カテゴリ:コアラ食堂( 6 )

 

コアラ食堂 @パリの姉さん囲む会。

天六「コアラ食堂」で、パリから一時帰国中のN姉囲む夜♪
b0118001_20152107.jpg
ハートランド飲み干したら、皆が続々とやってきて
「Barking Owl Chardonnay 2016」で乾杯☆
コクがありつつ、清々しい余韻だ。



●やごろう黒豚のバラ肉 ネギサラダ 目玉焼きのせ
b0118001_20154853.jpg
豚バラの脂、甘い!水菜のシャキシャキ感、
とろ〜り黄身との相性、言わずもがな。


●レンコンバター
b0118001_20160067.jpg
野菜の鉄板焼より。ほくほく、優しい甘さを帯びてて
これをアテにシャルドネぐびぐび。


b0118001_20161007.jpg
エリンギは食感よろしくジューシー。
野菜不足のカラダが喜んでいるから、なおもワインが進むという健康的飲酒。



●とん平
b0118001_20162137.jpg
ぽってり、そそられるビジュアル。
ソースのコク、トロトロな卵の半熟感に続き
豚の肉汁がビュッと溢れ出る。豚好きにはたまらん一品。



●白菜のステーキ(ゴルゴンゾーラソース)
b0118001_20174965.jpg
コアラの白菜ステーキ、好きやわ。
ゴルゴンゾーラの風味と塩味により、
加熱した白菜の甘みがより一層、際立ってる。


b0118001_20175985.jpg
こちらは「白菜のミルフィーユステーキ」。
豚バラと層をなした白菜、こちらは豚の脂の旨みがエェ具合に交わり
ワイン止まらぬ味わい。



●Kimura Cellars Marlborough Pinot Noir 2017
b0118001_20181116.jpg
NZ・マールボローで木村さんが醸すピノ・ノワールが登場。嬉しすぎて叫んでもた。
優しい旨みと上品な渋みが交差。透き通った味わいだから、ずーっと飲み続けていたい。



どっさりの豚バラ肉と、
軸ぶっといクレソンのお出ましだ。
b0118001_20182457.jpg



●黒豚バラ肉とクレソンの旨鍋
b0118001_20184979.jpg
はぁ〜、これまた豚好きにはたまらん光景。
熱入れすぎない状態の肉を口に運べば
ピュアな甘みの脂がじゅわ〜、サラリと口中に広がりゆく。
クレソンは香りも苦味もしっかり。


b0118001_20192648.jpg
追いクレソン。
罪悪感なし、なんぼでも飲んでしまうのは
鍋の魅力はもちろん、ワインも心に響く味だから。


b0118001_20193802.jpg
「しめラーメン」と「しめマツタケ」のタッグはこの時季ならでは。
どこまでも芳しく、このダシもワインの絶大なる友。。



〆のお好み焼きに合わせて
b0118001_20194848.jpg
「Windowrie SAKURA Shiraz 2015」
毎年、家飲みでいただいている
こちらも大好きなワインだから、エェ、〆にならないの(笑)
舌にまぁるくまとわりつく、凝縮感ある果実味
心地よい苦味やあスパイシーさも時折顔をのぞかせる。
じっくり味わいながら、その個性を楽しんだ。



●牡蠣のお好み焼き
b0118001_20200020.jpg


b0118001_20200915.jpg
ザクザクッと香ばしく、キャベツの甘みを
追いかけるかのように、牡蠣の凝縮感ある旨みが続くワケ。



店主の“てらっち”こと、寺田充さん。
b0118001_20215911.jpg
まもなく、京都・宇治にコアラ食堂の姉妹店
KOALA PARK -コアラ パーク-」がオープンする予定。
楽しみです☆おじゃまします☆



「コアラ食堂」にて、口福で楽しい時間を過ごした後は・・・
b0118001_20271852.jpg
もちろんこちらへ!
レンガ通りにある、名スナック「マイウェイ」
ママとは取材させていただいて以来、数年ぶりの再会。


b0118001_20275329.jpg
波多野センセのボトルキープなウイスキー水割りとともに、
ママ手製 金時豆の煮物。心にじんわり広がる甘み、しみじみ旨かった。

滞在時間20分だったので、今度はゆっくりおじゃましようと思う。
N姉、またパリかオーサカで会いましょう!



