︎ハモとズッキーニ
b0118001_17151923.jpg
ハモはふっくら、ジューシー。
なす、チーズ、トマト、バジルとの味重ね、
すっきり清々しいね。


b0118001_17153771.jpg
シチリアのグリッロ、その透き通った味わいがぴたり。
「Note di Bianco 2018 / Alessandro Viola」



▶︎イチジクと木下牛
b0118001_17155443.jpg
温っかいイチジクの深い甘みに、
木下牛ボロネーゼのコク。もうね、唸りまくり。
そこにプロヴァンス産 塩漬けレモンのほのかな香りの余韻がふうわりと。


b0118001_17161255.jpg
オリヴィエの新キュヴェ「Deferlante 2 NV Olivier Cohen」@ロゼ
ジューシー!そのエキス感がソース代わりとなり
素晴らしき世界。



▶︎バッカラ ポレンタ
b0118001_17162292.jpg
1時間近く練りに練ったポレンタは、衣まぶして揚げて。
その透き通った甘み、カリリと香ばしい衣に
バッカラ(戻した干し鱈)の深い旨みがじんわーりと。
くぅ〜っ。好きすぎる組合せ。
供されるがまま「Garganuda」のSOAVEな幸せ。




▶︎牡蠣とそのソース 菊芋のスフォルマート
b0118001_17164211.jpg
ベシャメルでつないだ牡蠣とそのエキスは、旨み炸裂。
あえて繊維質を残した菊芋、素朴でほっとする美味しさが女房役。
「Côtes du Rhône 1901 Le Clos des Grillons」
その濃密な味わいにより、牡蠣の一皿がぐっと華やかに。




▶︎ピエモンテ産カーボロネロ
 焼きロールキャベツ
b0118001_17165430.jpg
ピエモンテのサラミ(刻み)が入った肉は食べ応えある。
ちりめんキャベツの甘みと
根セロリのピュレで、じんわりほっこり。



▶︎秋刀魚 アンチョビ トマト
b0118001_17171721.jpg
水牛リコッタチーズを挟んだ秋刀魚、どこまでも清々しいねー。
秋刀魚の骨やワタ、ハーブ、アンチョビなどからなるソースの
凝縮感ある旨みが共鳴。


焼きロールキャベツや
秋刀魚の前後にも、
ナチュールあれこれ。

b0118001_17172951.jpg
ピエモンテの「a-iuto! Bianco/Trinchero」は
同州産ちりめんキャベツの一皿のなかの
根セロリのピュレの風味と、甘み繋がりのハーモニー。



b0118001_17175876.jpg
トスカーナ「Rosso Di Montalcino 2015 Il Colle」



そして目の前で繰り広げられる、西尾シェフの動きに目がテン。
期待感、高まる高まる。
b0118001_17182179.jpg



▶︎木下牛ランプ肉
b0118001_17184942.jpg
味がしっかり濃く、後味は清々しい。
とろりとしたナスが放つ酸味
煮詰めたバルサミコのソースのコクが肉の味わいを引き立てる。
そこにワインを含めば、口中でソースが完成する。

b0118001_17190748.jpg
仏・オーヴェルニュ、Vincent TricotのPinot Noir
いぃ感じに料理に寄り添ってくれる西尾セレクトのナチュールは
飲むほどに、カラダの隅々が浄化される感覚。好きやなぁ。



▶︎タヤリン モンサンミッシェルのムール貝
b0118001_17192777.jpg
塩味は貝のみ。細いのにコシある卵麺
その深いコクと、ムール貝のエキス感、めちゃくちゃ合ったのでした。




「ワインありきで完結する料理の按配、お見事」とはKシェフ談。
料理は、お腹の減り具合を伝えつつ、西尾シェフに全ておまかせで。
そんな一品一品に合わせ、ちょいちょい出てくるナチュールも、
西尾シェフの確かな審美眼によるセレクト。だから
彼の世界観、そして料理とワインの完成度の高さにいつも惚れ惚れしてしまう。

西尾シェフいつもありがとうございます!
ロックなK山シェフ、UのY社長、S井センセ、それではKISSでお会いしましょう♪



「gucite (グシテ)」
大阪市北区天満2-7-1 末澤ビル102
☎06-6809-7376(要予約、基本的にワインを飲める方のみ)
open :18:00〜24:00LO(日曜は14:00〜22:00)
close:木曜、月1回不定休