「コアラ食堂」
大阪市北区浮田1-1-17
☎06-4980-4030
open : 17:30〜23:30
close: 月曜
https://www.facebook.com/Koarashokudo



TOTO来日決定〜! @2019年2月
広島、金沢、福岡、東京、大阪、盛岡、名古屋、仙台を巡るジャパンツアー。
お見逃しなく。私は大阪参戦🎶
https://udo.jp/concert/Toto








by writer-kaorin | 2018-10-18 20:29 | コアラ食堂 | Comments(0)  

コアラ食堂

BOZ SCAGGS(ボズ・スキャッグス)のコンサートの帰り、
天満「コアラ食堂」で晩ごはん。

そうそう、ボズ・スキャッグス様に、
実家メイドの若狭塗箸・夫婦箸を贈呈させて頂いたところ
大変気に入って頂けた。
そしてボズの、とろけるように甘い、美しき鼻声、健在。
あっという間、夢のような1時間40分でした〜♬

b0118001_1847672.jpg
さて「コアラ食堂」。まずはハートランドを。続いて即、泡へ。


*鱧と甘トマト、蒸しナスのサラダ
b0118001_18472477.jpg
鉄板でさっと火入れした鱧は、ふっくら厚みがあって甘い。
マスタードの酸味、錦胡麻の塩気がいい感じに混じり合う。
野菜は濃い味わいだから、わしわし食べる。


*フルーツ蕪 からすみがけ
b0118001_18473858.jpg
たしかに、甘みの強い蕪だこと。
からすみの香りとほどよい塩気により、蕪の甘みがより強調される。


*山中さんの甘トマト焼き
b0118001_18475028.jpg
久しぶりに山中さんのトマトに出合えた!(さっきの鱧のひと皿も)
鉄板の火入れで、甘みだけでなく旨みもぐっと感じる。


*大分 黒豚ロース 鉄板焼き
b0118001_18482078.jpg
脂が甘いわ〜。そして噛みしめるたびに旨みが溢れ出る。
シャキシャキのもやし、ネギの香りも、しっかりとその存在感を主張。


*黒豚バラ肉玉
b0118001_18483416.jpg
豚バラはカリッ、そしてジューシー。
生地は程よい重量感&ふわっと感、このバランスが好きだわ。
水菜がどっさりとのり、そのシャキシャキとした食感のおかげで
なんぼでも食べてしまいそうなおいしさ。


この日も、クレソン鍋まで辿りつけなかった・・・。
こちらへおじゃますると、店主のてらっちさんが織り成す
鉄板料理のおいしさにテンション上がり、
いつも腹十二分目!?くらいに満腹至福となるのです。
いつもありがとうございます☆



「コアラ食堂」
大阪市北区浮田1-1-17
☎06-4980-4030
open : 17:30〜23:30
close: 月曜


Bryan Adams - Heaven - Acoustic Live

by writer-kaorin | 2015-06-30 07:43 | コアラ食堂 | Comments(0)  

コアラ食堂

お仕事でお世話になっている皆さんと
「コアラ食堂」さんでのおいしい夜♪


*龍岡商店さんの白菜キムチ&トマトキムチ
b0118001_703037.jpg
トマトキムチの甘味と酸味・辛味のバランス、堪りません。
白菜も、ナチュラルかつ程よい辛さにつき
ビールが即、空となる。


次からオージー&ニュージーワインのボトルが開く開く(笑)
まずは、オーストラリアより産地失念。
セミヨン&ソーヴィニヨンブランとともに

*鱧とフルーツトマトと蒸しナスのサラダ
b0118001_712499.jpg
鱧はブリッブリ。いぃ具合に脂がのっていて、味濃い。
それに負けじと、山中さんちのトマトが主張。
これまた私の大好きな、タスマニア・マスタードと、鱧との相性大。
あーっ、食べ続けていたいサラダ(笑)


b0118001_714487.jpg
お次のシャルドネは、
オーストラリア・ヴィクトリアより。
完熟させた白桃のような香りが印象的でした。



*ロース豚平串
b0118001_7217.jpg
黒豚の澄んだ脂の甘みがじゅわり。
フルフル食感の卵と、そこに絡むソースのコク、
やみつきになる味わい。



*焼き野菜いろいろ
b0118001_722088.jpg
鉄板で焼き上げられた野菜たち。
蓮根と鳴門金時は、バターソテー。ホクホク蓮根、金時は甘し。
グリーンアスパラガスとズッキーニは、雪塩をちょんとつけて食すと、
その瑞々しさや香りがぐっと持ち上がる。



*淡路 玉ねぎのステーキ
b0118001_723563.jpg
じんわりと甘みが口中に押し寄せる。
香りもいいなぁ〜。
ずーっと食べ続けてたい。



*白菜のステーキ ゴルゴンゾーラソース
b0118001_725515.jpg
大胆にも1/4カットの白菜がゴロリ。
熱の入った白菜は、ピュアな甘みを放ち、
ゴルゴンゾーラソースのおかげで、飲みのピッチ早まる。

ここらで、Six Foot SixのPinot Noirを。
骨格しっかり、きれいな酸。好きなヴィクトリアのワインのひとつ。



*鉄板ナポリタン焼きそば
b0118001_731635.jpg
鉄板に敷いた半熟卵が、ナポリタンに絡まる。
昔懐かしくもあり、ベーコンほか具材の素材感しっかりゆえに、
インパクトあるおいしさ。


b0118001_74396.jpg
Six Foot Sixとこのワインの間に、
2本、飲んでいたハズ(アル中ハイマー:)



*黒豚バラ肉玉 たまごのせ
b0118001_735770.jpg
お好み焼きに、トロリ、濃厚な黄身を絡ませて。
キャベツの甘みにフルーティーなソースのメイラード感、
そこにコク深き黄身の三重奏。


その後は、念願の・・・!
b0118001_74107.jpg



*黒豚とクレソンの旨鍋
b0118001_742423.jpg

b0118001_743514.jpg
(撮影/きっしー)

じつは、お初。
黒豚と、大分・日田産のクレソンのみ。
じつにシンプルな豚しゃぶ。

だからこそ、
茎の太いクレソンのインパクトある食感、香りをダイレクトに感じ、
黒豚の脂の甘みが溶け出しただしの旨いこと。


b0118001_7511100.jpg
〆第一弾は、らー麺。
ツルリと喉越しよく、
澄みきっただし。これだけで飲める(笑)


b0118001_753268.jpg
〆第二弾に、雑炊を。
五臓六腑に沁み入った・・・・。


いつ、おじゃましてもそうなんだけど、
いい意味で、鉄板焼きのお店ってことを忘れてしまうくらいに、
魅惑的なメニューの多いこと!
遅ればせながら、クレソン鍋、ハマった(笑)
コアラ=オーストラリア産のワインも、それぞれ表情豊か。
おかげさまでヘベレケとなりました。

b0118001_761321.jpg
店主・てらっちこと寺田充さん。
てらっち☆ご馳走様でした!!


「コアラ食堂」
大阪市北区浮田1-1-17
☎06-4980-4030
open : 17:30〜23:30
close: 月曜


Mudcrutch - Scare Easy

by writer-kaorin | 2014-07-03 07:09 | コアラ食堂 | Comments(0)  

コアラ食堂

お久しぶりです「コアラ食堂」さん。
b0118001_16232228.jpg



*ポテトサラダ
b0118001_16233335.jpg
玉ねぎの甘みが利いた、シンプル・イズ・ベストな味わい。
リコッタかな? その優しい酸味がアクセントになってる。


*ロース 豚平串
b0118001_16234515.jpg
豚の脂の甘みと、ふわっふわの卵、こりゃたまらん。
スパイシーでフルーティなソースのコクが絡み合います。


*丸茄子のステーキ 田楽味噌
b0118001_16235753.jpg
LAGUIOLEのナイフとフォーク&ナイフで。
箸で切るのに比べ、口に入れたときの存在感が違う!
すこぶるジューシーで、田楽味噌のコクがマッチ。


*大分クレソンと生ハムのサラダ
b0118001_16241160.jpg
クレソン、存在感凄い!
茎は太く、ほろ苦さのなかに感じる甘み。
切り立て生ハムの程よい塩気、すこぶる合う。


*アスパラ エッグ チーズがけ
b0118001_16242518.jpg
アスパラ、ホクホク甘い。そこに、卵が絡む。


*黒豚バラ肉玉
b0118001_16243875.jpg
豚バラはカリカリ、ジューシー。脂がキレイ!
生地は程よい重量感とふわっと感を併せ持っている。
水菜やベリーリーフがたっぷりのり、
そのシャキッと感のおかげで、箸がススムススム。


その後、念願のクレソン鍋!といきたかったのだが
満腹につき、次回の楽しみに!

相変わらず店内は満員御礼。
活気に満ちた&おいしい発見多々の「コアラ食堂」さんです。
ご馳走様でした☆


「コアラ食堂」
大阪市北区浮田1-1-17
06-4980-4030
open : 17:30~23:30LO
close: 月曜
http://koarasyokudou.blog11.fc2.com/



明日7月16日、大阪公演〜!♬
The Winery Dogs - Elevate Music Video (Official)

by writer-kaorin | 2013-07-15 16:25 | コアラ食堂 | Comments(2)  

コアラ食堂 @不意打ちバンザイ!

この日は天六ハシゴの夜。
「モヒートセブン」で、モヒート2杯クイ〜ッの後、
「コアラ食堂」さん→
「ジュエンデリカフェ」さんで絶賛開催中(〜6/30)、
魔法のレストラン プロデューサー本郷義浩さんと
我がボスの写真展「P線上のアリアⅨ」におじゃましてきました。


「コアラ食堂」
b0118001_813829.jpg
雨のウィークエンド。小雨がぱらつき、じっとり湿度高しな夜。
でもこのビールで一気に爽快!