The Doors - Riders On The Storm


# by writer-kaorin | 2019-12-02 19:42 | gucite | Comments(0)  

もめん @2019.11

東心斎橋「もめん」でいつもの美味時間。
b0118001_19261822.jpg
一皿目は「春鹿 純米吟醸生酒しぼりばな」(奈良/今西清衛兵商店)と共に

▶︎車海老、帆立、すりおろしりんご
b0118001_19263755.jpg
りんごの甘酸っぱさとダシの甘みが
車海老の濃密な味、帆立の透明感ある甘みを持ち上げる。
「春鹿 純米吟醸生酒しぼりばな」の爽やかさと繊細な旨みがピタリ寄り添う。
すっきりした後味だから、素材感くっきり。


▶︎海老芋揚げ、銀杏
b0118001_19264980.jpg
富田林「乾農園」の板持海老芋。もうそんな季節かぁ〜。
サクッと繊細な衣のなかには、煮含めた海老芋。肌理が細かい!
ダシの旨みにより濃密な甘みが際立っている。はぁ〜心に響く味とはこのこと。


b0118001_19270219.jpg
「春鹿 純米大吟醸生酒 斗瓶囲い」
まったりと広がるコクが、海老芋の甘みとすこぶる合うねぇ。



▶︎蟹真丈、粟餅のお椀
b0118001_19271372.jpg
冬の旨みを蓄えてる。そしてどこまでも清らかな味わい。



▶︎鯛、まぐろ
b0118001_19272764.jpg
鯛はねっとり、舌に旨みがまとわりつく。
まぐろは妖艶。緻密な肌してて、脂の入り具合が素晴らしいの。
「春鹿 鹿鳴 純米吟醸生原酒」の透明感ある味わい、ふくよかな旨みが共鳴。
もめんさんのお料理、今西さんの日本酒に、身を委ねる心地よさといったら。



▶︎かぶら、菊菜 焚き合わせ
b0118001_19274142.jpg
かぶら、とっろんとろん。はぁ〜と気持ち良い溜め息を何度もらしたことか。
「春鹿 鹿鳴 純米吟醸原酒」の温燗、その丸みのある旨みが
すーっと美しく寄り添ってくれる。




虹色に輝く身は、クエ。
b0118001_19290709.jpg

▶︎クエ鍋
b0118001_19283422.jpg
小鍋でグツグツ、まずは煮上がったアラを。
臭みなんぞ一切なく、
清々しい風味が、鼻腔を突き抜ける。
骨まわりのゼラチン質がまった・・・無言になる旨さ。


b0118001_19293641.jpg
そしてクエの身をさっとくぐらせて。


b0118001_19295178.jpg
ブリンブリンでムチッ。なんて心地よい弾力。
肉厚の身はほどよく歯ごたえあり、咀嚼するほどに旨み迸る。
「木桶仕込み 生酛純米生原酒」と共に。
木桶仕込みの香りが、パンチあるクエの味わいと強いタッグを組んでいた。



▶︎もめん定食
b0118001_19300309.jpg
ぶり味噌漬けは、白味噌のやさしいコクが堪らんねー。
〆のはずが…お酒くいくい進む。
焼き茄子のお味噌汁と、炊きたてのツヤ甘ご飯。幸せな結末♪



▶︎レクチエ
b0118001_19301566.jpg
熟れ感すごい。すこぶるジューシー、上等な味わいでした。



冬のはじまりを、五感を研ぎ澄ませて感じるひととき。
といいつつ、美酒佳肴にどっぷり酔いしれました☆


「もめん」
大阪市中央区心斎橋筋2-1-3



店情報と何の絡みもなく、
今BGMに流れてる曲(というパターンがほとんどw)
Bon Jovi - In These Arms



# by writer-kaorin | 2019-11-27 19:33 | もめん | Comments(0)  

YARD Coffee&Craft Chocolate @天王寺・茶臼山

天王寺・茶臼山へ。
目当ては「YARD Coffee&Craft Chocolate」。
b0118001_08524182.jpg

b0118001_08530201.jpg
ショーケースには、ベイクスイーツやチョコレート菓子、グラスデザートetc…
そそられる品揃い。
どこか優しくも凛とした、おいしい表情してる。


b0118001_08532154.jpg
そしてシングルオリジンのスペシャルティコーヒーを軸にした
コーヒーのアイテムが魅力的なのだ。

2019年4月、この店を立ち上げた中谷奨太さん。
神保町「GLITCH COFFEE & ROASTERS」修業時に培った
技を展開するのはもちろん、
コーヒーに合わせ
お父様である中谷哲哉さんがオーナーシェフを務める
「なかたに亭」の技術を活かしたチョコレート・スイーツも提供するというわけ。


▶︎モンブラン
b0118001_08533467.jpg
愛媛県産 和栗はほこほこ質感よく香り高く。
ベトナム産カカオを用いたパウンドとの、香りの相乗効果がいい。
カプチーノの心地よい苦味が寄り添う。


b0118001_08534558.jpg
クレーム オ ショコラ、ベイクドチーズケーキ、
ガトーバスク、アーモンドバターケーキ、マフィン、チョコレートケーキなどなど
もう目移りするくらい魅惑のスイーツ揃い。片っ端からすべて食べたい(笑)



b0118001_08535861.jpg
天気がいい今日みたいな日に、近所をぶらぶら散歩しつつ
こちらでカフェ&スイーツ時間、最高の休日やね。



「YARD Coffee&Craft Chocolate」
大阪市天王寺区茶臼山1-3
06-6776-8166
open :10:00〜18:00
close:火曜、第1・3水曜
http://yardosaka.com/
https://www.instagram.com/yard_osaka/



I'd Love to Change the World


# by writer-kaorin | 2019-11-24 08:51 | =プライベート= | Comments(0)  

覇王樹 -サボテン- @メキシコの風に吹かれて

メキシコ料理屋「覇王樹(サボテン)」@大阪・北堀江
b0118001_07484260.jpg
この日は、アメリカとカナダの友たちと
異国情緒たっぷりな夜。

そういえば10年近く、メキシコへ行ってないなー。(10年前) 
この年末、カナダからビュンとひとっ飛びしたいね。


b0118001_09373455.jpg
「TECATE」でCheers!
超なつかし〜。
自家製トルティーヤ・チップス、やめられない止まらない。



●ワカモレ
b0118001_09375881.jpg
まずはの定番。レモンの酸味きかせたアボカド、
あんばい良い。そして、どこまでもなめらか。



●セビーチェ カマロン
b0118001_09384793.jpg
トップにはレモンで〆たエビ&玉ねぎ。スパッとキレある爽やかさ。



●タコス デ パストール
b0118001_09385711.jpg
懐かしいなぁ。現地の屋台でよう食べた。
回転グリル・パストールでじっくり熱を入れた豚肉は
いい感じにマリネがなされてて、それ単体で飲める(笑)
トルティーヤに好みでサルサのっけて、頬張る幸せったら!

b0118001_09391571.jpg
トルティーヤは、注文を受けてから一枚一枚、鉄板で手焼き。
トウモロコシ粉の甘やかな香り、鮮烈。何枚でも食べたくなってしまう。



b0118001_09392336.jpg
お次はメキシコのIPA
「HOP ON OR DIE. DAY OF THE DEAD BEER」を




●モレ ポブラノ
b0118001_09394131.jpg
これも食べたかった一品。
カカオや唐辛子などからなる「モレソース」、好物。
鶏肉はホロリ柔らかく
カカオの香りとコク、唐辛子の辛みが調和したソース、絶妙。



●ブリート
b0118001_09395994.jpg
ブリートといっても地方によりスタイルは様々。
こちらはメキシコ・グアダラハラスタイルだとか。
小麦粉のトルティーヤに、キャベツほかたっぷりの野菜。
玉ねぎのピクルスがアクセント。




●エンチラーダス
b0118001_09402727.jpg
カロリーなんて気にしない(笑)
重なり合うトルティーヤ、鶏肉、チーズはあつあつハッフハフ。
酸味がきいた緑のソースで。
どの皿も、メキシコを感じさせる懐かしいテイストでした。



b0118001_09410314.jpg
店内は8割が外国人客。あっちこっちからいろんな母国語。
賑わっていたなー。旅した気分でメキシコの味を楽しむことができた。



「覇王樹」
大阪市西区北堀江1-16-25 YSSビル1F
06-6535-8836
open :11:30~14:00LO(日、祝)、18:00〜23:00LO
close:月〜土曜の昼、水曜
https://www.instagram.com/mexican_restaurant_saboten/



ALICE COOPER - HELLO HURRAY


# by writer-kaorin | 2019-11-20 09:43 | =酒場= | Comments(0)