*山中さんのトマトのカプレーゼ
b0118001_8132375.jpg
山中さんのトマト、お久しぶりです。
張りがよく、味の凝縮感が凄い。



*カブラ、からすみ
b0118001_8133471.jpg
鉄板で焼かれたカブラは、ジュワッと甘いジュが迸る。
からすみの塩梅、こりゃテッパン。



*もろきゅう
b0118001_8135439.jpg
完全にオッサンモード(飲)。
キュウリは瑞々しく、ダイスキな色ゴマがかかる。



*茶美豚ロース
b0118001_8141722.jpg
柔らかな肉質で、脂はあっさり、キレイ。
添えられたモヤシのソテーにいたるまで美味なのです。



*釜あげ焼きそば
b0118001_8143165.jpg
太麺。このムッチリ感はクセになる。
メイラードな濃さと旨み、でも野菜をわしわしと食べれる。
このバランスがホントに素晴らしいのです。



b0118001_8143279.jpg
偶然にも、毎度な方々との遭遇!
H多野センセに、じつは凄腕フォトグラファーSちゃん、
ピースは店主のテラっちさん。


b0118001_818569.jpg
なんと!後ろの席に、Y山シェフもいらっしゃったとは!


不意打ちバンザイ!最高に楽しい、おいしい夜☆
「コアラ食堂」さんには、そそられるメニューが多すぎます(笑)
次回はクレソン鍋もいただきたいです(^^)
ご馳走様でした☆


「コアラ食堂」
大阪市北区浮田1-1-17
06-4980-4030
open : 17:30~23:30
close: 月曜
http://koarasyokudou.blog11.fc2.com/


Steve Earle - Copperhead Road

by writer-kaorin | 2012-06-21 08:21 | コアラ食堂 | Comments(2)  

コアラ食堂

遅がけにおじゃました「コアラ食堂」さん。
b0118001_16524048.jpg
場所は天六のほど近く。

毎度の愉快な飲み仲間の常酒場。&職場?であるにもかかわらず、
こちらのお店で会食がある時、いつも都合が合わず…;
じつは初訪問なのでした☆

町家の懐かしい雰囲気&
BGMにテンション↑なUKロックが流れていた♪



*日田クレソン、生ハム、フルーツトマトのサラダ
b0118001_16533992.jpg
こないに茎の太く、なおかつ味の濃いクレソンには、なかなか巡り会えぬ。
オーナーてらっちさんの友達からの賜物 from大分・日田。
クレソンに負けじと、フルーツトマトも、生ハムも、存在感を主張。
即、ビールが空になる。



*ポテサラ
b0118001_16535945.jpg
マヨマヨしていない系。
タマネギの甘みとほろ苦さ、そして
カッテージをもっとコク深くさせたチーズがアクセントに。
ワインぐびぐび・・・。




*鹿籠豚(かごぶた)の豚平焼
b0118001_1654223.jpg
まずこのビジュアルに、ズキュン!!
串をひと口ガブリとやれば、中心ロゼ色な豚肉のしっとり、しっかりとした味。



*鹿籠豚(かごぶた)の野菜炒め
b0118001_16545599.jpg
ホイルの皿で供されるこちら。
レンコンはホックホク、アスパラやキャベツは甘い!
そして、忍ばせた鹿籠豚の、塩梅も脂ノリも、甘みもナイスです。

鹿籠豚のエピソードは諸説あるのだが、
大阪でこのブランド豚を扱っておられるお店は、ほんの数軒らしい。



*ペパーミントグローブ シャルドネを3杯目に・・・・



*釜あげ焼きそば
b0118001_1656521.jpg
目の前の寸胴からあげられた、湯がきたての焼きそばを鉄板へ。
まるでリングイネをもうちょい太くさせたような麺のコシと、芳しき粉の風味。
それらが、シンプルかつコク深きソースに絡む絡む。
あっちゅう間に、完食となったのです;



*豚玉
b0118001_16563872.jpg
ふわりな食感に続き、けっこうしっかりお腹にくる感じ。
このビジュアルといい、菊菜どっさりといい、ついつい満腹中枢麻痺(笑)


てらっちさんとお話しつつ、飲みのペースも加速…で、
気がつけば、0時をすぎていただろうか。
いやぁ〜居心地よすぎ。
お料理は美味しくって、素材の組み合わせの妙、愉しい!
(この日は不意打ちすぎでしたが、
 平井さん、吉田くん、またご一緒させてくださいね!)


b0118001_16571483.jpg

確実に、また近々おじゃましてしまいそうな一軒です。
ごちそうさまでした!



「コアラ食堂」
大阪府大阪市北区浮田1-1-17
06-4980-4030
OPEN :17:00~23:30
CLOSE:月曜


The Doors「まぼろしの世界」上映中!
今週ぜったいに観に行く!

The Doors / Touch Me

by writer-kaorin | 2010-11-23 17:08 | コアラ食堂 | Comments(4)